FC2ブログ

ズームフライ3で足裏が痛くならなかった理由

ズームフライ3を初回履いた時は、やはり足裏が摩擦から熱を帯びたような感触があり、痛くなるのかと思っていました。

ところが2回目となる一昨日、04:30/kmのEペースとは言え、20km走って特に痛くならなかったのでなんでだろうと←痛さを求めていた訳ではありません(笑)

その前にズームフライ3のアッパー部分について。
ヴェイパーネクストにも使われているアッパー素材が使われています。

これはフライニットの雨や汗で濡れると重くなると言う弱点を解消するために素材が改定されたと聞いています。

ただズームフライ3は、ヴェイパーネクストのアッパー素材にもう1枚補強素材を当てて2枚構造となっています。
丈夫になりましたが、その分、重くなっています。

ヴェイパーの場合、アッパーがへたるのとアウトソールの寿命が来るとどっちが早いかなのでちょうど良いのかも知れません。

ズームフライ3は重量を犠牲に(大袈裟な)、耐久性を向上させているようです。
2枚構造なので、暑い日は少し蒸れを感じました。

初回の時にも感じたのですが、ズームフライ3を履いてすぐは、踵のフィット感が浅く感じました(要は脱げそう)。
2回目も変わらず。
ただ走っていると脱げそうな感じは無くなりフィットします。

その辺りの変化は、スピードライバルの浅いままの感触とは違うように思います。

ズームフライシリーズで共通な作りとして
踵の上部に宛てがうように、横に伸びた1cm幅のクッションパッドが踵を囲みます。
これが履いている間に踵に馴染むのかなと思っています←あまり根拠無し

初代ズームフライはこのパッドがアキレス腱部分にも伸びてU字型。
ズームフライニット、ズームフライ3はアキレス腱の部分は薄くなっているのが違い。

踵が細いランナーには合うかなと思います。

シューレースは前回に書いた通りで締めればかなり効くシューレースで、確り締めたい人は好みかなと思います。

さて、足裏が痛くならなかった理由。
ズームフライ3で踵部と前足部のドロップが小さくなったのが私に取っての痛くならない理由かも知れません←あまり自信無し←いつもか(笑)

要は少し重めのアウトソールが確りと作られたシューズで足裏が衝撃で痛くならないのかと思います。
足裏全体で着地しやすくなった。

まだ使い方が悪いのかも知れませんが、プレートの弾力をあまり感じられませんでした。
フライニットの方が感じられます。
ズームフライ3の方がアウトソールが丈夫なため(硬め)かなと思っています。

先日、走っていてプレートの弾力をしばらく感じた走りができていた区間が有ったのですけどね。
すぐ消えてしまいました(笑)

ズームフライニットの25cmでは、走る間にニットのフィット感が緩み、足裏が動く感じからの摩擦。
摩擦からの違和感が痛みに変わる感触。

この緩みは、今回、感じませんでした。
初回はシューレースの締め方も決まっていなかったので途中で少し緩みが出た感じでした。

今回は暑さもあって汗もかき、足がふやけて大きくなっていたのもあるかも知れません。
走っていて、足裏とシューズが一体になった感触を後半に感じました。

今週末はサブ3ペースでの20km走かと思っているので、そこでズームフライ3を使ってどうなるか?

ターサージールが無難なんですけどね。

私としてのズームフライ3結論。
・重めなのでレースでは使わない。
・足裏が擦れ無ければ痛みは出ないか
・プレートの弾力はフライニットの方が感じる
・ズームフライニットの24.5cmをレース用として試したい気がする
・ただし雨だと重くなるので使えない
・ヴェイパーネクストは宝くじでも当たらないと買えない←末等は除く

買いなよヴェイパー(笑)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。60歳、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
訪問者数