記録の壁は練習の壁だと思う

ブログ村でもひとところ話題になった記録の壁。
サブ3.5とサブ3.15
サブ3.15とサブ3とか。
その間に壁を感じるかどうかのような話だったでしょうか。
皆さんが書かれていた事は体験に基づいている事も有ってそれぞれなるほどと思いました。

自分の意見の結論から書くと、
・市民ランナーの記録の壁は、個人の取り組める練習の質と量の限界に由来する。

・記録と記録の間(サブ3.5とサブ3.15など)に特別な壁は無いと思うが狙う走力に見合った練習メニューは必要だと思う。

トレーニング原理の1つに「個人の限界」が有ります。
トレーニングの原理

もちろん、個人の身体差は有り、誰もがキロ3分を切ってマラソンを走れる訳でも無いし、アフリカのマラソンランナーのように背が高く脚が長く細いランナーと比べると個人差の大きさに落胆せざるを得ない(笑)。

ただ市民ランナーが自己記録の更新を狙って取り組む場合、個人の身体的な特徴や能力で先に限界が来る訳では無くて、そのランナーが取り組める練習内容の質と量、特に練習量に限界が来て記録が伸び無くなったり、壁を感じたりするのかと思います←1文長い←突っ込みで更に長く(笑)

練習の質と量の限界には、個人の練習に確保出来る時間や回復力も大きく関わるでしょうね。歳を取って来ると回復力の影響も大きくなって来ると感じています。

マラソンの生理学
に6つの要素が出てきますが、本当に先天的な物は「遅筋繊維の割合が多い」ぐらいで残りは練習と創意工夫次第で向上させられる。

その1つ、「回復力」もある程度は先天的な物も有るかも知れません。
同じ走力のランナーで有っても回復力に差が有ると長い練習期間を通して大きな画像差になって来るでしょう。
また回復力の差が故障にも影響しているかも知れません。

1文が長いように今日は延々とブログが続きそうなので、自分取っての「練習の質と量」限界について語って終わります。

フルマラソンに取り組んだ年齢も高かった事も有り、回復力が低の状態からマラソンを始めました(笑)。

当時は仕事も忙しくて定時で帰る訳にも行かず、帰っても東京から上尾まで遠くて練習時間の確保は難しかったですね。

それで、水曜日は早朝に1時間ほど練習。
土日は合わせてフルマラソン距離を走ると言うドカ走り系←ドカと言っても50km程度
の週3日練習パターンになりました。

丸2日間をランオフで回復力の低さをカバー(笑)

練習時間的な限界は、土日はほぼ無限なんだけど、3時間、3時間の6時間ぐらい。
平日が1時間から90分間。
無限と言っても自分の体力が続かない(笑)。

練習の質の方はダニエルズさんのランニングフォーミュラに出会って以来、限界は無くなりました。
ただ何処までも高めて行けるかの限界は有ります(笑)
脚の長さ的にこれ以上のスピードはもう余地は少ないように思います。

練習の質は、練習の量の限界、週7時間は変わらないのですが、練習ペースが走力の向上に合わせて速くなり、いつまでも楽にならない方式(笑)。

いつも20分間閾値走だけど、サブ3の頃はキロ4分弱、サブ50の頃は03'50/km以下
と言う具合。
Mペース30km走は、逆に30kmと言う物理的な距離が決まっているので、走る時間は短くなる←楽にならないけど(笑)

今だと以前より定時で帰れるし、時間的にも余裕が有って練習時間は増やせます。
ただ増やすと回復力に限界が有って故障になりやすいし、練習内容の質も低下し易い。

今の練習パターンだと記録向上は僅かながらも出来ていますけど、回復力の限界が更に厳しくなって来ている感じも有り、個人の能力の限界が近づいているように思います。

一方で今の練習パターンで、初マラソンはサブ3.5を通り越してサブ3.15で走れ、サブ3、サブ55,サブ50と大きな壁を感じずに来たのも事実←鈍感だっただけの説も(笑)←また時間も掛かっている

皆さんの練習の質と量の限界はどんなところでしょうか。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
訪問者数