トレミを走るコツ?

昨日のジムトレ閾値走記事に、サブ40ランナー、さいさんからトレミで走るコツは有るのかと言うコメントを頂きました。

ネタ切れで丁度良かったので記事にしてみました(笑)。

サブ40ランナーの閾値ペースは、ダニエルズさんの表から、フル2時間39分で、Tペースが03'34/km。Mペースは、03'46/km←凄げ~

トレッドミルだと、どれだけ速く走っても無風ですから、ロードを走るより負荷は少なくなります。
ゴムベルトの上を走るので着地衝撃も小さい。

デメリットは、兎に角、単調な事(笑)。
それとトレーニングルームは空調が効いてはいますが、割りと室温は高めな事。
また、トレッドミルのベルトは容赦無く回り続けるため、ロードのように多少、ペースの上げ下げをして平均いくらで走ったと言う調整が効かない点。

私も最初にキロ6でトレッドミルを走った時は、その単調さになんてきついのかと思いました。ハムスターになった気がしました(笑)。←とっとこハム太郎

私がトレミで20分間閾値走をやる時は次のような事を意識しています。
コツと言うほどの物では無いですけどね。

出来るだけ何も考え無い。特に前半。
単調だなとか、休めないなと考えると途端に嫌気が刺すので、出来るだけ何も考えず、時間が過ぎのを待ちます(笑)。
時計も前半は出来るだけ見ません。
見てまだ5分間とか6分間しか経っていなかったら、ガッカリするからです(笑)。

何も考え無い事も割りと難しいもので、その場合は、右脚なら右脚、左脚なら左脚が着地した時に1、2、3と100まで数える事を繰り返します。
ピッチ数が200/分なら、100数えると1分間過ぎています。
何度か繰り返すと1km、2km済んでいます←念仏か
ピッチ数180なら、90数えると1分間経過。

半分終わると、半分勝ったようなもので、後は減るだけなので、時々見ても大丈夫です。
元々、疲れていなければ、閾値ペースなので、頑張れば、30分間は走れる強度ですから20分間なら走れるはず。←と思う事も必要かも

最後の2kmぐらいになると再び、時計は見ずに100数えの念仏。
気が付いた振りをして、なんだもう残り500mかとなると、今日の勝利は確実←大袈裟

単調な練習に如何に耐えるかがコツと言えばコツだと思います。

技術面では、ご存知の通りトレッドミルはベルトが後ろへ高速に回転します。
ロードとは、これが一番の違いでしょうね。
接地時は、足ごと体を持って行かれるわけです。
接地してから、ゆっくりと地面を押すタイプの走りだとその影響が大きくなります。
接地時間が短いと影響が少なくなり、ロードとあまり変わらず走る事が出来ると思います。

重心真下に着地してゆっくりと接地面を押すと後ろに持って行かれて、足裏で蹴るような動きとなり、ふくらはぎが疲れるかなと思います。

ピッチ走法とストライド走法では、どちらがトレッドミルで影響を受けずに走り易いか?

ピッチ走法の方が相対的に接地時間は短めになるとは思いますが、接地時間とピッチ数に直接的な相関は無いと思うので、やはり接地時間の長さだと思います。

ロードの場合、後ろに持って行かれる事は無いので、じっくり押すタイプの走法も接地時間短めの走法も影響は無いのですけどね。

私はどちらかと言うと接地時間は短めにと思っています。
トレッドミルで走る内に必然的に接地時間が短くなって来たかなと思います。

接地時間か短いと瞬間的な着地衝撃は、ゆっくり押すより大きく、足裏に優しく無いかも知れません。
一方で、接地以外の脚はハムストリングスなどは使いますが、ふくらはぎなど小さい筋肉は、空中に浮いているので使われず、休めるため、フルマラソンと言う長い距離を考えると耐久面で有利に働くと思います。

接地の長短はランナーそれぞれ個性で良いのでどちらが良いとも言えませんが、私は短め派ですね(笑)。

結果的にトレッドミルも割りと苦手では無くなりました。

単調さが耐えられないよと言う方はクリック(笑)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
訪問者数