ピークが早く来過ぎないように注意する

少し昨日の続きみたいな話ですが、絶好調の状態、ピークですね。
これは、本命レース当日に迎えたいものです。
そのためにも、練習や本命レース前のレース(ハーフや30km走)は、頑張り過ぎないようにしています。

何しろピークと言うぐらいなので、その前後を頂点に下がるわけで、本命レース前にあまり早く来過ぎても、良くないわけです。

過去、1番燃えに燃え頑張っていた初サブ3チャレンジのシーズンを振り返ると、ピークが早く来ていました。
本命レースは11月下旬のつくばマラソン。
6、7、8月とインターバル走や二部練習など頑張って走り、さらに9月に入ると涼しくなって、気持ちの方はヒートアップ(笑)。

10月に入ると、マラソンシーズンインで、レースも毎週のようにエントリー。
流山ロードレースでは、10km走のPB更新←未だに更新出来ず(笑)

振り返って、あの時がピークだったなと思うのは、10月中旬に有った荒川30km(現在名、東京30k)。
エントリー費は高いですが、豪華なペーサー陣やエイド、何より30kmで実力を試すには良い練習会のようなレース(一応、順位が有る)。

まだ10月半ばで、つくばマラソンまで1ヶ月半あり、気温も高めですから、荒川30kmでサブ3ペースで走れれば、つくばマラソンでのサブ3は有望になって来ます。
全国模試を受ける受験生のようなものですね。

本番のような積りで臨み、サブ3ペーサーとその集団の前に出て、終始前のまま、走り切りました。
新横の雅さんの次にゴールして、その日はまだまだ余裕でした。←記憶が美化された事もかなり有るかも(笑)
今日がマラソンレースだったら、サブ3出来ただろうなと思いました。

正にサブ3への試金石となった大会でしたが、結果を残せたので、つくばマラソンでも目標を達成出来ました。
ただ、ピークは、荒川30kの日だったなと今でも思います。

早めにピークを迎えた時は出来るだけ好調を維持して体調を崩さないように注意して過ごす。

もう一段レベルアップは、走歴が浅ければ出来るかも知れませんが、何年も走っていると難しいと思いますから、頑張り過ぎずに調子を維持かなと思います。

目標マラソンペースで30km走も早くやり過ぎるとピークが来てしまったりするから、目標ペースより10秒~20秒遅いペースで30kmも良いかと思います。

マラソンペースで走れれば、自信になり、メンタルスポーツのマラソンでは、その自信は小さくないですけどね。
トレーニング効果は、それほど大きな違いは無いと思います。
脚の耐久度やグリコーゲン消費量を確認するのは、マラソンペースが良いと思います。

本命レースにピーク来いボタン(笑)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
訪問者数