頑張り過ぎないで積上げる

今シーズンの基本方針。
「頑張り過ぎないで練習を積上げる」

マラソンはメンタル面も大きいため、練習で頑張った事は必ず生きて来ると思います。
頑張らない訳では無くて、頑張り過ぎないで頑張る。←ややこしい(笑)
1回1回より、練習を積上げて行った総量で考えたいと思っています。

どんな練習でも1回行うだけでは走力の向上は1%にも満たない(by アドバンストさん)。

予定していたポイント練習で積上げる効果を1.0とすると、調子が良かったりして、少し頑張って、1.1の練習が出来たとします。

次の練習でまた、1.0を積上げる時に、頑張り過ぎて疲労残りで0.8しか出来なかったら、計1.9しか積み上がらないわけです。
頑張り過ぎないで、着実に2.0を積上げて行こうと言う事なんです。

そう簡単には行かないので、頑張れる時に頑張っておくと言う考え方も有ると思います。

予定より頑張った分は、いわばボーナス・ステージのようなもので、全てが自分の身になる積み上げ。
1000mインターバル走のところを1200m走ると、200mは全てがVO2maxの刺激タイムと同じようなものかな←少し違うか
兎に角、きついけど、お得だ(笑)。

頑張るなら頑張りたいのは、やまやまです。
年齢が年齢なので、頑張り過ぎて、故障したり、オーバートレーニングや慢性疲労症候群になったりする事を避ける意味合いが強いですね。

もっとも、今までも頑張り過ぎていた事が有ったのかと言うと疑問ですけどね(笑)。

今、週1回か2回やっている20分間閾値走は、頑張り過ぎない練習の1つ。
軽めでは有るので毎週やらないと効果は出ませんけど、継続して積み上げて行く事でやがて成果に繋がる。←と信じて

本当は、インターバル走もやりたい気持ちは有るのですが、足首を痛めていたので今シーズンも回避。
インターバル走も毎週1回、夏の間なら2、3ヶ月は続けないと目に見える効果は出て来ないでしょうね。←ランニングを何年もやっているランナーの場合

閾値走も、マラソンペースの30km走がメニューに入って来ると、お互いが影響して失敗しないように調整も必要でしょう。
どちらを主にするかと言うと、やはりMペース30km走。

ポイント練習の間、間の回復のさせかたがキーでしょうね。
Mペース30km走の週は、極楽湯に行こうかな。
栄養を取って寝るのが1番効くような気がしますけどね。

それでもペース走は12kmが良いよねと言う方はクリック(笑)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
訪問者数