太もも前面が筋肉痛の状態と対処について

ランニングしていて、太もも前面が筋肉痛になる場合は、頻度の高い順で次のようなフォームになっていると考えます。

1. 気付かない内に腰が落ちて腰高な姿勢を維持出来ていない。

対処は、体幹を鍛える事で知らない間の落ち込みを減らす事が出来ます。
背筋、腹筋、外腹斜筋など、胴体を囲む筋肉を鍛える。
腰高姿勢維持の意識を持って走る。
背筋は伸ばす、軽い前傾姿勢、目線を少し遠くなど。

2. 前傾姿勢が取れて居らず後傾している。
この場合、重心位置はおへそでは無くて、おへその裏側の背中辺りにあり、重心真下位置への着地も出来にくい。
脚を前に降り出す時にも前傾姿勢と比べると力を使います。
後傾していると腰も落ちやすい。

対処は、前傾姿勢の理解と重心真下の意識を持ち姿勢を作る。

3. 下り坂を走った
下り坂は着地衝撃が大きいのである程度の筋肉痛は仕方無いですが、下り坂なりのフォームで走る事は必要。

対処は、坂の傾斜に対して身体を前傾し垂直に姿勢を保つ。腰が引けて後傾にならないようにする。←下り坂に勇気を持って臨む
ピッチ数を多くしてストライドを狭くする。

4. 重心真下より前方に着地している。

対処は、前に振り出した脚を素早く重心真下へ引き付け踏む。ツナ缶を踏んで行くイメージ。

お手本の着地姿勢ですが、肖像権や著作権の問題もあるし、なかなか腰高、重心真下に着地した瞬間の写真が無かったので、ウラリク練のキミ兄スポーツより借用。
キミ兄さんのブログ

自分の写真じゃねえか(笑)

この時は、04'30/kmのジョグでトラックの感触を確かめながら、走っていました。
流石にミズノのF.O.R.M.で90点以上を取るだけはあるな←自分で言うな(笑)

冗談はさておき、
この後、着地した足は着地反発とハムストリングの後ろへの巻上げの補助を受けて後方へ。
写真で4の字を作っている脚の方は重心真下位置へ切り返して着地。
太ももは着地の緊張で力は入りますが、筋肉の伸展短縮が無いので、それほど疲労せずに走り続ける事が出来ます。

いやいや、俺の、私のフォームの方が完璧だぜと思われた方はクリック
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
訪問者数