レースは少し脚が重いぐらいが良いのか

プロのマラソン指導者の方がフルマラソンは少し脚が重たいなと思うぐらいの状態で臨む方が良いと言われたりしています。
多分理由として
疲労が完全に抜け切った軽い脚だと序盤から調子良く飛ばしてしまいオーバーペースになる。
少し重いと序盤は自重、ペース抑え気味で入り暖まって来て脚が動くようになってからペースを上げれば丁度良い感じと言う事でしょうね。
また脚が少し重いのは、レース前まで休み過ぎずに確り走り込めた証拠。
と言うような事かと思います。

普段の練習でもポイント練習を週2回やっていると毎回毎回疲労が抜けた状態で走れていませんし、それでもそれなりに30km走が出来たりします。
疲労が多少残っていても神経質になる必要は無いかなとも思います。

一方、アドバンストマラソントレーニングではレース前のポイント練習で何日は空けなさいと書いてくれていて
閾値走は4日間、インターバル走は5日間です。

日曜日の朝にレースが有ると閾値走なら水曜日の朝に、インターバル走なら火曜日の朝に終えておいた方が疲労面の心配は無いかと思います。

50代後半と言うか、アラ還(笑)の身では、水曜日の閾値走でも疲労残りが心配で行わない積りである事は昨日書きました。

実際のところ、慢性的に疲労は抜けていなくてフルマラソンレースで完全に疲労が抜けた状態で臨んだ事は無いのですけどね。
もう何度もフルマラソンを走っていますし、仮に完全に疲労が抜けていても設定ペースは普段から練習しているのでオーバーペースになる事は無いかなと思います。

疲労回復の時間はランナー個々に違うのでベストパーフォーマンスを出す調整はそれぞれだと思います。

重くても軽くても大丈夫だと思いますから、今週レースが有る方、来週以降レースの有る方←自分もね、ベストパーフォーマンスが出ますように。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新記事
最新コメント
訪問者数