走りながら治すって良いんだか悪いんだか

故障した事が有るランナーさんは経験のある事かと思いますけど、あまり痛みが出ない範囲か多少は痛みが出ても、走ってトレーニングを継続していますよね。

治るまでランオフするのと、痛みが残るけど少しでも走るのとどちらが正解なのか、迷いませんか。

痛みの程度、故障部位で勿論、対応も変わると思いますし、レースが近いのか、シーズン中なのか、故障以外の要素も有りますよね。

ランナーの脚の故障は痛めて炎症が起きている事も多いから、基本的には安静が良いのでしょうけどね。ただランオフが続くと折角今まで積み上げて来た走力が低下してしまうと言うジレンマが有りますよね。

本当にどちらが正解だったのか、どちらも平行して試せ無いので判りませんね。
過去、レースが近く、捻挫しているのに焦って無理に走り、アキレス腱炎で長期間走れなくなった事が有ります。

走るにしてもスピードや練習場所(トレミ、ウレタン塗装、ロード)で負荷も変わります。

足底筋膜炎もしつこい故障の1つかと思いますが、少しぐらいなら走れたり、選択に悩みますね。

同じ故障種でもその時々で重症度が違いますし本当に難しい。ランオフしておけば良さそうなものですけど、人間の体は不思議なもので刺激に対して対応しようとしてくれます。
歩いて血行が良くなる事で栄養を供給し修復が進む事も有りますし、結局やはり無理させて回復遅れとなる事もある。

左側を故障しているのに庇って変な走りや歩きになったのか
今まで何とも無かった反対側が痛くなったりした事が有りませんか?
故障部位の周りの筋肉も緊張するためか、故障以外の部位に新たに痛みが出たりする時も有りますし。とても不思議です。

ゆっくり走るより速い方が痛く無い時が有るとか不思議な事は色々有ります←理由を私が知らないだけですけど

今日はいつもか(笑)結論も無いのですけど、現状より悪化しなければ走っても良しとするとか、マイルールを決めておいても良いかも知れませんね。

焦らない事もかなり大事かなと思っています。仮に走って悪化や長引いたら、エントリーしていたレースはDNSする覚悟を持つのも必要かなとと思います。

いや~、マラソンって本当に奥が深いですね←水野晴郎さん風
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新記事
最新コメント
訪問者数