スーパー健康食品、カカオ豆

バレンタインディも近かったためか、先日の毎日新聞12日の朝刊で、チョコレートの原料であるカカオ豆の効能記事が載っていました。

基本的に私は健康オタクなので、カカオ豆にポリフェノールが含まれていて良い事は知っていました。
健康オタクなんですが、記録志向のフルマラソンは健康に悪いかなと思っています(笑)。
頑張り過ぎると風邪も引きやすいし、風邪だけならまだ良いですけどね。

カカオ豆の効能に戻ると、カカオ豆の一部に難消化性タンパク質が含まれている事が分かりました。
消化に悪そうなのに何が良いの?と言うところなんですが、難消化性タンパク質は胃や小腸で消化されずに大腸まで行くそうです。
大腸まで到達出来ると乳酸菌などお腹を整えてくれる善玉菌の餌になってお腹の調子が良くなり、便通効果もあるとの事。
便秘に悩む方はカカオ豆を取ると良いですね。
腸内細菌は糖類を餌にしていると思っていました。オリゴ糖入りのヨーグルトとこ有りますよね。餌と一緒に乳酸菌を摂取すると良いのだと。
それも間違っていなさそうですが、難消化性タンパク質も良いのだと理解しています。
カカオ豆だけだと苦いので手軽で美味しいのは、チョコレートやココアでしょうね。朝食でシリアルを食べている人はシリアルにカカオ豆を混ぜるのも良いかも知れません。

他にもカカオ豆の効能が書いてありました。列挙すると
・抗酸化作用で活性酸素を減らす
老化予防、抗癌作用

・血流を良くする
脳内の血流も良くしボケ予防にもなる

・動脈硬化症予防効果

ランナーは追い込んで走ると活性酸素が多量に発生するので、ラン後のケアにポリフェノールやリコピン酸(トマトに含まれる)を取ると良いですよね。

カカオ豆はカフェインも含まれると思っていたのでどれくらいか調べて見ました。
チョコレートの種類により異なりますが、およそのところでチョコレート35gでコーヒー1杯分(ドリップコーヒー150ccでカフェイン135mg)の1/10だそうです。

カフェイン自体も血管拡張作用や胃の消化促進など良い事も多いですが、マラソンのトイレ対策で摂取を控えたりして来ました。カフェインを抜くと頭痛がするのでぎりぎりトイレ行かない程度に寸止めしたいですけどね。

カカオ豆のポリフェノールは健康のために1日で200mg~500mg取ると良いそうです。
明治製菓の「チョコレート効果」と言うチョコレートはカカオ72%です。これ以上に高いと苦味が強いので美味しさも求めるなら、これかな。

1つでポリフェノールが127mg含まれるそうなので1日2つ時間を空けて取ると良さそうです。カロリーは1つ28kcal。
2つ食べると私の場合、1.3km走らないと行けません←行けないという事も有りませんけど。
難消化性カカオタンパク質は腸内細菌の餌だから、28kcalの全部が自分の栄養で吸収されないのが救いかな(笑)。

美味しいお菓子は1つや2つで中々止められないのでそこが難しいところです。
難消化性と言う事で2切れ食べたら、1km走れば良いかな。練習日までの借金にして置きます。
間違っても10枚とか一度に食べ無いようしなきゃね。
練習で5km余分に走れば良い?
スポンサーサイト
プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新記事
最新コメント
訪問者数