夢の中で

先日見た夢の話。

何処かの商業施設の一角に、無料のストレッチ・マッサージサービスをしてくれる店があり、無料と言う事で、何故か雑記!たけしさんと並んだ(笑)。

そして何故か、マッサージしてくれるのは、凄い切れ込みの有るスクール水着を着ている若くて綺麗なお姉さんだった。まあ、それも有って並んだんですけどね。

たけしさんが1番で私が2番目だったので、最初は少し不満だったのだが、待つ間もリクラインニングチェアに座り、お姉さんを見れるので、2番目も満更では無かったと言うか、2番目で良かった(笑)。
と夢の中で思った。

たけしさんが何処をマッサージされてるのかは、見ていなくて分からないのだが、お姉さんのスタイルは良いなとそちらばかり見ていた気がする。
多分、たけしさんはふくらはぎをマッサージされていたように思えます。
勿論、夢の中の話ですよ。

無料サービスなので5分か10分で終わり、たけしさんは何処かに行ってしまった。
人気の出そうな無料サービスなのに、何故か、私の後ろに並ぶ人は居らず、お姉さんと2人になれたのを喜ぶ自分がいた(笑)。

さて、マッサージかとチェアを移動しようとすると、お姉さんが実は強く頼まれていてと写真を出して来た。
「パーティに出た時にね、知り合いの娘さんに良い人が居たら紹介してと頼まれたのよ」

予想外の展開に戸惑う私が居た。夢の中の話なので様々な矛盾と言うか不合理が混じっているのだが、無料サービスに並んでいた名前も知らない男にお見合いを薦めるお姉さんと言うシチュエーションは有り得ないですけどね(笑)。

夢の中では、どうやら私は独身らしく、ただ年齢は57歳と実年齢でした。
そのお見合い相手を探している娘さんの歳を聞くと、大学を卒業したばかりで22歳だと言う。エスティシャンの資格も有り、親がお金持ちなので出資してエステの店も経営していると言う。

お姉さんはお見合い写真を見せてくれて、夢の中だったが、カラーだった。
可愛いと言うか整った顔立ちの美人だった。何でも揃っているお嬢様が見合い相手を探しているのも不思議なんですが、
夢の中の私は厚かましくも、見合いに乗り気になっていた。
35歳差を考えると有り得ない話をなのだが、そこは夢の中、あらゆる矛盾や不合理、不都合は曖昧となり何でも有りの世界だった。

お姉さんに聞くと私の写真をまず見せると言う事で何か写真は無いかと尋ねられ、うーんと考えたが、オールスポーツで苦しそうに走る写真しか無いですねと答えていた。それで良んじゃないとお姉さんに言われた。

夢はそこで途切れた。お姉さんのマッサージは受けなかったし、35歳年下の娘さんとのお見合いも無く終わりました。

と言う事でもう少し続きを見たかったが、夢の続きを見れる特技は無く、せめてお見合いまで進みたかったなと思う。
たけしさん、また、並びましょうね←知らんか(笑)

現実世界で有るとしたら、新手の結婚詐欺か、個人情報搾取詐欺かな。

何となく中途半端では有りましたが、それなりに悪い夢じゃなくて楽しかった。
ちなみに脚色は一切無しです。

ランニング関係の話では、たけしさん、ふくらはぎマッサージ、お見合い写真にオールスポーツだけでしたけど(笑)。

ランキングには参加していませんが、ブログ村リンク
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村楽しいブログが一杯
スポンサーサイト

テーマ : ランニング
ジャンル : スポーツ

もしもマラソンの女神さまが居たら

いつものように上尾運動公園を走っていた時の事である。
走路の傍らで、やたらと美しい女性が佇んでにっこりと微笑んでいた。何か駅伝の襷のようなものを肩から通していたが、20分間閾値走中だったので、はっきりと確認出来なかった。
20分間閾値走を5.4km走って何とか終えたら、丁度、その美人の少し手前だった。ぜいはあしていると、「頑張っていますね」と女性の方から声を掛けてくれた。薔薇の香りのする佐々木希のような人だった。

疾走から停止したので襷が良く見えた。「マラソンの女神さま」と書いてあった。
えぇ、ミスコンか何かな。それにしても、自分から「さま」を付けるって何か変だけど。確かにミスコンで十分優勝出来るぐらいの美人だった。
女神さま「頑張っているから、何かマラソン関連で欲しいものあるかしら?」
急に聞かれても閾値走直後で頭も回らない←いつもだけ、「そうですね。楽に走れるようになる物が良いかな」
くだんの女神さまは袖口から何か取り出すと手渡してくれた。

あ、やっぱりランニング関連のミスコンかキャンペーンガールかな。それにしてもローカルな上尾運動公園に来るかな。
女神さま「はい、どうぞ」
なーんだ、フリップベルトか。いやいや、只で貰えるなら嬉しいな。高いんだよね。
しかし良く見ると「反重力ポーチ」と書いてあった。フリップベルトのパチもんか。まあ、貰えるものなら良いか。
襷の「マラソンの女神さま」と良い、ポーチの「反重力ポーチ」と良い、何でも文字を入れたがる企画だね。
女神さま「じゃあね、これからも頑張って走ってね」にっこり微笑むとすーうっと姿を消した。

げげ、本物?
キャンペーンガールやミスコンは姿を消したりしないからね。と言うことはこの反重力ポーチも本物かな。
早速、装着して走ってみると本物だった。着地衝撃が無いのである。足裏はほとんど地面に着けている振りをするだけで走れるのだ。確かにこれなら楽に走れる。これは良い物を貰ったな。これなら故障リスクはほとんど無くなるぞ。

いやいや、まさか本物とは思わず、適当にお願いしちゃったな。どうせなら脚を20cm長くして下さいとお願いすれば良かった。
あ、でもあれだね。ランニングに行って帰って来たら、脚が20cm長くなっていたら家族に説明するのが難しいしな。
それでなくてもランニングシューズばかり買って呆れられているのに、シークレットシューズを買ったのかと疑われる。
それに20cm高のシークレットランニングシューズなんか無いしね。説明が難しいよね。反重力ポーチで良いか。
それより、世界一速いランナーになりたいと言えば良かったかな。それも説明が難しいよ。56歳でリオ五輪とか話題になり過ぎるだろ。

その日は閾値走を終えてスピード練習は終わっていたので、翌日、反重力ポーチを装着してスピ練をやってみた。
確かに楽々と走れる。何しろ着地衝撃がゼロなんである。ところが今一、スピードが出ない。このスーパーポーチなら、キロ3分とか楽々走れそうなんだけど、精々、3'40/kmで5km走がやっとだった。
着地衝撃がゼロなだけで、スピードが出ないって何よと、ポーチの中を確認すると、使用マニュアルが入っていた。
使い方は腹に巻くとしか書いていないのだが、「トラブルシュート・故障と思ったら」の章がやたらと分厚い。
読んでみると
・前に上手く進めません→軽い前傾姿勢を保ちましょう。後傾では進まないのは仕様です
・脚が疲れるのですが?→腰高を保ちましょう。腰が落ちたら脚が疲れるのは仕様です。
などなど、当たり前の事が書いてあった。
・自然と前に進みませんが?→重心真下着地を心がけましょう。とあり、
注として
「重心真下着地と言っても、着地寸前の足裏は体より前に来ていても構いません。何故なら、体は前に進み続けているため、足裏で踏み込み時には、体が足裏位置まで追い着き、重心真下での踏み込みになっているからです。
この事を「重心真下に踏み付ける」と表現したり、体が一瞬で乗り込んだ重心移動と表現しています。」
と他のFAQより詳しかった。重心真下の着地で迷うランナーさんが多いのかも知れない。

更に読み進むと
・あまり速く走れないのですが?→ご自身のVDOTでしか走れないのは仕様です
なーんだ。より速く走れる訳じゃないんだ。まあ、着地衝撃がゼロなんでがんがん走って走力を上げろよと言うことかな。

それにしても不思議な出来事だった。訳の判らない時は、村のご隠居に聞いてみたら何か判るかもね。
ブログ村の登録を外してから、村のご隠居にはご無沙汰しているけど、呼んでみるかな。当ブログの以前からの読者さんの中にも村のご隠居ファンが居るしね。まあ2,3人だろうけど。

村のご隠居「たのくるさん、久しぶりやね。呼びはった?」
たのくる「はい、ご無沙汰しています。ブログ村の登録を止めてたので」
村のご隠居「登録してへんでも呼んでくれたらええのに。ブログ村言うても、婆ちゃん村やろ?」
たのくる「えぇ、婆ちゃん?」
村のご隠居「あ、ごめんごめん。つい教養が表に出て、英語を混ぜてしもたわ。日本語やと、ブログ村って「仮想村」やろ」
たのくる(???まさか、バーチャル村?、相変わらず駄洒落が寒いな)
村のご隠居の下手駄洒落が嫌で会わなかったのを忘れていた。

気を取り直し
たのくる「先日、不思議な事がありまして、ご隠居さんやったら知ってはるかなとお呼びした次第です。マラソンの女神さまにお会いしたんですよ。それでこのポーチを貰いました。」
村のご隠居「ああ、マラソンの女神はんな。襷に「さま」付きで字が書いてある人やろ。」
たのくる「そうなんですよ。マラソンの女神とだけ書くならわかるんですが、わざわざ「さま」も書いてあるから胡散臭いなと思ったんですよ」
村のご隠居「それは、葉書の宛名と同じやがな。御中と最初から書いてあったら書かんでええやろ。気を使ってはるんよ。それで何をお願いしたん」
たのくる「楽に走れる物とお願いしたら、反重力ポーチを貰いました。楽には走れるんですけど、実力以上に速く走れないんですよ」

村のご隠居「それはね。マラソンの女神さんにお願いする時は出来るだけ具体的に言わんといかんのよ。あ、それとマラソンの女神さんはランニングの練習していて、1万周目に現れはんねん。それで1回お願い事を聞いてくださるんよ」
たのくる「1万周ですか? 上尾運動公園1万周。0.8kmなんで8000kmですね。走って5年は経つから1万周ぐらい走ったかも。皇居だと5万kmとちょっと難しいですね。」

村のご隠居「わしも幕末の頃に江戸城周回していて1万周して女神さんにお会いしたんよ。わし、走るの好きやろ。「いつまでも元気で走れますように」とお願いしたんよ。」
たのくる「あ、それで歳を取ってもそんなにお元気に走られているんですね。」
村のご隠居「お陰さまで。わしも初めてやったんで慌ててお願いしてしもてな。本当は「いつまでも元気で若々しく走れますように」とお願いせんとあかんかったんよ。いつまでも元気やねんけど、段々と歳を取って爺さんになってしもたわ(苦笑)。」

村のご隠居「1万周走ったら女神さんと会えるので願い事が叶うんやけどね。会えんでもお願い事が通じる事はあるんよ。何しろマラソンやからね。真面目に一生懸命に走って、お願いしたら叶えて下さることがあると聞いた事がある。
くどいようやけど、お願いするんやったら、具体的にやで!
2時間55分を切りたいと言うお願いで、55分切りとだけ願ったらあかんねんで。
ひょっとしたら、3時間55分切りになるかもしれへんし、4時間55分かもしれへんから。女神さまには具体的にや。
松 55分切り
竹 PB更新
梅 サブスリー
これは2時間55分と言うことが判るからええんよ。まあ、55分切りとお願いしといて、4分の1の確率で1時間55分切りが出るのを狙うのも有りやけどね。いきなり世界記録狙いや」

たのくる「女神さまと会えるのは1回だけですか? ご隠居さんはもっと走っているからまた会えないんですか?」
村のご隠居「残念ながら1回だけなんよ。色っぽい女神さんやから会いたいけどね。今の女優さんだと橋本まなみさんに似てるかね。」
どうも会うランナーで印象や見え方が変わるらしい。

村のご隠居「まあ地道に走って今度は10万周かな。10万周走るとマラソンの神さまに会えるんよ」
たのくる「えぇ、10万周ですか? 1周800mで10万周。8万km。ちょっと無理かな。皇居だと50万kmですね。マラソンの神様もお願い事を聞いてくれるのですか? ご隠居さんはどんなお願い事にするのでしょうか?」
村のご隠居「聞いてくれはるよ。わし、もうお願い事は決めてるねんで」
たのくる「世界一速い若々しいランナーになるとか(笑)」
村のご隠居「そんなんちゃうがな。若くてスタイル抜群の速い国際女子美ジョガーに生まれ変わりたいとお願いするんよ。
あ、それと仕事が忙しいと走れんから、仕事は暇でと付け加えないとな。ポテチ食べても太らんと故障もしない美ジョガーでお願いしとこ。あーそれと。。。。」

うーん、やはりこの爺さんとは付き合っていられない。
今週末、レースを走るランナーの皆さん、頑張って来て下さい。
願えば叶うかも知れないあなたの熱い思いを
あなたは、マラソンの女神さまにどんなお願いをしますか?
ファイト!

登録はしていませんが、婆ちゃんなブログ村リンク
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村楽しいブログが一杯

新カテゴリ、「仮想」を設定。気分転換に空想記事を気が向いた時に。以前書いた20XX年吉日も仮想カテへ変更。

テーマ : ランニング
ジャンル : スポーツ

20XX年 吉日

ある日、ある時、ある惑星でのお話。

息子がしょんぼりして帰って来た。
確か今日はお付き合いしている娘さんのご両親にご挨拶、端的に言えば、結婚の承諾を貰いに行ったはずだった。

首尾はどうだったのか尋ねてみると。
結婚自体は承諾して貰えたらしいのだが、条件が有るらしい。
6ヶ月先のどこかのフルマラソンでお父様に勝てば許すとの事。
何処かで聞いた事が有るような条件だったが、お父様は50代後半。

ぼそぼそと話す息子から更に聴き取ると。
お父様は今でも3時間15分以内で走れるらしい。昔はサブ3だったようだ。
息子は運動部の経験は全く無い。運動と言えば学校の体育の授業か通学、今は通勤ぐらいだ。
息子は勝てる訳が無いともう敗戦モード。

頑張ってみて駄目でも努力を認めてくれるのでは?
と話してみると少しはやる気になったようだ。しかしどういった練習をすれば判らない。それはそうだろうな。

他ならぬ息子の結婚が懸かっている。
「運動経験無しから6ヶ月でサブ3.15達成メニュー」を作ることになった。

私には長いランニング経験がある。
かなり前の事だが、駅伝で結果を残さなければならない狛江市のランナーにそれではと無理矢理練習メニューを押し付けた事が有った。迷惑な話だ(笑)。

そのランナーの努力以外の何物でも無いのだか、僅か1ヶ月で5kmを17分台で走った。話に金の鯱級尾ひれが付き、私のメニューは鬼だが凄いと評判になったな(遠い目)。

それ以来、目標を達成したいランナーのために練習メニューを作るようになり、たまに失敗するのだが実績が残るようになった。失敗は闇に葬られ成功事例だけが残るからだ。
狛江市民向けメニューは適当だったが、今では練習メニュー作りには自信が有る。

私自身もマラソン研究を継続し、いつの頃か畏れ多くも「さいたまのジャックダニエルズ」と呼ばれるようになっていた。
たまに、美味しいバーボンを求めて人が尋ねて来るようになったのは、ご愛嬌だ。

フルマラソンの攻略にはコースを良く研究しコースに対応した練習をする事が大切だ。今回は6ヶ月先のレースを好きで選んで良いそうだ。
お父様なりにハンデを与えたと言う事だろうか。しかし所詮、素人対ベテランランナー、力の差は歴然だった。

息子に有るのは若さと結婚したいと言う愛の力だけだった。

マラソンレースは少しでも有利になるように選ぶ事にした。住んでいる上尾市は真っ平、やはり、つくばか?

もっと良いコースが有った。何年も前だが横浜国際女子マラソンからさいまた国際女子マラソンとなり、その翌年に、さいたまマラソンとして都市型マラソンが開催されるようになった。

ところがやはり美ジョガーからお洒落な街で走りたいと言う要望が上がり、今年から再び新横浜国際女子マラソンとなる予定だ。

梯子を外されたのは、さいたまマラソン。強い美ジョガーが出ない、放送もされないマラソンはスポンサーが激減。
車の利用率が高い埼玉では長時間の交通規制も元々不評だった。

それでも一度開催したさいたまマラソン、中々止めると言う訳にも行かず今年からコース変更となった。
第XX回さいたまマラソンの要項を見ると。さいたまアリーナ前をスタート。
これは変わらないようだ。アリーナも広くて収容力も有り良いよね。

スタートすると旧中仙道を熊谷方面に進む。おお、これも良いね。東日本実業団駅伝と同じ道路だね。
駅伝だとそのまま北上するがマラソンは戻って来る。

注意書きが有る。
「交通規制の関係で、中山道はさいたま新都心から上尾運動公園まで。」
「距離が足りないため、上尾運動公園で20周して折り返しです。」

そんなの公認コースなのか?
今年から非公認になったようだ。
まあ大会はどこでも良いなら地元で有利だ。

さいたまマラソンのツイッターを見ると「上尾ぐるぐるマラソン」との投稿。
「一周800mの20周。トレミの方が楽!」
と書き込みがあり、その後、向い風の無いトレミか景色の変るロードが楽かの議論が巻起こっていた。

新横浜国際女子マラソンの方も新横スタジアムでぐるぐる、新横ぐるぐるマラソンに傾いていたのだが、それでは公認コースの認定が取れないと以前のコースとなった。
ぐるぐるの背景は有力大会委員の一人が贔屓の美ジョガーを何度も応援したかったからとの噂もあった。
確かに応援側としては何度も見られて魅力的ではある。
雨の日は新横の回廊も使えるだろうとの話も有ったが回廊45周は無いだろうと一蹴された。

そんなこんなで、さいたまマラソンにした。
特に取り柄のない息子だったが、真面目な事と単調な作業に強いと言う誰に似たのかそんな取り柄が有った。
上尾運動公園に行っては私が作った練習メニューを愚直に取組んでいたようだった。

それから6ヶ月。それなりに練習したようで、息子の体はマラソンランナー体型に変わっていた。

ここでハタと考えた。お父様は実績のあるベテランランナーだ。プライドも有るだろう。ここは下手に勝たずに僅差で負けた結果の方が良いのじゃないか。
お父様も面目を保った上でかなり頑張った息子を認めて結婚を許してくれるのでは無いかな。

いやいや、親バカだった。息子が練習したのは僅か5ヶ月と少しだ。勝つ事を心配する必要は無かったな(笑)。

レースの応援に行けば良かったのだが、同日開催の新横浜国際女子マラソンの応援を優先した。
以前から知り合いの国際女子美ジョガーが大勢出ているからだ。

「ブログ市マラソン 」カテの国際女子。有に20人は超えている。相変わらず若々しくて美しい。ランニングをやっていると歳を取らないようだ。
あ、そうそう。ブログ村マラソンは登録人数が増えて、2年前に村から市に昇格した。

私もブログは続けて来たが相変わらず長々と書いてしまい忙しい読者からは読んでもらえない。
さいたまのジャックダニエルズなんだけど。またどうでも良い事を書いてしまった。やはり原稿用紙三枚に収めないとね。

そうだ、息子の首尾だった。帰って来た息子に結果を聞くと、何とサブ3だった。タイムは2時間56分1秒。
私の初サブ3より速いではないか。
あと2秒速く走ればと息子は悔しがっていた。うん、気持ちは分る。
私も頑張って相当練習して達成したサブ3のタイムを抜かれて悔しかった。
私の事はどうでも良かったな。

時計を見て走らなかったのかと聞いたら腕時計を待っていないのでIPhone18に時刻を喋らせながら走ったそうだ。

それはイカンよ、ちゃんとGPS時計を買わないと。当たり前過ぎてそこまで薦めていなかったな。
最新で高性能なEPSON SF-9800BかGAMIN 8800Jがお薦めだ。
GAMIN8800Jは衛星捕捉0.01秒、稼働時間300時間。なんでも超ウルトラでも使いたいと言うニーズだそうだ。
またペースキープ機能が搭載された。
予め設定したペースより遅れると警告が鳴る他、電撃が走るそうでランナーは痛さを恐れて必死に走ると言う。
それはドーピングに当るとか、動物虐待に当たるとか変な話題になっている最新式だった。

あ、また話がそれてしまった。お父様は3時間18分とサブ3.15に届かなかったとの事。お歳を考えれば十分速い。
上尾運動公園のぐるぐるで単調さにペースダウンしたそうだ。
ハハハ、作戦勝ちだ。イカン、勝ってはいけなかったのだ。プライドを傷付けてしまったか。

息子にレース結果より結婚を認めてもらえたのかを聞くと認めて頂いたそうだ。
流石にスポーツマンだ潔い。何でも初マラソンでサブ3を達成した息子の努力と若い奴にはやはり敵わないと思ったそうだ。

良かった、やれやれと思っていたら、息子は結婚はしばらく延ばそうかと思っていると打ち明けた。
何で?と聞くとすっかりランニングに嵌り結婚は延ばして練習に専念したいそうだ。

おいおい、それは本末転倒だろう。説教しようかと思っていたらと、さっさと自分の部屋に息子は上がってしまった。
困ったものだ。結婚とマラソンは両立するよな、なあ、かあさんと言うと妻は首を傾げて苦笑していた。

説得するために息子の部屋に行くと扉が開いたままもう居なかった。どうも早速練習に行ったようだ。
若いと凄いな。フルマラソンの当日に2部練かよ。

あ、関心している場合じゃ無かったな。
息子の部屋には電源の入ったままのノートPCが開かれあり、書きかけの文が有った。
ブログ市マラソンとあった。何だいつの間にかブログも始めていたのか。
タイトルは
「凝り性、たのくる2世のマラソン研究日誌」

尊敬するジャックダニエルズJrさん曰く、練習目的を明確に持て…

いつになってもマラソンは永遠なり。
ある日ある時ある惑星での出来事。


テーマ : ジョギング・ランニング
ジャンル : スポーツ

プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
訪問者数