FC2ブログ

慌てて特急券を発行する

かすみがうらマラソンまであと1ヶ月。
1ヶ月前と言えば、JRの特急券の販売日です。
えきねっとで事前予約をしていました。
事前予約では、必ず取れるとは限りませんと但し書きが有ります。

そうは書かれているものの、予約可能となった途端に機械的に予約を入れるだろうから、まずは確保出来るだろうと思っていました。

仕事を終えて、予約できたから確認すると、帰りの特急券は取れたけど、肝心の朝の特急券が取れていませんでした。

マジか、事前予約で取れなかったのは初めて。
事前予約で取れなかった状況で、予約開始から半日経って、どこか空いている特急の席が果たして有るのか?

上野駅から7時以降の特急だと、地元駅の始発に乗らずに行けます。
元々、事前予約していたのは、上野駅7:30発、土浦駅8:15着の特急。
これとこの1つ前の特急、上野駅7:12発、土浦駅8:12着を第二候補として予約を入れていました。

これらが取れなかったのです。
取り敢えず、もっと早くても、ぎりぎり遅くても特急券を予約できるかと、えきねっとを確認しました。

元々取ろうとした、7:30ー8:15の特急にまだ空席有りの表示。←マジか
早々に解約?
慌てて予約して確保。

事前予約では、乗車券が10%割引になる、トクトク切符で予約を入れていました。
夕方時点では無くなっているようで、割引なしで予約。

慌てて予約を入れたので、本当にトクトク切符が無かったのかは不明(笑)
上野ー土浦間の乗車券は、1144円で10%引きでも、あまり変わらないので良かった。

次回からトクトク切符で事前予約するのは止めた方が安全なのか←ちょい不明
第三予約で、同じ列車のトクトク切符無しで予約しておけば良いのか。
何か難しいな。
走る前に疲れてしまうぜ←まだ1ヶ月あるけど

インターネット予約が出来たので、一安心。
まだ1ヶ月先の予約なので、発券しなくても良いのですけど、帰りに発券しておきました。
これで確実に指定席を確保できた。
航空券と違ってダブルブッキングは無いから慌てることは無いのですけどね(笑)

足首の故障が悪化すると参加できないかも知れません。
昨年は、家庭の事情で急遽、参加できなくなりましたし、ちょっと気が早かったか。

発券したので、意地でも参加できるように調整しようと思います。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

東京マラソンを振り返って

私に取っては、おそらく最初で最後の東京マラソンは終わった。
簡単に振り返っておこう。
大会料金も16200円に値上がりしたし←そっちかい(笑)
来年からはエントリーする事も無いと思う。←一度走れば満足
仮にエントリしてももう当たらないかな。
まだ走った事が無い方に1名分空けよう。
もし80歳になってもまだ走っていたら、20年後にエントリしてみようかな(笑)

自分自身の振返り:
自己ベストは無理でもシーズンベスト2:52:10の更新は狙いたいと思っていたが、前日から体調不良となり不本気な結果だった。誰が悪い訳でも無く、自分自身が悪い。
結局、足首の痛みを最初から感じながらのレースだったし、フルマラソンを走って更に悪化させてしまった。
走った事に後悔は無く、走らなかったら一生後悔したか、全然すぐ忘れたか←多分、忘れる(笑)
フルマラソンの練習で42kmのサブ3ペース走を雨の中やったと思えば、良い練習だったと思う。←真面目に走ったけどね

東京マラソンは素晴らしい大会の1つ。
良い大会は色々な特色や良さが異なっていてどこが1番とかは決められないです。

コース:
屈指の高速コース。
きつい上り坂は無くて、橋を渡る軽い高低差程度で、全体的には下り基調でお得な感じ。
これがどこかで折り返して都庁まで戻るのだったら、最後は上り坂なのできついかも。

入場:
会場入りは、他の大会よりセキュリティが厳しい。
しかしワールドメジャー大会で国外からも多く参加するのでセキュリティの厳しさは致し方ない。
ペットボトルの持込み禁止は、会場で給水サービスは有るものの好みの飲み物が飲めないから、OS-1のゼリー飲料を持って行けば良かったか。

スタートブロック:
準エリートの約2千人?が必ず前にいるので、グロスタイム志向のランナーには厳しい。
どれだけ早く並んでもロスタイム20秒は加算される。
Bブロックに居るサブ40より速いランナーは、Aブロックにしても良いように思う。
道路が広いので気にならなかったと書いている方も多いので、たまたま流れが悪い場所を走っていただけかも知れません。

ランナーマナー:
良いとは言えない。
参加人数が多いから余計に目立つのかも知れません。
レインコートを路地に捨てるのは、後続ランナーの転倒事故にも繋がり、危険。
給食のバナナの皮を路上に捨てて有ったのは、漫画かよと思った(笑)
紙コップの路上ぽい捨ても多かった。
人の前を何も気にせず横切って、減速させたりのランナーも多かった。

応援:
雨にも関わらず、沿道は切れ間の無い応援だった。さすが東京。

ゴール後:
マンモス大会なので動線が長くなるのは仕方無し。
足を痛めて冷たい雨の中は正直辛かったけど。

ボランティアの方:
ただただ、感謝。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

東京マラソンレース編4

30km通過は、サブ3ペースの基準、04'15/kで走った時の2時間7分30秒を17秒超過。

30km地点をサブ3ペースより、17秒遅れて通過し溜息をついた者です(笑)。
今日はサブ3には届かないかもなと少し弱気に。

正式ラップのコピペでまた凌ぐ。

正式タイム
グロス 2:59:39
ネット 2:58:50

5kmラップと5km区間の平均ペースの順

start  ロスタイム49秒
05km 22:41 04'22.8/km
10km 20:50 04'10.0/km
15km 20:56 04'11.2/km
20km 21:12 04'14.4/km
ハーフ 1:30:11
25km 21:04 04'12.8/km
30km 21:04 04'12.8/km
通過 2:07:47 ←前回まで
35km 21:24 04'16.8/km
40km 21:07 04'13.4/km
Finish 09:19 04'14.7/km

ランニングダイナミクス
42.66km:04'14/km 1280kcal
平均心拍数 143 HRmax 83.1 %
最高心拍数 153 HRmax 89.0%
平均ピッチ 188
最高ピッチ 208
平均上下動 7.9cm
平均上下動比 6.1%
平均接地時間 193ms
平均ストライド 1.26m
平均接地時間バランス 48.9%左 51.1%右
トレーニング効果 3.5

さて、レースの続き。
東京マラソンには目標タイムのペーサーが付きます。←サブ3から、30分毎

サブ3より少し遅れ気味で走っていたため、サブ3ペーサーとその集団には中々遭遇せずに走っていました。

30km通過がサブ3ぎりぎりぐらいだったため、サブ3ペーサー集団に追い付いたのが30km過ぎだったのか、少し前の28km辺りだったのか、既に記憶は曖昧になってしまいました。←寒くて辛かった事も忘れつつある(笑)

30km前後でやっと追い付いたと思います。
ペーサーの方は4名。

それにしてもペーサーって凄い。
周りのランナーを励ましながらサブ3のペーサーを務めるには、どれくらいの走力が必要なのでしょうね。
最低でも20分の余裕、30分ぐらいは欲しい気がしますね。
それでもペースメイクし、周りを励まし、風除けになり、気配りしながら風船も付けて走るのは大変。

前方に密度の高い集団が見えて来て、金色の風船を漂わせているのがペーサーの方。
追い付いたのは良いけど、集団で走り辛いだろうなと思い、またサブ3に甘んじて良いのかと前に出る事にしました←調子悪いし余裕も無いのに(笑)

暫く、サブ3ペーサー集団より前で走りました。追い付いた勢いで調子が良ければどんどん差を広げて行きたいところです。

暫くと書いた通りで、その内、サブ3集団に吸収され、その一員に(笑)

前に出たのは良いのですが、風と雨がもろに当り、寒かった。

集団の中に居ると1人で走るより暖かい(笑)
集団だと給水が混み合って心配ですが、東京マラソンのエイドはとても長くて心配無し。

しかも今回は、10kmに一度しか補給しない事にしたので問題無し←スポドリエイドは5km毎、その間に水のエイドが有ります

ペーサー集団に飲み込まれて、1人で走るよりはかなり暖かくなり、ペースメイクはペーサーの方に任せておけば良いので気が楽です。
もっとも気楽でも身体は楽じゃ有りませんでしたけどね。

公式記録によると残り12.2kmを

35km 21:24 04'16.8/km
40km 21:07 04'13.4/km
Finish 09:19 04'14.7/km

で走った事になっていますから、サブ3ぎりぎりのペースで残りを走っていた事になります。

残り12kmはきつくなる頃です。
貯金が有れば、最後の2kmはキロ5でもサブ3で良いなと少し気が楽です。
今回は最後の最後までペースを落とす余裕が無くてきつかったです。

東京マラソンのラスト1kmは丸の内に入り、雰囲気は抜群なんだけど、石畳が続きます。
薄底シューズに石畳は痛い(笑)

寒さで動きが悪くなった身体に鞭打ってようやくゴール。
サブ3まで22秒しか残っていませんでした。

ペーサーの方は「ここで遅れると勿体無いですよ」とか、「ここが踏ん張りどころです」、「ここは我慢我慢」と、周りを鼓舞し続けてくれていました。

何とかぎりぎりのサブ3に滑り込んだ感じでした。←もう少し余裕のレースがしたい(笑)

ゴール後はゼッケンの色分けで荷物受取りと着替えの場所が異なり、私はグレー。
JR東京駅の方にぐるっと戻ります。

途中で完走タオルやメダル、ミニペットボトルの水、袋。袋にはゼリー飲料やパン、ペットボトルなどが入っていて、結構重い(笑)。
アルミのエマージェンシーブランケットも掛けて貰って少し寒さは凌げましたが、雨は降り続ており、やはり寒い。

荷物受取りは東京駅から有楽町へ向う途中に有るビル。
毎日の通勤経路なので、地下道からも行けるのは知っていました。
ボランティアの方も雨の中を誘導してくれていますし、地上を通って荷物を受取ると言う経路なので、寒さに震えながら地上をとぼとぼと歩きました。

荷物を受け取って道路を隔てた有楽町国際フォーラムの建物が更衣室。←いつも通る場所
かなり遠かった。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

東京マラソンレース編3

前回でやっとハーフまで走った者です。
フルマラソンは30kmで半分なので先を急ごう。
セキュリティリストバンドは、2019を2020に張り替えると来年も使えるとの噂です←な訳ない
いまだに外していませんけど。

正式ラップのコピペでまた凌ぐ。

正式タイム
グロス 2:59:39
ネット 2:58:50

5kmラップと5km区間の平均ペースの順

start  ロスタイム49秒
05km 22:41 04'22.8/km
10km 20:50 04'10.0/km
15km 20:56 04'11.2/km
20km 21:12 04'14.4/km
ハーフ 1:30:11←前回まで
25km 21:04 04'12.8/km
30km 21:04 04'12.8/km
通過 2:07:47
35km 21:24 04'16.8/km
40km 21:07 04'13.4/km
Finish 09:19 04'14.7/km

ランニングダイナミクス
42.66km:04'14/km 1280kcal
平均心拍数 143 HRmax 83.1 %
最高心拍数 153 HRmax 89.0%
平均ピッチ 188
最高ピッチ 208
平均上下動 7.9cm
平均上下動比 6.1%
平均接地時間 193ms
平均ストライド 1.26m
平均接地時間バランス 48.9%左 51.1%右
トレーニング効果 3.5

当日の朝は、パン2つ(推定450kcal)、牛乳100kcal、バナナ90kcal(大きめ)、ヨーグルト110kcal(蜂蜜がけ)、ゼリー飲料180kcal
約900kcal。

危ない危ない、フルマラソンを走って太るところだったぜ(笑)。

さて、レースの続き。
ハーフ通過で90分を超えたのは、久しぶり。

もう少しペースを上げておこうと思わなかったのが後々にペースを緩められない事になります。

30km通過のタイムで考えようかとサブ3のペースとしては、少しだけ貯金が出来る04'12.8/kmで20km~30kmを走っていました。

寒いなと思いながら走っていましたが、やはり寒くてペースが上がらなかったようです。
その分、心臓は楽していました。←心臓が楽でもしんどく無いとは限らない(笑)

今思うともう少し速く走っていた方が後々楽でした。

30km通過は、サブ3ペースの基準、04'15/kで走った時の通過時間、2時間7分30秒を17秒超過。

最初はサブ3.5やサブ3.15で良いかなと思っていたのに、この頃はサブ3まであとどれくらいに変っていました(笑)←ランナーの習性

雨は相変わらず降り続いており、水溜りに近くのランナーが着地する度に水が脚に掛ります←お互い様

ファイントラックのフラッシュドメッシュスキンを実戦で使ったのは、初めてです。
メーカーの謳い文句通りに中の汗を外に出し、外からの雨は弾き、中はさらさらを保っていました。
これとミズノのスポーツ腹巻きが無かったら、低体温症になっていたかも知れません。

手の先は手袋をしていても寒くて痺れたようで、脚も水が掛かったり、ランパンの裾で冷えていました。

胃腸の働きも悪いようで、給水しても吸収せずの事態(別大の悪夢として私のトラウマw)を避けるため、給水は10km毎で良い事にしました。

10km、20kmと給水して、補給食は、15kmと30kmかなと思っていましたが、これも25kmにハニーアクションを取って、ハニースティンガーは使わず仕舞。←ケチった訳では無いです←言い訳すると怪しい

一応、30kmまで来たか。
残り12.2kmを平均04'15/kmで走らないとグロスのサブ3は達成できない状況。

やっぱり貯金は少しでも有った方が楽。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

東京マラソンレース編2

レースレポを5kmで留めてしまったので、残り37.195kmもまだ有る者です。←もっと進めておけば良かった(笑)

正式ラップのコピペで凌ごう←コラッ

正式タイム
グロス 2:59:39
ネット 2:58:50

5kmラップと5km区間の平均ペースの順

start  ロスタイム49秒
05km 22:41 04'22.8/km←昨日
10km 20:50 04'10.0/km
15km 20:56 04'11.2/km
20km 21:12 04'14.4/km
ハーフ 1:30:11
25km 21:04 04'12.8/km
30km 21:04 04'12.8/km
通過 2:07:47
35km 21:24 04'16.8/km
40km 21:07 04'13.4/km
Finish 09:19 04'14.7/km

その前に当ブログ恒例のランニングダイナミックス
距離はGARMINの記録値、その距離だとペースは、04'07/kmとなります←都会だから

ランニングダイナミクス
42.66km:04'14/km 1280kcal
平均心拍数 143 HRmax 83.1 %
最高心拍数 153 HRmax 89.0%
平均ピッチ 188
最高ピッチ 208
平均上下動 7.9cm
平均上下動比 6.1%
平均接地時間 193ms
平均ストライド 1.26m
平均接地時間バランス 48.9%左 51.1%右
トレーニング効果 3.5

タイムとペースは書いた通りです。
心拍数が低めでした。
マラソンペースとしては、最高心拍数の88%で走れるのですが、寒いのと体調今一でこの心拍数でも実際には辛かったです。←さぼった訳では有りません

多分、走り込みが足りていないので、私の走力は、心肺機能はサブ50、脚の方はサブ3なのかも。

それにしてもフルマラソンを走って、消費カロリーが1280kcalとは。
月曜日に食べたランチだけでそれぐらいは有るから、マラソンを走ると太ると言う都市伝説は、本当かも(笑)

1kmで30kcalは少な過ぎ。燃費が良すぎでエコカーか。
と言うより、パワーも無いから原付き自転車か。
ペースも遅めなのでピッチ数も少なめでした。

さて、レースの続き。
5km以降も東京マラソンはランナーの数が多くてスイスイと前に進める自由度は感じず。
ペースを上げて行くと前に2、3人並んで居て横に動か無いと抜けない感じでした。

今回は、サブ3ペースで良いやと思っていて、04'10/km台が続きます。
左踵はスタートから鈍い痛みが有り、無理出来ません。

ハーフ通過が、1:30:11とサブ3にも11秒のビハインド。
と言いますか、残りハーフをネガティブスプリットで走らないといけません。

それでも04'14/kmを切り続けたらギリギリでサブ3。
最後の最後までペースが落とせ無いので楽じゃないです(笑)

サブ3を楽に走るなら、ハーフも30km通過も多少の貯金が有った方が余裕が有って良いと思いました。


東京マラソンのセキュリティリストバンドをまだ外していない者です(笑)
ひょっとしたら通勤電車で隣合わせた美ジョガーさんと
「あら、東京マラソン、走られたのですね。私も走ったの。寒かったですね。
今度、一緒にランニングしませんか、その後、お酒でも」←妄想
と話が盛り上がる←訳は無いやろ

もっともコートでリストバンドは隠れていますけどね。
外すと終わりなので何となく嵌めています。
レポを書き終わるまでは嵌めているかな。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
訪問者数