マラソンランキングに見る年齢的衰え

ちょっと今日は寂しい話です。
ああ、笑っている場合じゃなかった。

50代の半ばになり、それでも自己ベスト更新を目指して今、頑張っているわけなんですが、今日はちょっと視点を変えて、全日本マラソンランキングで自分と同じ順位の5歳づつ違う年齢層での推移を見てみたいと思います。

年齢によりランナー人口が多いとか強い年齢、弱い年齢があり一学年違うと同じタイムでも順位が上がったり下がったりするものです。まあ50代なら歳を重ねるごとに同じタイムを維持していれば順位はどんどんと上がっていきますけど。

今回の比較は統計的にはあまり意味がありませんし、新規参入や故障など参加人数も変わってきます。それでも、例えば30歳で20位の人が同じ30歳のランナーさんたちの走力がそのまま走力差が相対的に変わらなければ、40歳になった時も20位を維持しているわけです。まあそんなことは現実有り得ないんだけど、可能性として、30歳で20位のランナーは40歳でもその辺りの順位を確保している。そのタイムはどう推移しているんだろうという見方です。

えーっと、もうかなりバレバレですが、一応年齢とランキング順位は隠すとして、昨年度のタイムは2時間56分でした。ちなみにその前年は初マラソンで、ランキングは170位ぐらいでした。

同-+年齢 同順位のタイム で表します。一応、近辺と近未来は1歳、あとは5歳ごと。
過去、例えば10歳若い年齢で自分は走れないわけで、近未来だけ見れば良さそうなんですが、今の若い人が同じ順位だったらどうなるかの比較としても興味はあるかなと思い並べてみました。

もっとも、走るのは自分自身で何歳になろうが自己ベスト更新を目指してチャレンジすれば良い話でランキング自体も気にはしていないのですけどね。数値的な興味はあります。

-35歳 未成年につき、記録なし
-30歳 2:39:34
-25歳 2:25:51 ここは20代。
-20歳 2:29:15
-15歳 2:37:43 ここは30代。
-10歳 2:41:04
-05歳 2:48:25 ここは40代。
-01歳 2:53:46
自分--  2:56:04
+01歳 2:58:10
+02歳 3:03:54
+03歳 3:01:53
+04歳 3:06:16
+05歳 3:09:35
+10歳 3:22:41
+15歳 3:35:58
+20歳 4:14:41
+25歳 5:37:03
+30歳 完走できればベスト10入り

同じ順位をキープしても、サブ3は今年までだね。学年が違うと比較自体も意味がないとは思いますが、全国の平均としては目安にはなります。ついでに50歳からのサブ3 人数を書いておくと。

50歳 100人以上
51歳 85人
52歳 69人
53歳 46人
54歳 40人
55歳 18人 バレバレ
56歳 20人
57歳 16人
58歳 9人
59歳 4人
60歳 4人
61歳 3人
62歳 5人
63歳 1人
64歳以降は0人

多分、今年度は64歳でも1名、63歳の方が持ち上がって達成するでしょう。
統計的には、サブ3を狙うなら50歳までが楽です。あ、楽でもないか。
51歳からサブ3するだけで、100位以内に入れます。
今日の記事は、ちょっとした年齢当てクイズでした。回りくどかったか。

人との比較、順位は気にしていないのですが、自己ベストやサブ3は意識しています。自分ももうちょっと頑張ります。しかし、あと30年頑張れば完走するだけで、ベスト10なんですね。って10人完走していないんだ。
そりゃそうだ。80代でフルマラソンを完走って、鉄人だよ。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : ランニング
ジャンル : スポーツ

全日本マラソンランキングで見る50代の可能性

先日記事、数字で見る全日本マラソンランキングでは、本来調べようと思っていた50代の状況ではなく、全体の数値に流れてしまったので、流れを戻し、今日は50代での今後の可能性を探ってみたいと思います。

該当する年齢のランナーさん以外、あまり興味が無いと思いますけど、30代も40代もそのうち、50代になるんですよ。どこかの保険のコマーシャルじゃないけど。

さて、2012年度の全日本マラソンランキングから、50代男子のサブ3の人数を拾って見ると。100位ランキングまで。
2012年度:年齢別100位以内のサブ3人数
50歳 100
51歳 85
52歳 69
53歳 46
54歳 40
55歳 18
56歳 20
57歳 16
58歳 9
59歳 4
60歳 4

わーっ、50歳だとサブ3でぎりぎり100位入れるか入れないかだけど、52歳 69名、53歳 46名と急減
54歳までは、40名だけど、55歳になると、18名に激減。年齢ごとに多少、速い年齢があるようですが、
52歳->53歳、 54歳->55歳が激減ポイントですね。

年齢がバレバレですが、自分が頑張れるのも来シーズン一杯、第二激減ポイント前。第二激減ポイントを過ぎると、同年齢で18位とか20位に入っていないとサブ3を達成できなくなります。
もっともその手前ポイントでも40名とかなんで大変な努力が必要なんですけどね。

同じ年齢のランナーがそのまま持ち上がるのが全日本マラソンランキングの面白いところ、言い訳の出来ないところです。2011年度も同じように見てみましょうか。上に登場したランナーさんが1歳づつ若い頃ですね。
ちなみに2011年度、たのくるは、170位ぐらいでしたけど。

上より1歳若いので1つ若い年齢も追加。
2011年度:年齢別100位以内のサブ3人数
49歳 100
50歳 85
51歳 88
52歳 59
53歳 39
54歳 24
55歳 34
56歳 17
57歳 11
58歳 8
59歳 10
60歳 5

2012年度に比べ2011年度の方が参加者が少ないので層も薄いわけです。ここでは
51歳->52歳
52歳->53歳
53歳->54歳 逆に55歳で増える
55歳->56歳

と万遍無く減少。50代で新たにサブ3を達成するランナーも登場するので良く判らないですね。53歳以降、厳しいのは共通かな。50歳前後でサブ3を狙っているランナーさん、52歳までに達成しちゃいましょう。

ついでに2010年度も見ちゃいましょう。

2010年度:
48歳 93
49歳 75
50歳 84
51歳 70
52歳 50
53歳 25
54歳 27
55歳 15
56歳 19
57歳 9
58歳 12
59歳 8
60歳 7

2010年度は、東日本大震災があった期間が含まれ、2011年度比べて参加人数も少ない。この年は、53歳から急減していますね。それから55歳。60歳近くなると、いずれの年も一桁かそれに近いが経年では変わらないので、57歳を過ぎてサブ3を達成できるのは、極限られたランナーさんだけ(数字から当り前ですけど)

と言うことで、自分としては、来シーズンが最後のサブ3狙いだと思って頑張ろう。大阪マラソンが当ったら、まず秋レースで1回、外れたら、つくばマラソンで1回。別大で2回目。

数字は全日本マラソンランキングの数字であって、努力するのは、自分自身だけどね。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

別大は、最後の別大だと思って走るよ

テーマ : ランニング
ジャンル : スポーツ

50代から見た「サブスリー!狙うは45歳まで!?」

RUNNERS 5月号の記事に、ちょっとインパクトのある記事、「サブスリー! 狙うは45歳まで!?」が載っていたので読んでみました。立ち読みじゃないですよ。

以前にも全日本マラソンランキングでサブ3ランナーの数を調べたりしていたので、グラフ化された表は興味深かったです。統計的には45歳でくっきりと区別があるわけじゃないと思いますが、42歳ぐらいまでのサブ3率は、4%前後であるのに対し、45歳では2.8%。これが50歳を越えると2%を下回り、53歳辺りから、1%、55歳を過ぎると1%を下回るようになります。

統計的に言えば、確かにタイトル通りなんですが、記事としては、45歳以上は駄目だよとは言っておらず、工夫した練習が大事で、地道な努力を重ねれば達成は可能だという論調です。

50代の自分から見ても、その通りだと思います。一方、若くても歳を取っていても、サブ3を狙ってなかなか上手く達成出来ないランナーさんも居られると思います。
サブ3狙いのランナーさんの現在の走力とサブ3と言う走力のギャップを上手く埋めて行く練習が出来ていないのがなかなか達成が出来ない理由の1つじゃないかと思ったりしています。

フルマラソンというスポーツの特異性と言いますか、ある程度のスピードとそれを長く続けられるスタミナが必要でどちらか劣る方に引き摺られた結果となる。弱点を減らして行くスポーツ。

それが地道な努力の積み重ねなんだろうと思っています。例えば、サブ3.5の3時間24分で走る走力があったとして、スタミナとスピードのバランスが取れたランナーだったら、その走力では、閾値走は4'33/km。インターバル走は、04'12/km。レースでは10kmを45分切り出来て、ハーフなら、95分に近いところを走れる感じでしょうか。

そのランナーが次にサブ3を狙うと言って、いきなり、ペース走は04'15/km、閾値走は04'00/km、インターバル走は03'45/km以下で練習は出来ないでしょう。一段づつ走力を上げて行く練習。それが地道な努力ということなんだろうなと思います。

それにはどうしたら良いのでしょうか?
ランナーごとで、その練習方法は様々だと思うのです。ランナーごとに特徴、弱点が違うからです。一般的には、持久力を付けるロング走とスピードを付けるスピード練習をバランス良く付けて行く。レースに出てスピード持久力やスピードを磨くと言ったことでしょうか。

そこで問題になるのが、年齢なのです。45歳はまだまだ若いと思います。50歳になるまで5年もある。50歳を過ぎると、一段づつ上げていく時間の猶予が余り無く、それが50歳を過ぎてのサブ3達成を難しくしているところでもあるのだろうと思っています。

良く加齢による衰えと言う言葉を目にします。見たくない言葉ですよね。衰えと言うより、20代、30代の頃のような発展性というか伸びはあまり無いかなというのが自分の実感です。ただ、放っておいたらどんどん劣化するような衰えという感じじゃないです。それなりの努力をすればそれなりに向上する。

一方で疲労からの回復に時間がかかったり、社会的な立場が重くなり、練習に十分な時間が取れなかったりと、50代を越えると、ランナーとしては不利な面も色々と出てきます。故障すると猶予が無いところに更に余裕が無くなるのが辛いところ。故障はいかんですね。本当にそう思います。

と今日は、考察でも分析記事でも何でも無く、ただの50代のおっさんの日記でした。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

記録狙いでガンガンと練習して走るのは、やっぱり若いうちです。取り合えず、喜多マラソンはガチで走ろう

そう言ってもご家庭の事情やら行事やらで思うようにならないのも市民ランナーの常。
多分、6月1日(土)は晴れるし、2日(日)は何だこの蒸し暑さは!となると思います。
いや、何となくの感覚ですけど。



テーマ : ランニング
ジャンル : スポーツ

美ジョガーの華麗なる闘い あなたもランクイン

フルマラソン1歳刻みランキング美ジョガー編です。

以前、男性の30代、40代、50代と年齢別にランキングを比較してみたわけです。今回はその女性版。たのくるも今は一介の市民ランナーとして日々走っているわけですが、今度生まれ変わったら、今のようなおっさんランナーでなく、美ジョガーとして颯爽と走ってみたい。まあ、そんな希望を持っているわけです。
生まれ変わった時に参考にできるように女性版ランキングも記録に残しておこうかと、そういった次第です。

男性版を見逃した方のために下にリンクを張りましたが、男性版は興味ないですよね。
ではさっそく、一覧表とグラフを見てみましょう。
今回は20歳から60歳一気に表にしています。60歳以上の美ジョガーさんも勿論いらっしゃいますが、参加人数が少ないのですね、60代途中から100人に満たないのですよ。グラフがうまく描けなくなるので割愛させて頂いています。悪しからずです。

ちょっと表がデカ長い!
2010年フルマラソン1歳刻みランキング
20-60-女子

どーんと長いのでざっと見てもらうとしてそれをグラフ化したものです。
20-60-女子G1

少しだけ考察を。
グラフを見てもらって、一番下の線が1位、真ん中が50位、上が100位です。
縦軸がマラソンタイム、横軸が年齢です。
1位ランキングの20代、30代前半は学生、実業団のエリートランナーが入っていますから凄く速いです。
男性と違うのは50位、100位の市民ランナーとしては速いランナーさんたち。
20代後半から50代までほとんどタイムが変わりません。
20台前半のランナーより速いです。
今のマラソンブームを支えているのがこの辺りの年齢で層も厚いししっかり走って速いんでしょうね。
サブ4なら十分速いランナーさんでランクインも可能。サブ3.5ともなると楽々ランクインです。
サブ3.15は、ご存知の通り、国際レース資格。
ランクインを狙っておられる美ジョガーさん、30代、40代は強いですね。サブ3.5とまで行かないでも3時間40分前後が必要になっています。
表とグラフからあれこれ読み取って下さい。

男性編リンク集:
男性30代編
男性40代編
男性50代編


美ジョガーボタン
美ジョガーの方、どうぞ
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

男性向け:
美ジョガーと知り合えるボタン

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

コメント、大歓迎です。

テーマ : ジョギング・ランニング
ジャンル : スポーツ

転機の時、狭間で奮闘する30代。フルマラソン1歳刻みランキング30代編

タイトルに練習日誌と掲げながら、ちっとも練習ブログをアップしない、たのくるです。
前置きが長くなったので、お急ぎの方は、下の赤字、ショートカットから。

いえ、練習は昨日、したんですよ。関東は金土日と雨か雪の予報だったので。でも練習日誌が一番、地味かな。
今日は、軽めに10kmを5'00/kmで走る」だとね。「軽め」とさりげなく書くところが、ブログ村流やね。
「来た、見た、勝った」(ユリウス・カエサル)世界で一番短い戦勝報告。みたい。

さて、昨日の練習日誌は後日とし、フルマラソン1歳刻みランキング30代編をお届けする次第です。40代編は、40代のランナーさんへエールを送りたくて書いたものでして、たくさんコメントも頂きました。ブログタイトルが長かったので最新コメント欄が凄いことに。

30代の皆さんもそうでない方も、30代と言うとどういうイメージを持たれているでしょうか?

たのくるは、「転機の時」としてみました。副題として「狭間で奮闘する

30代は10代、20代と駆け抜けてきて、大人になり、様々な転機も訪れる年代かなと思うのですよ。結婚したり、子供ができたり、職場でも昇進したり、後輩ができたりと色々なことが。
仕事の責任も重くなり、それこそ働き盛りです。一方、どんな無茶をしても平気だった体力も、ちょっとまてよ、以前とちゃうなあ。とか、人に寄っては、お頭も少し涼しげに。かと言って周りの40代と比べたら腹も出てないしまだまだ若い。狭間の中で一生懸命、奮闘している世代かなと思います。

ショートカット:
さて、ランブログなので早速(どこが?前置きが長い)
フルマラソン1歳刻みランキングで30代を見てみましょう。
同じように各年齢の1位、50位、100位です。
30-1-50-100.jpg

今回は1位の方の苗字を入れてみました。公開データですが、フルネームは一応止めて苗字で。
ランナーならご存知の有名選手が名を連ねていますね。さすが、まだ30代です。実業団の現役選手も入っています。30歳なんか、サブ10ですよ。

30代は、40、50代と見てきましたがちょっと1位、50位、100位で様相が異なりますね。50位も100位も年齢を追っても変化が無いに等しい。30代はマラソンタイムでは落ちない年齢と言っていいでしょう。

ところがどうでしょう、1位の方。段々というかかなり落ちていきます。実業団の現役バリバリ、世界を狙うのが30代前半、後半になるとそろそろ、一線を退く時期が近づいてきます。たのくるが「転機」と書いたもう一つの意味です。それでも皆さん、素晴らしく速いです。

この後、実業団を引退された方はマラソンを市民ランナーとして続けられておられるのでしょうか?それとも有名選手なのでコーチや解説で忙しく、ご自身で大会に出る機会はあまりないのでしょうか?

40代になると昨日の記事に書いたように、1位の人は物凄い努力を続けタイムがあまり落ちないんですよね。
実業団も、市民ランナーも老いも若きも、皆、がんばれー

人にばっかりエールを送っている
おっさんにも応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
コメント、アドバイス、リンク、大歓迎です。

テーマ : ジョギング・ランニング
ジャンル : スポーツ

プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
訪問者数