腕振り角度の研究

腕振りについては、カテゴリー「あしたのために」で熱く語っていてそれほど付け加える事も無いのですが、最近試してみた事などを記述。
腕振り自体はカテゴリー「マラソン研究:フォーム」に書くべきだと思いますが、あしたのためににまとめたので、今回もあしたのためにへ。

アフリカのトップクラスの選手は男女を問わず、腕を体に抱え込むように走るランナーが多いですよね。

腕振りと言っていますが実際には肘振り、肘引きであり、肘が引かれる事で肩甲骨が動き、肩甲骨の動きが骨盤を動かす事に繋がっています。

ですから腕を折り畳んでしまい拳の動きを最小にして肘だけ動かす事に集中したフォームはエネルギー効率も良く、動きがコンパクトになるので素速く振れるわけです。


たまたま先月号のランナーズにもプロコーチがフォームについて語る特集がありました。腕振りに関しては2名のコーチが書かれていて、1人はマラソン完走クラブ主催の中田さん。腕振りの左右バランス、左右の高さ。均等に振ることとそのチェック方法。

もう一方がアフリカの選手のように腕を抱え込むようにして走るメリットについてでした。メリットは上に書いた様な事。

記事で読んだり思い付いたりした事は実際に試して見るのが自分のスタイルで、今回も試してみました。
たのくるフリークは練習日誌に「腕振りを試しながらEペース走」と書いていたのを覚えておられるでしょうか←居ませんよね(笑)

試してみた結果。
・慣れが必要。
腕を上体の上の方で抱えるので肩に力が入り易い。リラックスして振るには繰り返して慣れが必要。拳を下げて腕を振る動作と筋肉が少し違う動きをするのでその慣れと継続して振る持久力も必要。

・肘の動きは大きく成らない。
これはコンパクトに振るためですから当り前なんですが拳がほとんど動かないので肘を大きく動かすのは難しいです。
良い悪いは無いです。

・下げた腕振りと違う部分が疲れる。
同じ腕なので違う事は無いのですがより肩に近い部分の持久力が必要だと思いました。

・上り坂には強くない?
それはお前が苦手なだけだろうと言われるとテヘヘです。
傾斜のきつい上り坂では強い腕振りが必要で、元祖山の神、今井選手は登坂の時に肘を引くだけで無く捻りまで加えていたそうです。
捻りを加えると力強くなりますが←試し済み(笑)、腕を抱え込むと捻りを加えるのは難しいと思いました。

・下り坂では重心が高くなり不安定
腕を高い位置で保つ分、重心が高くなり下り坂ではちょっと安定感に欠けるかと思います。その分スピードは出ますけど。腕振りの位置を下げると安定感は増します。

まとめ。
・どちらかと言うと平地を高速走行するのに向いたフォーム。

・上り坂を登るには少し腕を下げ、肘の捻りも加えると力強い。

・下り坂は勇気が有れば抱えたままで高速に駆け下る。安定感を望むなら腕を下げる。

それで抱え込むように腕振りをするのか?

今までもかなり肘の角度は鋭角で腕振りをしています。
計った事は有りませんが80度から60度位に曲げて拳自体はある程度下げていますが肘より当然低く無い位置です。
時には45度位の鋭角で振ることもあります。

これぐらいだと肘の捻りは加え易い。

今までの腕振り位置と併用でも良いかなと思っています。
肘の捻りですが、肘を後に引く時にやや外側に抉るように引くべし←丹下段平風
その際も肘の角度は90度より狭く保ちます。肘を捻りながら引くコツとしては拳を90度内側に捻るようにすると肘が体の横を通り、外に少し外れて捻りが加わります。肘を大きく引かなくてもかなり力強い腕振りになるように思います。
言葉では表現しにくいのですが絵も下手絵なので、飲み会の時にでも(笑)。

肘鉄の食わせ方は有りますが、肘の捻り方はどこにも書いていないのでトレッドミル傾斜ランであれこれ試した自己流。
捻りを加えながら踏込みが強くなる捻り方を探り腕振り速度との兼ね合いで一番無駄が無さそうな振り。
今井選手に聞くとそんなのじゃないよと笑われるかも知れませんがまあ、聞く機会は無いでしょう。
聞ける方が居たら聞いて下さい。

なお腕振りは、拳の軌道距離より肘の動く距離が常に大きい事が基本です。
坂道平地で色々と腕振り位置、肘の角度、肘の捻りを試してみた自分に合った腕振りを見つけるのも楽しいです。


スポンサーサイト

テーマ : ジョギング・ランニング
ジャンル : スポーツ

灼熱の喜多マラソンを走る(笑)

喜多マラソン、フルを走って来ました。いやー、暑かったです。何とか完走しましたが、ちょっと脱水状態だったかもしれません。完走後、水やスポドリをがぶがぶ飲むもちょっとも外に出ず(笑)

結果はグロス、ネットとも自己ワーストを記録しちゃいました。ただ、フルマラソン総合順位で12位というどんだけ過酷だったのよという天候でした。もっともフルのエントリー者も1035人なんですけどね。それでもつくばとかだと300位とかなんで、10分の1としても120位ぐらいだから、やはり過酷ですかね。

橋の下のノブノブさん陣地に到着後、挨拶に行きブログ村の皆さんとお会いし、その後、キミ兄さんのターフ陣地に荷物を置かせて頂いて過ごしました。キミ兄さん陣地はスタート地点に近いので便利でした。ありがとうございました。

今日は朝5時40分に起床し、路線情報を見ると高崎線、京浜東北線に遅れとあり、予定より一本早い6:43発の電車に乗り、会場へ向かいました。王子駅からバスに乗り、最寄バス停の宮城二丁目で下り、会場へ。
前日受付済みなので特にすることなく、着替えたあとはお話とかして過ごしました。ランパン、ランシャツだと日差しで肩口が日焼けしそうだったので、アンダーアーマーのルーズノースリーブにしました。

練習も兼ねたレースなので心拍計を付ければ良かったかとちょっと後悔。まあ、秋冬のレースはこんなに暑くならないのであまり参考にもならないですかね。

ではタイムやラップなど。

3時間22分54秒(グロス)
3時間22分47秒(ネット)
前半ハーフ 1時間33分56秒
後半ハーフ 1時間48分02秒

どんだけポジティブスプリットなんだ(笑)。これは世間では撃沈と言うのでしょうね。
家を出る時、あまりに暑そうなので、ひょっとしたら死んじゃうかもと家族に言うと、さすがに死なれては困ると思ったのか、あまり暑かったら途中で止めたら、とにかく無理しないようにと言われました(笑)
まあ、確かに喜多マラソンで死ぬのも何ですから、あまり無理する気もなく、走るペースもペースを無理に維持せず、頑張らないで良いペースで徐々に落ちても良いかなと思っていました。

一応、前半は04'25/km-04'30/kmぐらいで走り、後半を04'35-04'40/kmで走れたら、3時間15分も切れるし良いかと思っていましたが、後半のペースが維持できず、ワースト記録になってしまいました。

以下、1kmのラップです。最初、グロス-ネットの補正、10kmの補正、前半ハーフの補正を入れていますがGPS時計のラップです。心拍計測なし。ピッチ数、ストライドcm

グロース-ネット補正 5秒
01km 4'12 185 119
02km 4'17 189 121
03km 4'25 188 119
04km 4'23 189 120
05km 4'25 188 120
06km 4'22 188 116
07km 4'27 191 119
08km 4'23 191 119
09km 4'26 190 117
10km 4'24 189 119
10km補正 21秒 44分19秒
11km 4'20 189 119
12km 4'25 189 119
13km 4'23 190 118 ホシコさん、華さんの応援で元気になる
14km 4'22 192 118
15km 4'35 188 115
16km 4'29 192 115
17km 4'29 191 116
18km 4'24 190 118
19km 4'26 188 119
20km 4'20 187 121
21km 4'21 187 120
ハーフ 1:33:56
22km 4'31 183 117 ハーフ過ぎで4'30台に落ちる
23km 4'34 193 117 
24km 4'32 182 117
25km 4'32 182 117
26km 4'34 181 118
27km 4'44 181 114 サブ3.5ペースに落ちる
28km 4'52 192 113 サブ3.5ペースに落ちる
29km 4'53 182 111
30km 4'58 182 109
31km 5'00 182 110 遂にキロ5分を記録
32km 4'54 182 113
33km 5'07 178 109 5分を超過。スタート地点なので止めようかと思う(笑)
34km 5'11 179 108 ホシコさんからコーラを頂く
35km 5'10 179 109
36km 5'29 178 102 坂とかで落ちる落ちる(笑)
37km 5'36 177 101 サブ4ペースになる
38km 5'44 176 99 サブ4ペース超過
39km 5'42 179 99 ストライドも100cmを切る
40km 5'45 177 96
41km 5'10 177 104
42km 5'48 177 94
残り 0.37km 1'59(05'19/km) 178 104

何せ、灼熱の河川敷で応援が少ないなか、スタート地点で、ホシコさんと華さんに応援してもらい元気が出ましたが、またまた淡々としたロードとなり暑くなる一方で後半は特に脱水気味だったと思います。エイドでは水を一杯づつ飲み、頭や体にもかけましたが、今日はもっとエイドが欲しいと思いました。

前半は予定通りといいますか、最初の1kmは走り易くするためサブ3ペースで走り、3km目から設定タイムで走りました。前半は04'25/kmが力まず、気楽に走れるペースだったのですが、ハーフ過ぎから、それが04'30/km台になり、スタート地点に3度目に戻る33km地点で、もう33kmも走ったし止めちゃおうかなと思いました。

ひょっとして完走しないとスポドリとりんご、バナナをもらえないかなと思い(完走しないでも貰えるとのこと)、スタート地点でホシコさんにコーラを頂き、あと残り9kmなので5分台になりましたが、走り続けました。

止まると歩きそうだったので一度も止まらず、ただ目をつむると寝ちゃいそうでした(笑)。多分、ちょっとした脱水症状だったかと思いますが、サブ4ペースもオーバーしながらも粘り走りました。

完走後は、ブログ村の皆さんに大丈夫ですかと言われるほど辛そうだったようで、実際、結構、辛かったです。
ホシコさんには首に氷を充てて頂いたりとケアして頂きありがとうございました。
水やスポドリをがぶ飲みしてキミ兄さんのターフでしばらく横になったりして、胃腸は大丈夫だったので完走後、ロキソニンも飲んでおいたら回復しました。

その後も水分摂取するも外には出ず。どんだけ水分が失われていたんでしょ(笑)
今のところ、来年の喜多マラソンは、フルは止めておこうかと思います(笑)
忘れてまたエントリーしそうでしすが。

ご一緒して頂いた皆さん、ありがとうございました。
本当に暑い、喜多史上でもトップクラスの過酷なレースでしたね(笑)

今年の喜多マラソンの進化:
・一人用リックとトートバックが選べるようになった。トートバックは手ぬぐい付きでお得か。
・後半、エイドの水が薄い塩水入りもあり。反面、体にかけると塩が吹きますけど。

テーマ : ランニング
ジャンル : スポーツ

喜多マラソンの前日受付に行く

いやー、暑くなりました。ここのところ数日、いえ、この土日だけ、気温も日差しも急上昇。わざわざ喜多マラソンに合わせるように(笑)

暑いのでどうしようかと思いましたが、当日慌ただしくしたくないので前日受付に行って来ました。
自分の最寄り駅である王子駅からは会場まで3キロ弱あります。フルマラソン前日は練習も動き回るのもあまりしないようにしていますので、途中までバスを使い会場へ。

会場はいつもの喜多マラソンの会場でした。唯一日陰がある橋の下にはトラックが当日朝も止まっていてなかなか退いてくれないんですよね。
2014-05-31 143656S
2014-05-31 144028S
2014-05-31 144119S
2014-05-31 143737S

ピーカンのカンカン照りで日陰は江北橋の橋の下のみ(笑)。
例年、大会本部が置かれる橋の下は駐車場のような砂利道になっており大会本部は日の当たる場所へ移動していました。写真2。当日、ここにも陣地が設置できるかは大会本部が置いていないから駄目なんでしょうね。

ブログ村で毎年設置しているのはその向かいの橋の下。いつものようにトラックが止まっていて朝の8時近くまで退いてくれません。写真3,4。
このわずか2,3mの草地が喜多マラソンでは一等地なんですよね。走る途中にも寄れますし、雨でもかんかん照りでも問題なし。雨はレース前に降っていたことはありますが、開始と同時に晴れたりするのが喜多の特徴です。

文句のない喜多マラソンらしい天候になりましたが、明日は熱中症で倒れる人も出るぐらいの危険なお天気ですね。
現在、3連続サブ3中で、途切れるのが少し勿体無いですが、清く諦めました(笑)。
ただ、レースペースはどうしようか、もう少し考えます。

・前半ハーフだけでもサブ3ペースで練習しておく。後半が恐ろしい(笑)
・最初から04'25/km前後で喜多の自己コースレコードを狙う。かなり苦しいレースとなる。
・最初から04'35/km前後でサブ3.15でまとめる。
・最初から04'50/km前後でサブ3.5でまとめる。

練習の一環と考えると、頑張り過ぎて大ダメージを受け、次の週の練習に支障が出る方が良くは無いのですが、暑い中、どれだけ頑張れるかも充実感があって良いかな。
喜多マラソンでサブ3を達成するためには、秋冬春のフルマラソンより最低でも5分から10分は遅くなり、明日のような天候だと更に遅くなると思いますので、最低でも2時間55分を切った持ちタイムだと狙えないと思っています。
給水や湿度などを考えると北海道マラソンよりも更に過酷じゃないかな(笑)
今年は喜多でサブ3を狙える走力を持っていませんが、来年以降狙えるように頑張ろうかな。
えっ、また走るのかって? 確かに記録も伸びていないし歳も歳だし今年走ってから考えます(笑)。

明日の喜多マラソンでフルマラソンは10回目となります。グロスワーストは、初マラソンの勝田2012で3時間16分56秒。
ネットワーストは、かすみがうら2013の3時間15分0秒。喜多マラソン以外はすべて公認コースですが、ワースト記録の更新は避けたい。とすると上に書いたプラン3以上で走らないと。公認コースじゃないから拘らないでも良いかな。

明日はどんなペースで走っても楽ということは無いでしょうね。長く走れば走る分、長い間、強い日差しを受けますしね。
プラン3でも後半、撃沈しそうな気もするんですよね。

参加賞は、昨年と色違いのオレンジ色、一人リックを貰いました。
では、明日、喜多マラソン、また葛飾100kを走られる皆さん、頑張りましょう。明日は一応ガチレースなのでスマフォも持って行かず。

追記。
参加賞はトートバックもあったことをたかしさんのブログで知り、コース図が開示されていたことをキミ兄さんのブログで知る。暑くてすぐ引き上げたんです。
こんな暑くて明日、フルマラソンなんか走れるのかなあ。あ、でもウルトラマラソンのランナーさんも居るから、フルは短距離ですね(笑)




テーマ : ランニング
ジャンル : スポーツ

喜多マラソン:レース編

もし故障せずに練習が積めて、板橋かかすみがうらで2時間53分を切れていたら、喜多マラソンでサブ3に挑戦したいと思っていました。

うーん、故障して狙えなかったけど、やはり甘くなかったね喜多マラソン。
必ず晴れて暑くなるという喜多マラソンの洗礼を受けて来ました。

今日の天気は二転三転していましたが、曇りが多く気温も19度から23度と、梅雨寒と言っていました。
しかし喜多は違った。

日陰に居たスタート前は確かに風も涼しく曇り空でしたが、スタート地点へ行くころには、何故か晴れ上がり初夏の強い日差しが。

幸いなことに、例年と違い吹く風は涼しく気温もまだあまり高くありません。スタート地点へ移動。少し出遅れましたが、たけしさんと何列目でしょう少し後に並びました。そうしたらコースの半分も整列するランナーのために解放。右端にスペースが有ったので、すこし前の方へ移動して、きりさんと並びました。

手前の橋を見上げると、いつの間にか、るーぷさんが撮影のために移動。スタートの全景が捉えれる位置。
スタート前は、いつものように会長さんのお話です。コース説明がこの時初めて行われ3周コースの全容が今一、橋の名前とか知らないけど、明らかに。

会長さんの話がスタート時間ぎりぎりまで続き、しばしの静寂の後、スタートの号砲が小さく鳴る。

今日は風邪が治りたてと言うことであまり速くも走れないしダメージも残したく無かったのでサブ3.15からサブ3.5の間で良いかなと思っていました。公認コースでも無いしマラソンの時期でもありませんが、かすみがうらで出したワーストに続けて、喜多でも更にワースト更新じゃちょっとなあと
ワースト回避の3時間15分未満で走ることに。04'35/kmで走れば15分未満で走れます。

今日はEPSON SS-500Rに心拍計付きでオートラップを5kmに設定。

まず結果から。
3時間13分49秒(グロス)(04'35/km)
3時間13分45秒(ネット)
エントリ1269人中の41位でした。

来年はこの3周コースじゃない気がしますが、今まで謎のコースだったので地図を載せておきます。
クリックで拡大。
コースマップ

下流の北千住方向へ5km行って折り返し、大会本部へ戻って10km。今度は上流へ2kmほど行って折り返しの1周14kmかな。

ドラマ性も波乱も有りませんが5kmごとラップ
タイム (ペース) 平均心拍 ピッチ数 ストライドの順

00km-05km:
22:20 (4'27/km) 158 185 120

最初は04'40/kmぐらいで入る積りでしたが04'35/kmぐらいでしょうか。何やかやでごちゃごちゃしているので適当に走り易くなるまで抜いていたら、04'27/kmでした。ちょっと最初から出し過ぎかなと思って走っていました。

最近、隔週フルマラソン距離を走っているので、アキレス腱の調子は上向きで余り痛むことは無くなって来ました。ただまだ踵が少し痛い日があります。今日はその痛い日で、余り無理はしないで良いかなというところ。
途中、うーぱぱさんが、サプライズの応援。ハイタッチして元気を貰いました。うーぱぱさん、ありがとうございました。

05km-10km:
22:05 (4'24/km) 160 187 121

最初の5kmの時に気付いていたのですが、南から風が吹いていて向かい風でした。折り返したこの区間は逆に追い風。追い風の時は無風に感じます。その分、暑く感じます。お日様は結構な照り付け。

それでも追い風なので結果的には最速ラップでした。ちょっと情けないけど。

10km-15km:
22:52 (4'34/km) 154 186 117

心拍数はスピードを出していない割りに高めです。閾値走と同じぐらいか少し下程度なので、あまり調子は良くない日だったかも。追い風の区間の割りに余りスピードが出ず、後半の折り返して結構、遅い感じ。
これで2周目に入りました。ビニールテープのようなタスキをもらって首にかける。

15km-20km:
22:46 (04'33/km) 152 187 116

この区間、また向かい風です。結構な向かい風。その分、涼しいけど、かなりスピードが削がれる感じ。
丁度同じようなペースのランナーさんたちが居たので、後に付かせてもらった。まあ、おじさんなので大目に見てね。ピッタリ付くような露骨なことはせず、広がって走ると行き交うランナー同士走りずらいので、後に並ぶ感じ。

20km-25km:
22:22 (04'28/km) 163 189 118

この区間は2周目のゴール地点に向かう追い風区間。無風状態なので結構、暑いです。汗がかなり吹き出ています。喜多マラソンの給水はすべて真水なので、飲んだ残りは頭と背中にかけました。
るーぷさんに何度か写真を取ってもらいました。動画も取ってもらいました。ありがとうございます。
フォームチェックすると、やはり足が外側に開いて踵着地ですね。うーん、改良の余地あり。まあ、伸びしろということで。

25km-30km:
22:53 (4'34/km) 158 188 116

何度も周回するので向かい風だか何だか分らなくなりますが、ここは向かい風区間。28km目から3周目に入ります。やっと30kmまで来たねという感じで涼しいけど進まない向かい風区間と追い風だけど無風状態で暑い区間で、もうどちらも嫌という感じでした。

30km-35km:
23:48 (4'45/km) 147 184 113

向かい風区間だけど、ラップが急に落ちていますね。何か有ったわけじゃなくて、ダレタだけかな。一番疲れてくる頃だよね。楽したのか、心拍数が10も落ちています。

ピッチ数は180台なので良いのですが、ストライドが最初の10km以外は120cmを切って余り伸びていません。まあ、踵が少し痛いので無理しなかったこともありますが、追い風区間ではもう少し伸ばして良かったね。踵が痛いので、着地反動を利用して、浮き上がって走らなかったみたいです。

35km-40km:
23:18 (4'39/km) 156 185 118

何度も陣地に帰ってくるので、途中で止めたくなった。
前周の時もこの周も、masaさんがコーラ入りのコップを持って並走してくれて、コーラを頂きました。一緒に走ってコップも回収してくれて、本当に有りがたかったです。

ここは追い風区間なんですが、もう暑くて何とか粘っていたという感じです。

40km-42.195km:
2:32 (04'52/km) 167 185 110

最後は向かい風区間で締め。
時間見て、15分は切れそうなので余り落ちないように走りますが、落ちていましたね。

スタート1時間前のトイレだったこともありますが、真水の給水は体に取り込まれるより、どちらかと言うとトイレが近くなる感じで、いつものマラソンよりトイレに行きたいなと思いながら走りました。
その分、最後もゆっくり走る気にならずに良かったかな。

でゴール。ゴールテープを切らせてくれました。
トータルでは平均心拍 154bpm ピッチ186spm ストライド117cmとやはり高めでストライドが短め。

ゴールして完走証を貰ったら、きりさんが座って休んでいました。ポカリとりんご、バナナを貰い一緒に陣地に向かっていると、ブログを読ませてもらっている、パパランナーさんとキョウセイさんに出会い、パパランナーさんにはじめましてのご挨拶。
流石、福岡国際ランナー、喜多は練習で走られていたのですが速かったです。しばしレースの感想などをお話して陣地に戻りました。

着替え終わって少しうろうろしていたら、ジョグノートお友達の、こうさんにお会いして初めまして。
プロフィール写真はお子さんとのことですが、こうさん自身は、背が高くてランナー体型で格好良い人でした。
その内、サブ3ペース走とか練習しましょうねなどお話しました。

今回は、初めてお会いするランナーさんも多くて良かったです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

喜多マラソン、フルを走るには暑い時期ですが、この時期に練習でなかなか出来ないような距離と速さなので、秋に向けては良いトレーニングになりますね。

ちなみに、陣地に集まったフルマラソン出場者、全員がサブ4以上というレベルの高さ。
あの喜多マラソンで
喜多なのに、ファンランが居ない。
凄いよ。

テーマ : ランニング
ジャンル : スポーツ

喜多マラソン:レース以外編

喜多マラソンを走って来ました。

一応、フルマラソンなので2度に分けて記載。

まず、ベールに包まれた<-大袈裟、「1人用リック」から。
1-R.jpg
重さは計っていませんが、おそらく300gも無いような超軽量のミニ・バックパックでした。色は青と黄色が選べました。昨年までの黒いエコバックから比べると、まあ、あのエコバックも味が有ると言えば有りましたが、格段の進化。 

今年の参加賞が予想外に良かったので、それを見られたスベオトさん改め、masaさんは、「今年は給水にスポドリが出るかも」と言っていましたが、確りオール水でした。でも、バナナが補給食で出ていました。
凄いぞ喜多マラソン、進化しています。

ちなみに、昨年までのエコバックをご存知ない方に紹介。今まで2度出ていたので2つ持っています。
ECOB.jpg
黒地のエコバックに白く大きな文字で東京喜多マラソンと入っているので使う場合、裏を向けないとちょっと目立ちます。それに引き替え、今年の1人用リックは、上部に小さい白い文字で印刷されているので目立たないですし、ワッペンなどを貼ればもう、オリジナルの1人用リック。

ペラペラの生地ですが、ベルトは上下で締められ、試したわけじゃないですが、揺れにくい感じです。下のベルトは前に来る側にチャック付きのポーチが左右あり、使い易そう。
1-R-B.jpg
裏はメッシュになっているので蒸れは少しましかな。真ん中もメッシュでタオルとか入れちゃうとメッシュを通し、汗が染み込むからタオルとかはビニールに入れないと駄目かも。

背中は2室で上がメイン。下は小物入れかと思っていじっていたら。
1-R-withP.jpg
メッシュの袋と口を絞れる紐が付いており、ペットボトルを入れられるのでした。
どの程度揺れないかは分りませんが、真っ直ぐ真ん中に立てるのでメインにタオルとか入れたらより安定するかも。ペットボトルを入れない場合は、携帯やスマフォ、お財布を入れても良いしね。なかなか良く出来ているじゃないですか。

ちょっとしたロング走の時に良いかな。着替え一式は入らない気がしますけど。
1人用リックのレポでした。

今年、惜しくも参加されず一人用リックをゲット出来なかったランナーさんも来年も1人用リックかもしれないので諦めずにゲットしましょう。来年は更に進化して、二人用リックになっているかもしれません。

さて、今日の喜多マラソン。
喜多マラソンの呼びかけをしていた関係もあり、陣地取りの案内をしました。強い日差しや雨を防げる場所は、橋の下しか無く、川側は大会本部と駐車スペースで土手側だけ。貴重な一等地なので本当に確保できるのか。

今まで陣地を取ってくれていた、さぶろうさんやるーぷさんから情報を入手。6時半に行けば取れそう。始発で行くしかない。しかし高崎線の始発は遠くから来ることから最寄駅は5:38と遅い。それでも王子駅には6:15に到着。

ダッシュでタクシー乗り場へ。会場の江北橋までタクシーで行きました。いや、速い速い。歩くと3kmほどなので30分は掛かっちゃうのですが無事6時半前に到着。

陣地は空いているか?

ガラガラでした。
昨日止まっていたトラックも消えており、コース際の2mほどの平地にシートを広げました。
いやー、早く来た甲斐が有ったなと安心していると、大会本部の会長さんが来て、坂の所は良いけど、地面の所は車が来るので敷かないでねとのこと。

えー折角、来たのに。
たのくる「去年は良かったですよね。」
会長さん「去年と今年は違っててね。国土交通省とか色々あるんだよ」
たのくる「いつからだと良いですか?」
会長さん「大会が始まったら良いけど」

と言うことで、一旦、平地に敷いたシートを斜面に引き上げる。実際にその後、荷物預かり用シートを積んだトラックが止まったりして、平地は暫く使えませんでした。大会の時間が徐々に近づいてそろそろ、トラックも引き上げそうな頃に平地にシートを敷き直して無事、陣地確保。

流石に6時半に来たので、会場受付の始まる8時まで思いっ切り暇。最初に訪れてくれたのは、masaさんでした。
普段走っているコースなので大会には出ず、大会前にランと応援で来てくれました。
次が、るーぷさん。るーぷさんも喜多は走らず応援に徹するそうです。
まあ、正しい選択かと。

その後は、たのくるブログを見ていますよという方、それから最近ブログを始められた、マラソンバカと呼ばれてのゆうさん。大阪だと「マラソンアホと呼ばれて」となるのかな。ブログタイトルとは全く違う印象ですけど。

俺は俺の道を行く! サブ3を目指してのたけしさん。

最近、コメントを頂いているキョウセイさん、K.Tさんと続々と来て頂きました。
喜多マラソン大好き、きりさんも到着。
華さん、ponkoさん、てーいさんとお馴染み美ジョガートリオも到着。
一気に賑やかになりました。

ちゃららさんが来ないね。ブログでDNS宣言が出ていました。実は、6月からブログを再起動した怪盗紳士や9000さんも密かに登場するかと期待していたのですが、喜多で再始動も確かに何ですね。
またどこかの大会でお会いしましょう。

えーと、漏れていないと思うけど、大勢だったので盛れていたらごめんなさい。

何となくガチの大会とは違い、トイレも一時間前に行った切りで適当な準備をしてまあ、レースの時間が近づいて来ました。

一応、今までの様式というかスタイルで、今日は始発で早起きだったので、始発に乗る前にローソンの鮭ハラミお握り一つ。会場到着後、7時ぐらいにカステラ1パックと野菜ジュース。8時半にaminoVITAL パーフェクトエネルギーとaminoVALUEコンク。aminoVITAL3000mgを摂取。
昨日の夜は1本だけどOS-1も摂取して保水して置きました。

今日の補給食はHONEY STINGER 3本と塩熱サプリを6錠。ペットボトルは持たず、給水の水のみで行く方針。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

レースが始まる前は、曇り空で橋の下なので風も涼しく、喜多マラソンらしくなく、コースレコード続出じゃないかと、るーぷさんと話していたのですが、

そこは、喜多マラソン。走るころには、晴れ上がっていました。

アフターは有志7名で、徒歩で王子駅まで歩きガストでお食事。フルマラソンを走って駅まで3km歩いたけど、暴食は控えてダイエットデーに。と言ってもミックスグリルなので1000kcalは越えているけど。
ストイックに飲み物はお水にしておいた。


レース編へ続く。

テーマ : ランニング
ジャンル : スポーツ

プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
訪問者数