ナイキズームストリーク所感

散々迷った挙句にネットで購入したナイキ ズームストリークの黒。
ウォーキング用として履き始めました。

時々ジョグで走行←ポケモンgoで急いで移動する時←そっちかい

急いでとは言うものの本当にジョグレベルでキロ5分を切って走行していません。
レースシューズとしての所感を書けるレベルでは有りませんが数日履いてみた所感を少し。

再掲の写真

アウトソールの足裏は、昨日のスピードライバルと似ているのですが、前足部と踵部分のラグ(足裏のポチポチ)が同じ素材で繋がっています。
但し土踏まず部分が途切れていてセパレートタイプのようなバネ板が挟まっています。
もっともターサージールやアディゼロのような完全なセパレートソールと中足部のバネ板では無くて、感覚的にはフラットソールに近く感じます。

ラグはターサーや匠のような小さいポチポチでは無くてトレランシューズのようなゴツゴツした大きな物です。
接地面も大きいのでターサーのようなカツカツ音はしません。
スピードライバルの方が小さいラグです。

それよりもズームストリークの特徴としてアッパー素材が薄い事。
シュータン(靴紐の下のベロ←タンだからそのままだけど)がペラペラに薄くて、昨日もちょっと書きましたが、履く時に靴べらが欲しいです。

ちゃんと履かないとシュータンを折って履いてしまい履いてからごわごわします。

アッパー素材はメッシュ仕様で黒のシューズですけど、派手な色のソックスを履いているとその色がメッシュから透けて見えます。
通勤用ならソックスも黒が良いです。←誰も気にしないと思いますけどね
その分、通気性は抜群←冬は寒いか

軽く走った感じだと、軽いけどアウトソールが確りしていて割りと硬く感じます。
ターサーのカツカツ感は無いと書きましたが、優しい接地感も無いので微妙←あまり良い意味で無く

これならスピードライバルの方がグリップも効いて良いかなと思います。
もっともスピードを上げて走っていないのでキロ4ぐらいで走るとどんな感じか分かりません←走ってから書けよ(笑)

ネタ的に引っ張ったとして速く走った時の所感はまた後日にでも。

コスパはスピードライバルの方が良いですかね。
ただ通勤ジョグでも使える真っ黒なシューズなのでその価値は有ります。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ナイキスピードライバル6を履いてみて

ブログなんで本当言うと日大アメフトの事を思いっ切り書きたいのですが、マラソンブログなので止めておきます。
一言だけ書くと日大の組織としての対応は、なっていないと思います。←個人の感想

マラソンブログに戻ると
珍しく火曜日にジョグしたのは、肩凝り解消が主目的でした。
何か行う時に目的が複数有ると効率が良いのでいつも何かやる時は複数持てるようには考えて行動しています。
とは言え1つの目的しか無い事も多い(笑)

複数目的が有る行動を例に上げるとポケモンgo。←笑
ダイエット目的も兼ねています←嘘付け

火曜日のジョグでは前日買ったナイキ スピードライバル6の試走も兼ねていました。

スピードライバル再掲


通販で買ったズームストリークはウォーキングの方で使い始めました。
シュータン(シューレースの下のベロの部分)がペラペラに薄く履き辛いです。

スピードライバルは25cmで179g。
十分軽いシューズですがターサーよりは少し重い。
個人的には200gを切って入れば軽く感じます。
シュータンは厚みが有り、履き易い。

アウトソールはレース系シューズのようにグリップが効くラグ(足裏のポチポチ)。
履いて走り出すとアディゼロのような少しクッション性の有る着地衝撃を小さくするふんわり感が有りました。

アウトソールは一応セパレートソールの範囲かも知れませんが、走った感触はフラットソールに近いです。
ヒール部分の厚みがある程度有るので、ターサーに慣れているとフォアフット着地はちょっと意識する必要を感じました。

ターサージールは走る時に前足部だけでカツカツ走る感じ(笑)。
その分、脚の動きが地面にそのまま伝わりエネルギーロスが無い。

スピードライバルはアディゼロとターサーの中間、若干ターサー寄りの接地に感じました←勿論、個人の所感です

私的には、セット練習2日目のEペース走に丁度良い感じ。
サブ3ペースも問題無く出せると思います←出してから書けよ(笑)

履いた感じでは、ヒールカウンター(踵を包む部分)が少し浅いかと思いましたが走っている間に忘れました。
シューズにアキレス腱が当たって気になると言うランナーさんには、逆に良いかも←試着してね

足幅はナイキとしては有る方で他のシューズより余裕が有るように思いました。
ナイキのアッパー素材はどのシューズもほぼ柔らかいので、実際には変わらないのかも知れません。

小反母趾(小指側膨れている)なのであまり細めのシューズはきついんですけど、ナイキは素材が柔らかいので大丈夫です。
ナイキフリーラン3はあまり横に伸び無いので私的にはきついです。

スピードライバルはジュエンの会員割引で税込み4302円と安く、コスパの良いシューズだと思います。

これも個人の所感ですけど、サブ3からサブ3.5ぐらいのランナーがマラソンレース用として十分使えると思いました。←安いのが良いよね

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

三度ジュエンに行く

会員割引セールが始まって、3度目ですが、スポーツジュエンに行って来ました←どれだけジュエンが好きやねん

と言っても過去2回は買わずに帰った経緯が有り、3度目の今日は買う気、満々←いつもだけどね

初回はナイキ スピードライバル6の黒色25.0cmが無くて断念。
ナイキズームストリークの黒も良いなと思いつつ、スピードライバルの値段と比べて高いなと買わずに帰りました。

2度目は、金に糸目を付けず(9000円まで)←黙れ
黒のズームストリークを探すも25cmが無くて断念。
結局、楽天市場で家族の楽天ポイントまで使って2200円で購入←大半はたのくるが貯めたポイント

じゃあもう必要ないでしょなんですが、実家に置いて置くシューズが有ったら良いなと思いジュエンを三度訪問となった訳です←理由は通っていないけど(笑)

実家へはウォーキングシューズも兼ねて、ナイキルナテンポ2を履いて行ったのですが、公園の林不整地を走る時に落ち葉の上などで若干滑る感じが有りました。
ルナテンポはあまりグリップが強く無いのです。
土の上での流しはグリップが無いシューズの方が効果的なので良いのですけどね。
傾斜の有る不整地などはちょっと不安定さを感じました。

25cmのナイキスピードライバルなら色は問わずに買う積りで訪問。
箱に入っている中から25cmのサイズを探すとそれほど無くて1点見つけ開けてみると。

黒のスピードライバル6が、こんにちは。
えぇ、今まで何処に隠れていたの?
あっさりと黒のスピードライバルをGET←3度目の訪問だけど
5300円のところを会員2割引で税込み4302円でした。



ソールのグリップも効きそうな感じです。
ズームストリークより作りが頑丈そうで、重さを測ると25.0cmで179g←たのくる家計量器調べ

実家に置くシューズとしては、十分でしょう。
自宅にももう一足有っても良いかな(笑)
4度目のジュエン訪問か←無い無い

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

ナイキズームストリーク6は軽かった

スポーツジュエンに行ってサイズが無くて買えなかったナイキ ズームストリーク6の黒。
ネットで注文していましたが翌日到着していました←速すぎ

一応、買うサイズは色違いで確認はしていました。
ナイキズームストリークはユニセックスモデルで足幅は狭いかなと思って履いてみたらそうでも無くて幅はピッタリ←緩いと靴擦れする

箱から取り出してみると予想以上に軽くて、測ってみると、25.0cmで162g←たのくる家計量器調べ



アウトソールがトレランシューズのようにゴツイのでもう少し重いと思っていました←調べとけよ

アッパー部分がメッシュ仕様でかなりペラペラなので軽いのだと思います。
耐久力性は分かりませんけど、私の用途はウォーキング用なのでかなり保つでしょうか。←シューズ自体はレース用ランニングシューズ

勿論、ランナーなのでこのシューズで走る事も有ると思います。
ポケモンgoでレイドバトルが始まりそうなジムまでダッシュとか←そっちかい

場合に寄っては500m先のジムまでキロ4分半ぐらいで走りますからね←ジーパンで

そう言えば、その距離は月間走行距離にカウントしてなかったですね←コソ練習じゃ有りませんからね(笑)
練習後の上尾運動公園でのポケモンgoジョグもノーカウントでした。

今回、黒のズームストリークに拘ったのは、今愛用しているウォーキング用シューズのアウトソールがツルツルで雨の日に滑るから買ったようなものです。
楽天ポイントを使ったので2200円で済みましたが実際には7700円。

アマゾンでアウトソールのグリップが効きそうな黒のランニングシューズを探すと有名メーカーじゃなければ意外と色々有りますね。
2000円ぐらいだと履き潰しても良いので気軽に履けて良いのですけどね。←何か買っておくかな

まあ、そこはナイキなんでいざ速く走るとなったらズームストリークは威力を発揮してくれるでしょう←レイドバトルに間に合う←そっちかい

走った使用感などはまた後日。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

ターサージール4と5を比較する

先日の30km走で、大阪マラソンに使用する予定のターサージール5を履いてみました。
それまでの30km走では、ターサージール4を履いて走っています。
どちらもノーマルタイプの25.0cm。

ジール5の方は、30km走の記事で書いたように、10kmだけ試走して、いきなり古河はなももで実戦投入、親指が血腫に。

家からジョグで走りだしてみると、何となく踵部分のフィット感が緩い感じがして、一旦止まって、シューレースを締め直し。
踵のフィット感は特に気にならなくなりました。

30km走を走っている時に足指部分に少し遊びと言うか余裕がある感じで、中で若干動いていたのか、中指が少し当たっていたようです。血腫までは行かず、色も変わらず。
足裏も母指球辺りが擦れた感じがしましたが、水ぶくれまでは行かず。
シューレースの締め方が悪かったかも知れません。

家に戻って、シューレースを緩めて最初から締め直しておきました。

シューレースの締め方やフィット感は良いのですが、何気に、ジール4とジール5のソールを比較して見ると、かなり違う事が分かりました。

クリックで拡大

左がジール4、右がジール5

前足部のソールに違いが有り、一言で言うとジール4の方が前足部の接地面が大きいです。

ざっくりで測ってみると(単位、cm)
つま先部分からの長さ。
ソール内側(親指側)、中側(中指辺り)、外側(小指側)の順

ターサージール5
内側12.5 中11 外15

ターサージール4
内側13.5 中13 外15

外側(小指側)の長さは同じですが、中側、内側がジール5は短い。

接地の走動作で見ると、フォアフットでも前足部全面がいきなり、ベチャッと接地するより、小指側がまず接地して一瞬遅れて親指側が着くランナーが多いかなと思います。

意識としてはフォアフットだと前足部全面を同時に接地している積りなのですが、TVのレースなど見ていても、小指側から接地しているように見えます。

その点で、ジール4とジール5は、小指側の長さ(面積)は同じで、次に接地して行く、中側、内側がジール5の方が面積として小さい。

あまり差は無いかも知れませんが、ジール4の方が着地衝撃は小さいかも知れません。
ジール5は中側が前に切れ込んで、また親指側も短いため、前足部接地面が小さい。
蹴り出す時には使わない部分であり、差は無いのかも知れません。

ジール3とジール4のソールは似ていますが、私のソールの擦り減り方を見てみると、小指側と指付け根部分が一番減っていて、土踏まずに近い前足部はあまり減って居らず、内側(親指側)はほとんど減っていませんでした。

ジール5で減らしたソール面はあまり使わない部分になりますね。
と言う事で前足部の接地面の違いは影響無しかなと思います。
ミッドフット着地だと少し違いが影響するかも知れません。

面積だけ見ると、測った通りですが、素材も違いがあるようです。
ジール4は、ソライト(Solyte)
ジール5は、フライトフォーム(Flyte foam)

後から開発されたFlytefoamの方が軽量でクッション性や耐久性が有るようです。

ジール4とジール5でどちらが良いと言う差は感じていませんが、ジール5も問題無しと判断しました←自分比で

ジール6がもっと進化しているかも知れませんね。
古河はなももは、ジール6かな←ジール5のストックどうするねん(笑)

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
訪問者数