FC2ブログ

エピック リアクトがやって来た

先日の厚底シューズの波に乗れ
が何故か、ブログ村マラソンの注目記事1位に。
特に注目されていない当ブログとしては珍しい(笑)。
それだけランナーの皆さんに取って、厚底シューズと聞くと耳がダンボなのかな←表現が古い?

何れにしても私自身がナイキの厚底シューズへ興味深々丸←古いってば

ナイキ エピック リアクト フライニット、16200円
で唸って手が出なかったところ、ナイキオンラインショップでクリアランスセール。
会員登録して送料無料の11340円。

シューズに払える限界値ギリギリでしたが←過去、超えた事有り←限界値じゃ無いじゃん(笑)

12000円は、あまり自分に色々言い訳せずに買える限界値か(笑)
ナイキの厚底シューズを試せるなら納得出来る範囲か。

変形性関節症の足裏を保護する上でも今後の重要なアイテムになるかも知れません。
普通にお値段手頃な入門用シューズを追加で買うかも知れません←まだ買うのか

買ってからアマゾンを見ていたら、ズームフライが9990円で売っていたのでもう一足かと思ったら、サイズが大きい物しか有りませんでした←内心、ほっとした(笑)

買ってから、より安い物を見つけると心の平安が保て無いので見ないようにしよう←大袈裟な

さて、到着したエピック リアクト フライニット。
500km走っても新品同様のクッションニング。
高反発なのに軽量で、頑丈なのに柔らかい。
と言う売りなのですが、ヴェイパーやズームフライのようなプレートは入っていないようです。
代りに着地を反発に変えるReactフォームで
足を前へ押し出すような感覚を得られるとの事←メーカーサイト



2色有る内の色の淡い方にしてみました。
家族に見せたら落ち着きが有って良いと好評。

重さを測ってみたら、24.5cmで187.5g。
ターサージールが25.0cmで160gぐらいなのでやはり少し重いか。
200gを切っているのでレース用としても使える重さです。
むしろクッション性が有ってこの重さは凄いかな。
ルナテンポ2と同じぐらいの重さか。

磨り減るのを防ぐためか、つま先と踵部分に白いプレートが貼り付けて有ります。
このプレートのカバー範囲だと前足部の蹴り込む箇所や踵の前側はカバーしていないのでどういう減り方をするかな。

それ以外のアウトソールは触ると沈み込むような柔らかさ。

軽さを実現している1つに、
「シュータンとアッパーを一体化したブーティースタイル構造を採用し、従来のシュータンにみられた足の甲への圧迫感がなくなっています。」←メーカーサイト

足の甲をおおうシュータン(ベロ←まんまだけど)がシューズのアッパー部分と一体化されています。

この作りは個人的にはシューズが履き難くてあまり好きでは無いです。
履いた後は関係ないですけどね。

到着して写真と重さを測り、履き心地を試しただけなので、走ってみた感じやフィット感、謳っている反発性とクッション性がどうなのか興味深々丸←古いってば

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

厚底シューズの波に乗れ

ナイキが開発し、ランニング界に革命をもたらした厚底ランニングシューズ←大袈裟か

ヴェイパーフライニット4%は、28080円。
ズームフライニット、17280円。
ナイキ ズーム ペガサス ターボ、19440円。
ナイキズームフライ、16200円
ナイキ エピック リアクト フライニット、16200円

ウ~ン、高い。

ヴェイパーフライニット4%だと、
型落ちのターサージールなら3足買ってお釣りが来る。
同じナイキのスピードライバルなら、5足買ってお釣りが来る(笑)。

拇指球痛からシューズの見直し、特に日曜日に走るシューズを何に変えるか?

今、手持ちの1番クッションが有るシューズは、ナイキのルナテンポ2。 
軽いしそれなりにクッション性も有ります。

変形性関節症の足裏を保護するならもっと厚底シューズでも良いんじゃないか。
ランニング初心者が履くようなシューズでも良いかな。
型落ちなら安いだろう。

初心に帰って、アシックスのニューヨーク。
ニューヨークは流石にオーバープロネーション向きなので合わないかも。

ミズノのウェーブライダーはランニングを始めた頃に履いていたシューズでその当時はかなり重いシューズでした。280gぐらい?
今はクッション性と軽さを兼ね備えたシューズになっています。

と言う事で厚底シューズを探しに御徒町のジュエンへ。
箱が山積みになっているスピードライバルが5000円で安い。

棚に飾ってある値段の高いシューズを見ると、ナイキのズームフライが店頭価格16000円。
通常会員割引で消費税込みでその値段ぐらいか。

レース用ならヴェイパーが欲しいところですが、日曜日のEぺース走用なら普通のズームフライでも良いかな←高いと言いながら惹かれている(笑)

ヴェイパーは軽いけど、ズームフライはそれなりに重いと聞いているので、出来るだけ軽さを求めるならサイズを1つ小さくしてみて履けるか?

いつもは25cmを履いていますが、24.5cmが有るかジュエンの店員さんに聞いて見たところ、ズームフライはもう白しか無いが24.5cmは有り、持って来てくれました。

実際の足のサイズは、23.0cmなので、24.5cmでも余裕で履けるはずなんです。
逆に24.5cmはメンズとしては数が無くていつもは25cmを買っていました。←たのくる秘話←秘話かよ(笑)

試し履きしながら、店員さんと会話。

たのくる「これもプレートは入っているんですよね?」

店員さん「カーボンプレートなのはヴェイパーだけです」

たのくる「ヴェイパーは人気で品薄なんですか?」

店員さん「ヴェイパーはナイキのオンラインショップでしか売っていません」

店員さん「履いてすぐ結果が出るシューズじゃ有りませんよ。」

たのくる「慣れるのに時間が掛りますかね?」

店員さん「大迫選手や設楽選手が履いて結果を出しているけど、彼らは1年掛けて履き慣らした。」

たのくる「慣れると自然と脚が出るんですか?」

店員さん「自然と前傾になるので、下り坂のような状態。それなりに脚にも来るけど」

たのくる「なるほど。多分、着地自体はフォアフット気味のフラット着地なのであまり違和感が無い気がします」

店員さん「(厚底なので)脚が長く見えます。(笑)」←それは良い(笑)

なんて言う会話をして、礼を言って買わずに帰りました←何んだ

やはり16000円は高い。上手くしたら型落ちのターサージールが2足買える。
ターサージャパンでもお釣りが来る。

ズームフライとヴェイパーのプレートの違いを調べるためにナイキオンラインショップにアクセスして見てみたら

ズームフライの記述。
「Nike史上最も効率性に優れたマラソンシューズ、ヴェイパーフライ 4%をヒントに、カーボン混ナイロンプレートを採用したナイキ ズーム フライ メンズ ランニングシューズ」

純粋なカーボンプレートじゃ無くてナイロンも混ぜたプレートなのかな。
ヴェイパーもズームフライも耐久性は乏しく、すぐすり減ると聞くしなあ。

他のラインナップを見ていると
エピック リアクト フライニットは500km走っても新品同様のクッションニング。
高反発なのに軽量で、頑丈なのに柔らかい。

まあランニングシューズのメーカーサイトは良い事しか書いていませんよね。

クリアランスセールをやっており、ズームフライとエピック リアクトは、11340円。

1万円超えは高いけど、ターサージャパン並みの値段。
ヴェイパーはレース用で高くて耐久性も無くてとても買えないけど、厚底シューズに先ずは慣れるために耐久性が有ると書いてあるエピックリアクト、買っておくか(笑)

11340円は(高いけど)安いので、本当に正式ナイキのオンラインショップだったのか?
偽サイトでまんまと騙されたのか?

暫くドキドキしながら待つ事にします(笑)。
厚底シューズの波に乗れたか(笑)

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

ターサージール6を見に行く

見に行くと書いた時点で買わなかった事がバレバレ(笑)。
じゃあ何故見に行ったかと言うと、もしかしたら買うかもと思ったからです。←買う気は有った

足首、足裏の調子が悪いと言いますか故障気味で、その分、足裏は敏感です。←怪我の功名?
故障しないに越したことは有りません。

普段の練習ではターサージール4と、かなりすり減って来たジール3を履いています。
ジール4は閾値走やサブ3ペースの30km走など、普段のガチ練習用。

ジール3は翌日のEペース走などで使っています。

ガチガチのガチな←くどい、練習の時は例えば、先日のキロ4分30km走などでは温存しているターサージール5を履きます。

フルマラソンレース用にはこのジール5とは別に更に温存してあるレース用ジール5を使います←何足有るのか←ジール5は2足

レース用で使っていたシューズはその内に練習用に回ると言うパターンです。
これは皆さんも同じようなローテーションですよね。←もっとどんどん買います?

話が逸れましたが、ガチ練習でジール5を履いた時に、ジール4と違って前足部だけの着地感が強いと言うか接地面積が前足部に限られた感じがしました。←個人の感想です

足裏が痛みに敏感だったと言うのも有りますけど、ジール4とは少し違う接地感覚。

大坂マラソンでは道路が荒く足裏が痛かったと書きましたがこの時はジール5でした。

その後で古河はなももマラソンもジール5で走りました。
足裏の痛みは大坂よりは出なかったもののそれなりに感じていました。 
鍛え方が足りないのは有ります。

ジール4の時は足裏の痛みが出てもレースの終盤で、終盤だと痛みが出たとしても他の苦しさの方が勝ってあまり感じませんでした(笑)。

家に戻ってジール5とジール4をひっくり返してアウトソールを見ると←めんどっちいので写真撮らず

グリップが効くラグ(裏のポチポチ)の配置が違いました。

ジール5は小指側が土踏まず部分まで伸びジール4より長め。
逆に親指側はジール4の方が土踏まず部分まで伸びています。

接地面積として同じかも知れませんが着地動作を考えるとジール5の方が大半のランナーには、実際的かも知れません。

フォアフットにせよミッドフットにせよ、接地はまず小指側から始まり拇指球側に倒れて蹴り出すので小指側が手厚い方が実際的かと。

では私の着地はどうなのかと言うと詳しく調べた訳では無くて正確なところは判らないです。

実際には小指側から接地して拇指球側に着くとは思いますが、感覚的には小指側と拇指球側が同時に前足部全体から土踏まず部分、そして踵と言う順番のように思っています。

ジール5の場合、拇指球側のラグが少ないので前足部に掛かる衝撃がジール4より感じられる気がします。
裏返して見る前に思った感覚です。

自分の着地だとジール4の方が着地衝撃を拇指球側でも受け止めて散らせるかもと思いました。

まあ、それでジール6はどうなったか見に行った訳です(笑)。
行く前にジール5の改修は理に適っているからジール6で変える事は無いかもねと思っていました。
ジール4のソールに戻っていたら買う積りでした。

実際に裏返して見たらジール5と同じラグの配置でした。

ついでに他のシューズはどうかなとターサージャパンを見たら、ジール4と同じ配置。
拇指球側が土踏まず部分まで少し長く、小指側は短め。
拇指球側と小指側が均等に近い配置。

ターサージャパンはレガシーなシューズで大きなデザインチェンジは行っていませんが、元々今のデザインに至って完成度が高い。
土踏まず部の通気孔もじゃぶじゃぶの水溜りを走る時はシューズ内の水抜けも良い。

確り作られている分、ジールより重さは有るでしょうか。
12000円で売っていたので、通常会員割引で税込みそれぐらい。
ジール6の新色は高くて13000円。
ジール6の旧色は9000円でした。

ターサージャパンを買おうかと思ったけど、少し重いので止めておきました。
どうしても足裏が痛かったら考えます。

ついでにナイキのコーナーを見ると、VIPER4%は売って居らず、ズームフライが16000円だったかな。
ふーんと思って手に取る。←実は興味深々

ナイキを買いましたと言う落ちは無くて、何も買わずに帰りました。

一度皇居のランステで試し履きさせてもらおうかな。

ジール5のアウトソールに合う着地をしたらどうなるか?
そもそも前足部全体で着地しているかも怪しいですけどね。

着地を意識して変更したのは初心者の時にヒールストライクからミッドフットに変えた時だけ。

今はややフォアフット気味のミッドフットだと思いますが意識して変えた訳では有りません。

変更すると着地衝撃を受ける具合が変わるのでちょっと危ない気がします。

ナイキのスピードライバルが山積みで安定の5300円、通常会員で5000円弱。
安いシューズは良いよね。
VIPER4%を8000円で売っていたら買うんだけどな←すぐ売り切れでしょ

落ちの無い、シューズの話題でした。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


バイパーフライ4%はそんなに凄いのか

マラソン完走クラブhomeページ
の練習会には何度か参加した事が有ります。
主催者の中田さんをはじめ、コーチ陣は凄い走力のランナー(サブ20とかサブ30とか)。
ホームページに検証も交えた技術解説も掲載されています。

その中で今、話題のナイキ、バイパーフライ4%のエントリーも有りました。
マラソン完走クラブのバイパーフライ4%のエントリー

長いエントリーじゃ無いので読んで貰うのが良いです。

以下、私の考察は思っただけの内容です。

エントリー中、特に注目したのはバイパーフライ(以下、バイパーと略)の固いプレートにエネルギーが貯め込まれ、離地に推進力に変換されると言う点。
自分の力とプレートの反発エネルギーで脚の返しが速く、楽になる事。

ナイキのバイパーページを見ると、「カーボンファイバープレートが、足を前に押し出す感覚を提供。」と書いて有りました。

それで思ったのは、今のランニングシューズには、バイパーほどでは無いにしてもプレートは入っており、プレートにエネルギーを貯める事で前へ進むエネルギーを得ているだろうなと言う事です。

特に前足部と踵を分けたセパレートソールのシューズ、アシックスのターサージールとかもプレートが入っていますね。

プレートへのエネルギーの貯め方ですけど、プレートを曲げる訳で←当たり前
曲げる時にエネルギーが要ります←当たり前
ではどうやってプレートを曲げるのが良いのか?

ランニング動作でどのランナーも上下動は有り、空中に浮く時間も有る←当たり前

足が地面から離れ無いと競歩ですね。
空中に浮いている間はプレートを曲げられ無い。←当たり前←うざいよ

接地してから離地するまでの間にプレートを曲げる事になりますよね。

脚の筋力を使ってプレートを曲げると脚を使います。離地する時にプレートのエネルギーを開放してプラスに変えても貯める時にエネルギーを使うとプラマイゼロ。

地面を押して貯めるのも有りなんでしょうけど、ランニングは落下と飛翔の繰り返し。
落下エネルギーをプレートの曲げに使えれば、脚の筋力を使わずプレートを曲げる事が出来る。
プレートへ貯める(曲げる)事で着地衝撃も緩和出来るのかなと思いました。

実際の動きはどうだか正確に判りませんけど、接地から離地までの動きで、落下エネルギーがプレートへのエネルギーの溜め込みになって、離地時にプレートからエネルギーが開放されて推進力をアシストと言う動きが良いのかなと思いました。

パイパーは高くて買えませんけど、持っているターサージールのプレートも上手く活用して走ろうかと思いました。

オータムジャンボが当たったら、パイパーフライニットを練習用とレース用で買えますかね(笑)

その前にランステでバイパーを借りてその推進力を実感してみたいです。
走りをバイパーの性能に合わせられ無くても凹むし、実感したらしたでバイパーが欲しくなるから、知らぬが仏かな。

バイパーを持っている方は推進力を感じて居られるでしょうかね。

想像していないで買うか←買わんけど

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

ナイキズームストリーク所感

散々迷った挙句にネットで購入したナイキ ズームストリークの黒。
ウォーキング用として履き始めました。

時々ジョグで走行←ポケモンgoで急いで移動する時←そっちかい

急いでとは言うものの本当にジョグレベルでキロ5分を切って走行していません。
レースシューズとしての所感を書けるレベルでは有りませんが数日履いてみた所感を少し。

再掲の写真

アウトソールの足裏は、昨日のスピードライバルと似ているのですが、前足部と踵部分のラグ(足裏のポチポチ)が同じ素材で繋がっています。
但し土踏まず部分が途切れていてセパレートタイプのようなバネ板が挟まっています。
もっともターサージールやアディゼロのような完全なセパレートソールと中足部のバネ板では無くて、感覚的にはフラットソールに近く感じます。

ラグはターサーや匠のような小さいポチポチでは無くてトレランシューズのようなゴツゴツした大きな物です。
接地面も大きいのでターサーのようなカツカツ音はしません。
スピードライバルの方が小さいラグです。

それよりもズームストリークの特徴としてアッパー素材が薄い事。
シュータン(靴紐の下のベロ←タンだからそのままだけど)がペラペラに薄くて、昨日もちょっと書きましたが、履く時に靴べらが欲しいです。

ちゃんと履かないとシュータンを折って履いてしまい履いてからごわごわします。

アッパー素材はメッシュ仕様で黒のシューズですけど、派手な色のソックスを履いているとその色がメッシュから透けて見えます。
通勤用ならソックスも黒が良いです。←誰も気にしないと思いますけどね
その分、通気性は抜群←冬は寒いか

軽く走った感じだと、軽いけどアウトソールが確りしていて割りと硬く感じます。
ターサーのカツカツ感は無いと書きましたが、優しい接地感も無いので微妙←あまり良い意味で無く

これならスピードライバルの方がグリップも効いて良いかなと思います。
もっともスピードを上げて走っていないのでキロ4ぐらいで走るとどんな感じか分かりません←走ってから書けよ(笑)

ネタ的に引っ張ったとして速く走った時の所感はまた後日にでも。

コスパはスピードライバルの方が良いですかね。
ただ通勤ジョグでも使える真っ黒なシューズなのでその価値は有ります。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
訪問者数