FC2ブログ

上尾シティマラソンの思い出レース編

十分練習していても、していなくてもレース当日はやって来ますよね。
時々さぼっていた週1練習ですが、上尾シティマラソンの当日も当然やって来ました。

何しろ10年前なので記憶も曖昧になっていますが思い出す限りで書いてみます。

初レースなので前日に下見を兼ねて上尾運動公園まで自転車で行き←走ると往復5km有る
前日受付をして会場を下見。←結構遠い←当時比

当日は初レースなのに夜明けまで雨。
レースが始まる前には止んでくれました。
変な天候で11月半ばと言うのにかなり蒸し暑い日でした。

自転車は置くスペースが無いと思い歩いて会場まで向いました。

勝手が分からないので小さなリュックに折畳み傘を入れて、ウェアは練習用に買ったジャージとトレーナーだったと思います。

当時荷物を放置して走ると言う考え方が無かったので傘を入れたリュックを背負ったままレースを走りました←いきなり帰宅ランかトレランかい(笑)

練習内容は書いて来た通りしょぼいんですが、レースの目標タイムは25分切り(05'00/km)←練習で一度も出していないペース

何を根拠にそんな強気だったのか分かりません(笑)。

上尾運動公園の陸上競技場内に入り、目標タイム毎のプラカードを見て並びました。
周りを見るとシューズはレース用ぽくて速そうだし、リュックを背負っている人は居なかった←当たり前

トレーナー来ている人も居なかったと思いますがウインドブレーカーを来ている人は居たと思います。
並んでみてちょっと厚着だったかなと思いました。
11月半ばですからね、あまり薄着だと風邪を引くし、そもそも調節出来るウインドブレーカーは持っていませんでした←スモールスタート

適度な緊張感と共にレーススタート。
最初は陸上競技場内を3/4周ほどして外へ。道路に出るまでかなり混み合っていました。
道路も混み合っていましたが、そこは目標ペースが05'00/kmなのでそれほど支障無し。

と言うか距離表示と時計を見比べると確か最初の1kmは渋滞だったのに5分少し。
今考えると出来杉君ですが、そこは不慣れな初心者。
更にペースアップをはかりました。

旧中山道を走り、上尾駅前を通過してかなり自宅に近づいた所が折り返し地点(2.5km)。

長いなと思って走っていました。当たり前ですね、往路分がいつもの練習距離ですから。
後半は前半のオーバーペースで失速。
オールスポーツの写真を初めて見ましたが、苦悶の表情と猫背になったおっさんが写っていました(笑)。

それでもゴール出来て、タイムは確か25'45(05'09/km)だったと思います。

目標タイムにも届かず、ほろ苦デビューでしたが今考えると練習の割にはまあ行けてる方かなと思います←自分で言うか

ジャージ、トレーナーにリュックを背負って蒸し暑い中でしたから。
と言うかもう少しウェア気にしろよと言うレースデビューでした。

それでも走り切った満足感も有り、ゆるゆると歩いて帰りました。
翌日以降、酷い筋肉痛に(笑)
それからもう10年経ったか。

このカテゴリーにレース当日の様子がもっと詳しく書いていました←自分で書いて忘れていた(笑)
トレーナーだと思っていましたが、長袖の綿のゴルフ用シャツとジャージを着て走ったのでした。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

上尾シティマラソンの思いで練習編

上尾シティマラソンにエントリーした余韻に浸り、再びランニングを始めた頃の思いでもを書いています←夏でネタ切れか←いつもだった

10年前の2008年夏に勢いで上尾シティマラソンの5kmの部にエントリー。

その以後の事はカテゴリーランニングを始めたころから

取り敢えず運動習慣の無かったところから、週1回のジョギングを始めました。
まずは形からと言う事で、ジャージを買いに行き、紺地に白いラインの入ったジャージを購入。
ランニングソックスは3足か4足で1000円の物を購入。
シューズもスニーカーとか持っていなかったので適当に値段で選び←当時3000円以上払う選択肢は無かった
ミズノの安い入門用ランニングシューズを買ったと思います。
名も覚えていませんけど、マキシマイザーとかそんな名前でクッション性の有るシューズでした←その分、重い

ジョギングは当時、子供が通っていた小学校を少し通り過ぎて大通りの信号を渡る前に折り返して往復2.5km。
最初は1kmほどの往復で2kmのジョギング←アップジョグかい(笑)

翌日は家の階段を降りるのも辛い筋肉痛に←今のフルマラソン翌日より辛い(笑)

レースも有るので1週間に1回はジョグする事にしていましたが、さぼる週も有り1週間1回なので1週間後には元の木阿弥のようで筋肉痛になっていました。

レースが近づくに連れてこれじゃ拙いかと思いもう少し距離を伸ばす事にして、google mapで片道1.5km往復3kmの距離を測定。
3kmジョグを敢行←大袈裟な
当時はそして今も変わりませんけど、レース距離の6割走っておけばレースは完走出来ると思っていました。
5kmなので3km、これで本番に臨みました。

相変わらず週1でのジョグは2.5kmでレース前に一度3km走ったのが最長でした。
距離は変わらないものの、キロ7分半ぐらいで始めたジョグのペースはキロ6分ぐらいにはなっていたと思います。

レース当日はまた次回にでも←無用に引っ張る

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

上尾シティマラソンの想いで

上尾シティマラソンに先日エントリーしたので上尾シティマラソンの想いでなどを語ってみたい。

上尾市は市制60年になるのですけど、上尾シティマラソンも次回で31回。
私が上尾シティマラソンにエントリーしたのは10年前の2008年夏の事←遠い目(笑)

その以後の事はカテゴリーランニングを始めたころから
に書いたのですが時間の古い順にブログに書くとカテゴリーの1番底に沈んでしまいます←どうでも良かったけど更新日付を入れ替えようかな

1996年に上尾市に引越ししたので、2008年には既に10年以上住んでいた事になります。
2008年まで上尾シティマラソンの存在を知らなかったです。
その時でも大会は既に20回も開催されていたのですけどね。

大会のコースは割と自宅近くの道路まで来るのですけど、レース当日に外に出ていないと気付かない。
当時、私はゲームおたくで家に籠っている事が多かった超インドア派←自慢じゃ無い

そんな2008年の夏、家族と散歩していると町内会の掲示板に上尾シティマラソンの参加者募集のポスターが貼って有りました。
上尾市市制50年と有り、それを見た家族がマラソンに出てみたらと言ったのがエントリーのきっかけ。
エントリーしたのは5km走。
当日は中学生向けの3km、市民向けの5km、10km、ハーフマラソンでした。
今は10km走が無くなっています。

運動履歴は書いて来ましたけど、中学生の時は陸上部長距離。
長距離と言っても中学生は最長でトラック3000m。←今なら短距離か
駅伝はもう少し長い程度。
記憶は定かでは有りませんが3000mを9分30秒ぐらいで走っていたと思います。

高校生の時は帰宅部。本ばかり読んでいた。
大学生の時は体育会ボクシング部。
社会人になってインドアのゲーマー←つまり運動不足←これは運動歴とは言わないか

2008年の夏に半分勢いで上尾シティマラソンにエントリーしたのですが、大会まで3ヵ月ほど。
運動していなかった49歳のおっさんが走れるのか?

50歳も近くなり、運動不足も体力の低下も成人病も気になっていた頃でも有ったので走ったら少しは健康に良いかなと思った事もエントリーした理由ですね。

今考えたら、いきなりエントリーしなくてもジョギングから始めただけでも健康には良かった気もします。

ただレースにエントリーすると走る動機になる事は確かでジョギングから始めました。

あ、まだ走ってねえじゃん。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

マラソンシーズン8

東日本日本大震災の後、フルマラソンを走るために練習を開始したのが、2011年4月。

当時はフォームの悪さ、練習方法の無知などから膝の故障が治りかけの頃でした。

時が経つのは早く、丸7年、言わばマラソン・シーズン8←まんまか

シーズン毎に辿った軌跡を振り返ってみたいと思います←大袈裟←半分以上自己満足と整理(笑)

シーズン、年齢、シーズンベスト、主な練習、所感など 記録はグロス(ネット)

2011年度 52歳
初フル 勝田マラソン2012年1月
3:16:56(3:14:53)
インターバル走、30km走、ハーフレース

10月からブログも開始。
当時はブログタイトル「週3日の練習でサブ4を目指す練習日誌」←懐かしい
フルマラソンまでの練習期間も長かったため、想定以上のタイムで走れました。

2012年度 53歳
3度目フル つくばマラソン2012年11月
2:56:07(2:56:04)
インターバル走、30km走、ハーフレース、
朝と夜の2部練

歳を考えたら、最初で最後のサブ3チャレンジの積りで1番練習したシーズン。←気持ち的に
初サブ3を達成

以降、ダニエルズさんのランニング・フォーミュラをベースに練習を組んでいます。

2013年度 54歳
大田原マラソン2013年11月
2:56:33(2:56:26)
閾値走、インターバル走(夏場)、30km走(シーズンイン)

2013年2月の青梅マラソンで足首を捻挫してから、アキレス腱炎が長期化。
シーズンの始まった2013年4月のかすみがうらマラソンで復帰も、3時間15分。
春から秋に掛けて練習し、大田原マラソンで、つくばマラソンの走力にほぼ戻す。

2014年度 55歳
つくばマラソン2014年11月
2:54:56(2:54:44)
閾値走(年中)、インターバル走(夏場)、30km走(シーズンイン)

このシーズンに初めてのサブ55達成←ギリ
55歳だったので、一応、初エージラン(笑)
夏場は早朝から頑張った。

2015年度 56歳
古河はなもも2016年3月
2:51:47(2:51:36)
閾値走、インターバル走(夏場、少なめ)、30km走キロ4サバイバル、土の上での流し

11月の神戸マラソンは気温も高く2時間58分。
年が明けた2016年1月より、きつめの30km走を何度か経験し、走力アップ。

2016年度 57歳
古河はなもも2017年3月
2:50:19(2:50:16)
閾値走、きつめの30km走、土の上での流し

9月に練習後の自宅風呂場で足を滑らせ転倒。足指を怪我し、1ヶ月近く走れず。
神戸マラソンでは後半失速でギリサブ3。
年明け2017年1月以降に気合いを入れて30km走。
サブ50まで残り20秒に迫る←迫い切れよ

2017年度 58歳
大阪マラソン2017年11月
2:49:02(2:48:56)
閾値走、30km走、土の上での流し

条件にも恵まれ、初サブ50を達成。
その後、ハーフでもプチ自己ベスト更新。
ただし年明けから不調、現在に至る(笑)

年間 走行距離と平均月間走行距離、平均ペース
2011年は3月から。
年間なので年度とはずれています。

2011年 1845km 184km (05'32/km)

2012年 2983km 249km (04'52/km)

2013年 2705km 225km (05'04/km)

2014年 3127km 261km (04'53/km)

2015年 3106km 259km (04'44/km)

2016年 2533km 211km (04'39/km)

2017年 2827km 236km (04'47/km)

2018年 0636km 212km (04'31/km)

年度の記録の伸びと短縮←とは言わないか

2011-2012 18分49秒
2012-2013 22秒遅くなる
2013-2014 1分42秒
2014-2015 3分8秒
2015-2016 1分20秒 
2016-2017 1分20秒

ついでにVDOTの推移(笑) 
右、前年度との差 VDOTの計算なのでネットタイム

2011 49.5 0.0 3:14:56
2012 54.9 5.4 2:56:04
2013 54.8 -0.1 2:56:26 
2014 55.4 0.8 2:54:44
2015 56.6 1.2 2:51:36
2016 57.2 0.6 2:50:16
2017 57.7 0.5 2:48:56

59歳となる2018年度がスタート。
今年度はどうなるかな。

皆さんも良いマラソンシーズンとなりますように←年賀状かよ
真面目にマラソンも含めて、良いシーズンにしたいですね

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

初サブ3までは我流でした その1

初サブ3までの練習内容は、この記事と同じカテゴリー、ランニングを始めた頃から
で1ヶ月単位で、まとめているのですが、ちょっと振り返ってみたくなったので書きます。←ネタ切れじゃ無いからね←本当か(笑)

初サブ3までと書いていますが、現在も我流と言えば我流のままなんですけどね。

ただ初サブ3後に、もっと本格的にマラソンの知識を得たくて、『ランニングフォーミュラ』と『アドバンスドマラソントレーニング』を参考に、練習するようになったのは、大きいですね。

初サブ3までは、ランニング雑誌で得る知識が中心で、系統だった知識でも無かったし、マラソンを速く走るための運動の原理原則も知らなかった。
20分間閾値走もランニングエコノミーも知りませんでした。
インターバル走は知っていましたが、それが本来、何を目的に行う練習なのかは知りませんでした。

サブ4を目指して記録志向のランナーとして練習を開始したのが、2011年4月。
初マラソンは、翌2012年1月の勝田マラソン。
十分な練習期間も有ったため、年末には、サブ3.5、出来たら3時間20分台前半で走れるかなと思っていました。←ただし不安で一杯(笑)

その頃の走力は、2011年11月の上尾シティマラソンで、1時間33分、12月の足立フレンドリーで、1時間31分。

2012年1月8日に谷真理ハーフは向い風で失速し、1時間35分。
しかし、翌日の30km走で04'44/km←若い!

まあ、走歴が浅いので、レース自体がポイント練習になって、走る度に記録が伸びる時期ですね。←既に52歳だったけど

その頃の練習を見ると、我流ながらも、今と同じように目標マラソンペースの30km走もやっています。
スピード練習としては、4kmか5kmのサブ3ペース走(04'15/km)も割りとやっていました。

今、振り返ると、このペースは、サブ3.15の閾値ペースぐらいですね。
知識は無かったものの、我流で考えた練習メニューは、速くなるための、それなりに有効なものだったようです。

結果的に勝田マラソンでは、ネットでサブ3.15。
スタート位置と混雑を考えると、もう少し良い位置でスタートしていたら、3時間12、13分ぐらいでしょうか。1桁は無理だったと思います。

予想以上に走れたなと言うのが率直な感想でした。
ただ、そこからサブ3は、まだまだ遠い先であり、そもそも初マラソン終了後にすぐにサブ3を狙う目標は持っていなかったです。

来シーズンの秋レースで狙おうかとは、ぼんやりと思っていましたが、まだまだ先かなとも、無理かなとも。
ただ、歳が歳だけに(53歳直前)、狙うなら早めだなと思っていました。

その前に2012年4月の長野マラソンで3時間1桁を狙うのが当面の目標でした。

2月の深谷ハーフ(公認)で、初めて90分切りの87分42秒。
ハーフの2倍+10分間ぐらいと思っていたので、長野マラソンでのサブ3は、全く考えていませんでした。

長野マラソンは、エントリー時にサブ4を目標タイムで申し込んでいたため、ゼッケンは、5000番台と後方スタート。

グロスタイム 3:11:06
前半ハーフ 1:38:01
後半ハーフ 1:33:05

ネットタイム:3:8:19
前半ハーフ 1:35:14
後半ハーフ 1:33:05
タイムロス 2分47秒

ネガティブスプリットと言う言葉を当時は知りませんでした。
結果としてネガティブスプリットになっていますが、前が混んでいて思うように進めなかっただけです。
それを考えると、後半ハーフの2倍ぐらいが、スタート位置に恵まれたなら、走れたタイムでしょうね。
と言う事で2012年4月時点で、フルマラソンを3時間6分~7分台が走力だったでしょうか。ペースは、04'24/km。

サブ3で走るには、これよりも10秒/km速く走る必要が有りました。

当時の私に取って、04'15/kmは、頑張って出す速さでした。←今でもそうだけど
勿論、練習で10km程度なら、多少頑張れば出せるし、ハーフマラソンまでなら、出せる速さでは有りました。←オールアウトだけど
ただ、42kmはとても保たないだろうと思っていました。

04'15/kmを走る時の、このスピード感、力の出し方感覚は、サブ3を狙っている3時間1桁のランナーさんの何人かには共感して貰える気がします。

1シーズンで10秒/km速くなれるか?
結果の判っている後半へ続く(笑)

どんな練習をしたのか気になって仕方無い方は、このカテゴリーを見て下さい(笑)

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
訪問者数