オレのターサー歴

オレのと偉そうに←偉そうでも無いか(笑)
書いたのは、何しろターサーシリーズ、歴史が有るので、自分が使った範囲でしか話を書けないからです。

ターサー歴としましたが、実際にはフルマラソンのシューズ歴かな。
記憶違いも有るかも知れませんが覚えている範囲で書きます。

2012年01月 勝田マラソン(初マラソン)
ミズノ ウェーブエアロ10
クッション性の有るインソールに入替えて使いました。
ウェーブエアロは25cmで230gぐらい。
インソールを入替えての重さだったかも知れません。

足型が合えば、サブ3.5狙いのランナーさんなどにおすすめです。サブ3.15までこれで行けますと言うか、行きました。

2012年04月 長野マラソン
アディダス アディゼロジャパンwide
これもインソールを入替えて使いました。

2012年11月 つくばマラソン(初サブ3)
アディダス アディゼロジャパン2
インソールはオリジナルのまま使いました。

ぱっきーさんに初めてお会いした時に、スターに有ったファンみたいなもので、あれこれと質問。
その中で、インソールは使っていますか?とお聞きしました。
確か、使っていないと仰ったと記憶しています。

長野マラソンではまだびびってインソール入替えでしたが、つくばでオリジナルインソールのまま走りました。
アディゼロジャパン2は25cmで200gぐらいでしたかね。
これ以降、インスソールはシューズオリジナルのまま使っています。

初サブ3を記念して、ターサージール初代、30th限定モデルが出ていたので購入。
赤で格好良いです。

結局、このターサージールでフルマラソンを走る事は無かったです。ハーフとかスピード練習で使っている間に磨り減って来たので、キレイに洗ってジム用に。
今もジムで使っています。トレミだとゴム同士なので、流石に増える事は有りませんけど、磨り減らないですね(笑)。

2013年01月 勝田マラソン
アディゼロジャパン2

2013年04月 かすみがうらマラソン
ターサーゲール3
アキレス腱の故障明けレース

ターサーシリーズで初めてのフルマラソン。
ゲール3は、名シューズだと思います。
雨のレースで水溜りに踏み込む事もしばしばでした。ゲール3の排水性が抜群で走っている間にシューズ内の水が抜けて快適に走れました。
この点で、アディゼロジャパンやターサージールより優れていると思います。

2013年11月 大田原マラソン
2014年02月 別府大分マラソン
2014年04月 かすみがうらマラソン
2014年11月 つくばマラソン
2015年02月 京都マラソン

ここまでターサーゲール3で走ったと思います。レース専用で使っていましたが、流石にこれだけ使っていると磨り減って来るので、京都マラソンを引退レースに。
愛着が有るので仕舞っています。

この間に練習用として、ターサージールTS2をさいたまハーフマラソンの応援に行った際に、ジュエンの出店で衝動買い。
確か、8000円で購入。 
練習で使っていましたが、TSなので、ソールの減りは少ないものの、ヒールカップ辺りがほつれて来たのでそろそろ引退です。

2015年03月 板橋シティマラソン
2015年04月 かすみがうらマラソン
ターサージール3

この2戦は引退したターサーゲール3に替わり、最新のターサージール3を投入。
このシーズンは、初めて2時間55分を切るなど安定していました。
4戦して、55分切り、56分切り、56分切り、55分切り。

後半の2戦をジール3で走りましたが、着地衝撃は大きな感じがして、マラソン終盤で脚が攣りそうになったり(攣らなかったのですが)と脚に来る感じでした。
ただまだ脚がターサージールを履けるまで出来ていなかっただけかも知れません。
ゲール3の方が脚に優しいですね。
ゲール3、復刻されないかな。

2015年11月 神戸マラソン
アディダス タクミ練ブースト

ブーストシリーズを初使用。シューズのせいでは無くて、暑かったため、大苦戦。
以後、タクミ練ブーは実戦で使った事は有りません。シューズが悪いわけじゃないです。

2016年03月 古河はなももマラソン
ターサージール4

3分間半ほど、PB更新。
ジール3が脚に来る感じがしたので、まだまだ使えましたが、ターサージール4を購入して投入。
結果論かも知れませんが大正解でした。

ターサージール3は、ハーフマラソンのレースやスピード練習で使っていました。
足立フレンドリーのハーフPBは、ジール3で走ったと思います。

2016年11月 神戸マラソン
ターサージール4

げんの良いターサージール4ですが、大苦戦。ぎりぎりのサブ3で走りました。
シューズじゃないですね(笑)。

2017年03月 古河はなももマラソン
ターサージール5

サブ50まであと20秒まで迫ったPB更新のレース。
10kmだけ試走したターサージール5で走りました。
PB更新出来ましたが、親指が血腫でお亡くなりに(笑)。
もう少し試走してから使った方が良いですね。

先日、ターサージール5、安売り中につき、税込み6912円で購入。

最近のレースはやはりターサー。
アディゼロブーストシリーズは、自分にはあまり合っていないかなと思っています。
それについてはまたネタ切れの時に
書く事も有るかも知れません。

シューズだけで良く書けるな(笑)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ランニングポーチを買う

何やかやで今までランニングポーチを何個も買って来ました。
レース用はアシックスの2室式のコンパクトな物をここ数年使っています。

練習では基本、ポーチは要らないのですが、最近ポケモンgoでスマホを持って行くため、緩ジョグなら手持ちのまま、ちゃんと練習するならポーチに仕舞って練習←ちゃんと練習しろよ

スマホを仕舞うのにスパイベルトを使っていましたが、経年でベルトてろてろ、最近、ポケモンgoで痩せてウエストが細くなりゆるゆるになったため、別の製品を冬に1つ購入。

Flipベルトは高いため、類似品です(笑)。
チャック無しで4箇所に収納可能。
幅が広いので冬場は腹帯になると言うか暖かくて良いぐらいです。

以下、アフェリエイトとかじゃ無くてただの紹介。


ATiC ウエストポーチ
四つのポケット 肌身につけ 伸縮可能 超軽量
超薄 ライカ製 ランニング用 旅行用 ウエストバッグ ジョギングポーチ
iPhone 7/iPhone 7 plus/iPhone 6s/iPhone 6 plus/iPhone 6/Samsung S8/S8 Plus/Nexus 6P/Zenfone 3/Sony /Moto/鍵/財布

1300円ほどなので失敗しても良いかと購入。冬場は良く使っていました。

最近、防水機能の無いスマホに替えたのと、幅の広い腹帯のようなポーチだと暑いため、防水、細見のポーチを探しました。
色々見るとウエストが65cm以下に対応しているベルトが少なく、やっと1つ見つけて購入。


ランニング ポーチ
ライカ製 超軽量 超薄 防汗 ウォーキングバッグ ジョギングポーチ ヨガ 自転車 ハイキング 山登り 小物収納 海外旅行防犯 ポーチ iPhone 6s / 7 Plus 【最大5.5インチのスマホまで収納可能】 ブラック S + L / グリーン M / ピンク M あり (ブラック, S,24"~32" )

アマゾンで1500円と高く無いですが、チャック付きの2室でベルトの長さは丈夫なマジックテープで中々、装着感良し。

肝心の防水性能ですが、暑い中を走ると滝汗でポーチ自体も汗まみれになっていたようです(笑)。
傷防止と防水で念のためにビニール袋に入れたスマホは大丈夫でしたが、裸で入れておくと危なかったかも。

ランニング中、中で動いて擦れるため、スマホの防護フィルムが傷付く事も有りますから袋に入れた方が安全です。
ポーチの布地は柔らかいので傷は付きにくいとは思いますけど、冒険する気にはなりません。

2室と言って1室は鍵用、もう1つがスマホなどを入れるメインの収納。

胴体は一つだけど、ポーチは何個も有ると言う、ランナーあるある。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

GARMIN 630Jを購入

まだ届いていませんが、心拍計ベルト付きのGARMIN 630Jをネットで注文しました。
28500円(税込み)と以前の販売価格からすると激安だったため、衝動に負けました(笑)

レビューは後日ですが、購入を検討しているランナーさんへ、安いですよと言うお知らせです。

今使っているGARMIN 610Jも機能面では特に不足も無いのですが、2年以上使って来て、バッテリー保ちが段々と悪くなって来ました。

フルマラソンを必ずサブ3で走らないと途中で切れるかと言うところまで来ていました。
スマホとのBluetooth接続を切ったら持続時間が伸び、サブ4.5かサブ5は大丈夫まで戻りました。←試していませんけど
新しいGARMINは高いので、接続を切って暫くは使うかなと思っていた矢先です。

以前の販売価格は心拍計付きだと45000円はしていたと思いますので、40%ほどオフ。
腕で心拍数を測れるモデルが人気で心拍計ベルト式は人気が無いのでしょうか。
あるいは最新モデルが出るので在庫処分か。

性能的には不足が無いので購入しました。着地の左右差まで要らないですけどね。有ったら有ったで参考にします。
腕で心拍数を計測するモデルも手軽で魅力的なんですが、私の腕は骨皮筋右衛門で、ちゃんと測れないかなと思っています。

アマゾンの方が少しだけ安かったかも知れません。
楽天市場で28500円ほどでしたが、その場クーポンで500円引き、楽天ポイントが13000円有り、全部使い。←家族分も使った←一応、使う前に断った
15000円の出費で済、ポイント1000点も付いてかなり得でした。

あ、本当にお得なのかは、初期不良が出捲りとか、新モデルが超高性能で激安とかかも知れないので判りませんけどね(笑)。
これで心拍計は心臓が1つなのに4個に。

心拍計ベルト無しの時計だけだと24000円を切っていますね。GARMIN 235J が32000円台なので、かなりの叩き売りです。
計測時間は16時間らしいのでウルトラマラソンも使えます。

GPS時計を買う時は毎回思いますけど、歳も歳なので、GPS時計を必要とするガチレースで使うのは今回が最後の購入。
出来るだけ性能の良い物を買おうと現在に至る。
今回は60歳過ぎまで使えるので本当に最後かな(笑)

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

シューズのドロップと着地

シューズのドロップと言うのは前足部と踵部分のクッションの厚みの差の事です。ビギナー向けのシューズは前足部も踵部分も厚いクッションとなっていますが前足部分より踵部分の厚みの方が大きくなっています。ドロップ差が大きいと言う言い方をします。
レース用のシューズはドロップ差が小さくなります。
前足部分より踵部分が厚いと自然と前傾姿勢となるように作られています。
ドロップ差がゼロか極小さい物(数ミリ)は裸足系シューズと呼ばれている物に多いですね。ニューバランスのレース用シューズもドロップ差が小さい物が有ります。

ドロップ差が大きいシューズ。クッション性も高く良いのですが普段使っているレース用シューズより踵部分が分厚いため、フラット着地するには前に脚を振り出す際、踵の厚み差分(本の気持ち)持ち上げてから踏み付けるようにしています。普段通りに振り出すと踵部分が擦れるように路面に当たってしまうからです。
まあ私のフォームが悪いだけじゃないかと思いますけど(笑)。

今、持っているシューズで1番クッションが有るのはアシックスのゲルフェーザーグライド2。フラットソールのシューズで、モデルとしては少し古いです。

記録志向で走り始めたのは2011年4月から。
その頃持っていたのはミズノのウェーブライダー13で、その後、アシックスストアでニューヨーク2160を買いました。
実際にはシューズのバージョンまで記憶していた訳では無く過去記事で確認しました(笑)。

それはともかく、ウェーブライダー13の頃はシューズ自体も重たくその分、クッション性も高かったし、ニューヨークに至ってロンドンブーツか←今や死語?と言うぐらい分厚く手厚いシューズでした。ニューヨークはサイズを測って貰った割には小さくて指が痛いのでろくに履かず終い。

ウェーブライダーはその後、進化を遂げ相当軽量化されました。モデルチェンジが早く当たり外れが有った時代も有りました。
何年前でしょうか。皇居ぼっち練の後だったかと思いますが、motoさんと奥さんのmakiさんと3人でジュエンに行き、まだ走り始めたら頃だったmakiさんにミズノのウェーブライダーの型落ちをお勧めしました。←安売りしていた
その型落ちはウェーブライダーとして当たりで評判が良く、その次の最新モデルは改悪と言われ評判が悪かったんです←確かその次のかも

その後、makiんはどんどん走力を上げられたようでウェーブライダーでは物足りなくなったか、やはり足に合わなかったかで別のシューズに変えられたようです←多分

話がシューズの想い出に逸れまくりましたが、クッション性の高いシューズはビギナーの内はまだしも走り込んで来ると走りにくいと感じます。
これは個人的感想に過ぎず、サブ10の川内優輝選手でさえ、ジョグは分厚いクッション性のシューズで走っているそうです。
走力がありフォームが確立しているランナーにはどんなシューズでも変りが無いのかも知れません。

私のウェーブライダー歴はその後2ヶ月ほどで終り、ウェーブエアロをメインのシューズにしていました。初マラソンもウェーブエアロ10。サブ4向けと言われたシューズでしたが、サブ3.15で走りました。フルマラソン2戦目からはアディゼロジャパンで3戦目のつくばもアディゼロ。
アディゼロが初サブ3シューズ。
その後はターサーシリーズが主戦で今に至る。

シューズの想い出を書いていたら、ミズノのシューズは相性が良かったのでまた買って見ようかな。

追記。
ミズノのランニングシューズページを見たらウェーブライダーは20、エアロは15まで来ていました。重量を見るとライダーはそこそこ重かった。27cmで290g。
エアロは同230g。
ウェーブアミュレットは205g。
ウェーブエンペラー2は190g。
ウェーブエンペラージャパン2は175g。
ウェーブクルーズ11は26cmで160g。
ウェーブクルーズジャパンも160g。
ウェーブエキデンは26cmで150g。

GARMIN620Jの電池保ちが悪くなる

練習とレースで使っているGARMIN620Jの電池保ちが最近、悪くなって来ました。
連続して走っていないのですが、4時間弱ぐらいで無くなるような保ちです。
先日の30km走では行き帰りも入れると2時間半ほどの計測時間でしたが終わった時点で残量20%ほど。←開始時どれくらいだったか忘れました

神戸マラソンはサブ3じゃないと途中で電池切れかも(笑)。

620Jを買ったのは2015年3月でまだ2年経っていません。充電は週1回か2回。
1年52週で使った期間は約91週。
週2回充電しても190回弱なのでもう少し保っても良い気もしますが元々、スペック性能で10時間、実質8時間として半分ぐらい充電を繰り返すと4時間ぐらいには低下しますかね。

もう2週間切ったので今更、GPS時計を新調するのもバタバタしそうで買わない積りです。
620Jはwifiとbluetoothをオンにしています。取り敢えずレース中はオフで少しでも保ち良くします。

だがしかし、いつまでも保ちの悪い時計を使うわけにも行かないので次に何を買おうかな。

使い勝手でまた620Jを買い直す。
上位後継機種630J を買う。
光学心拍計付235J を買う。
ランニングダイナミクス無し230Jを買う。
900シリーズも良いのですがウルトラもトライアスロンもしないからオーバースペックかな。
630J ほランニングダイナミクスで新機能、左右バランスも計測出来、興味は有ります。

値段を見ると
630J心拍計付47000円
630J時計のみ42000円
620J時計のみ28000円
235J時計のみ34000円入荷12月
230J時計のみ28000円入荷12月

2年で使えなくなるかもと思うと安い方が良いかも。光学式心拍計は腕が骨皮で計測出来るか不安なのとキツめにしめるのもちょっとなので230Jと手持ち心拍ベルトでも良いかなと思っています。

青学の一色選手のように時計無しでは走れないです。
プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
訪問者数