シューズのドロップと着地

シューズのドロップと言うのは前足部と踵部分のクッションの厚みの差の事です。ビギナー向けのシューズは前足部も踵部分も厚いクッションとなっていますが前足部分より踵部分の厚みの方が大きくなっています。ドロップ差が大きいと言う言い方をします。
レース用のシューズはドロップ差が小さくなります。
前足部分より踵部分が厚いと自然と前傾姿勢となるように作られています。
ドロップ差がゼロか極小さい物(数ミリ)は裸足系シューズと呼ばれている物に多いですね。ニューバランスのレース用シューズもドロップ差が小さい物が有ります。

ドロップ差が大きいシューズ。クッション性も高く良いのですが普段使っているレース用シューズより踵部分が分厚いため、フラット着地するには前に脚を振り出す際、踵の厚み差分(本の気持ち)持ち上げてから踏み付けるようにしています。普段通りに振り出すと踵部分が擦れるように路面に当たってしまうからです。
まあ私のフォームが悪いだけじゃないかと思いますけど(笑)。

今、持っているシューズで1番クッションが有るのはアシックスのゲルフェーザーグライド2。フラットソールのシューズで、モデルとしては少し古いです。

記録志向で走り始めたのは2011年4月から。
その頃持っていたのはミズノのウェーブライダー13で、その後、アシックスストアでニューヨーク2160を買いました。
実際にはシューズのバージョンまで記憶していた訳では無く過去記事で確認しました(笑)。

それはともかく、ウェーブライダー13の頃はシューズ自体も重たくその分、クッション性も高かったし、ニューヨークに至ってロンドンブーツか←今や死語?と言うぐらい分厚く手厚いシューズでした。ニューヨークはサイズを測って貰った割には小さくて指が痛いのでろくに履かず終い。

ウェーブライダーはその後、進化を遂げ相当軽量化されました。モデルチェンジが早く当たり外れが有った時代も有りました。
何年前でしょうか。皇居ぼっち練の後だったかと思いますが、motoさんと奥さんのmakiさんと3人でジュエンに行き、まだ走り始めたら頃だったmakiさんにミズノのウェーブライダーの型落ちをお勧めしました。←安売りしていた
その型落ちはウェーブライダーとして当たりで評判が良く、その次の最新モデルは改悪と言われ評判が悪かったんです←確かその次のかも

その後、makiんはどんどん走力を上げられたようでウェーブライダーでは物足りなくなったか、やはり足に合わなかったかで別のシューズに変えられたようです←多分

話がシューズの想い出に逸れまくりましたが、クッション性の高いシューズはビギナーの内はまだしも走り込んで来ると走りにくいと感じます。
これは個人的感想に過ぎず、サブ10の川内優輝選手でさえ、ジョグは分厚いクッション性のシューズで走っているそうです。
走力がありフォームが確立しているランナーにはどんなシューズでも変りが無いのかも知れません。

私のウェーブライダー歴はその後2ヶ月ほどで終り、ウェーブエアロをメインのシューズにしていました。初マラソンもウェーブエアロ10。サブ4向けと言われたシューズでしたが、サブ3.15で走りました。フルマラソン2戦目からはアディゼロジャパンで3戦目のつくばもアディゼロ。
アディゼロが初サブ3シューズ。
その後はターサーシリーズが主戦で今に至る。

シューズの想い出を書いていたら、ミズノのシューズは相性が良かったのでまた買って見ようかな。

追記。
ミズノのランニングシューズページを見たらウェーブライダーは20、エアロは15まで来ていました。重量を見るとライダーはそこそこ重かった。27cmで290g。
エアロは同230g。
ウェーブアミュレットは205g。
ウェーブエンペラー2は190g。
ウェーブエンペラージャパン2は175g。
ウェーブクルーズ11は26cmで160g。
ウェーブクルーズジャパンも160g。
ウェーブエキデンは26cmで150g。
スポンサーサイト

GARMIN620Jの電池保ちが悪くなる

練習とレースで使っているGARMIN620Jの電池保ちが最近、悪くなって来ました。
連続して走っていないのですが、4時間弱ぐらいで無くなるような保ちです。
先日の30km走では行き帰りも入れると2時間半ほどの計測時間でしたが終わった時点で残量20%ほど。←開始時どれくらいだったか忘れました

神戸マラソンはサブ3じゃないと途中で電池切れかも(笑)。

620Jを買ったのは2015年3月でまだ2年経っていません。充電は週1回か2回。
1年52週で使った期間は約91週。
週2回充電しても190回弱なのでもう少し保っても良い気もしますが元々、スペック性能で10時間、実質8時間として半分ぐらい充電を繰り返すと4時間ぐらいには低下しますかね。

もう2週間切ったので今更、GPS時計を新調するのもバタバタしそうで買わない積りです。
620Jはwifiとbluetoothをオンにしています。取り敢えずレース中はオフで少しでも保ち良くします。

だがしかし、いつまでも保ちの悪い時計を使うわけにも行かないので次に何を買おうかな。

使い勝手でまた620Jを買い直す。
上位後継機種630J を買う。
光学心拍計付235J を買う。
ランニングダイナミクス無し230Jを買う。
900シリーズも良いのですがウルトラもトライアスロンもしないからオーバースペックかな。
630J ほランニングダイナミクスで新機能、左右バランスも計測出来、興味は有ります。

値段を見ると
630J心拍計付47000円
630J時計のみ42000円
620J時計のみ28000円
235J時計のみ34000円入荷12月
230J時計のみ28000円入荷12月

2年で使えなくなるかもと思うと安い方が良いかも。光学式心拍計は腕が骨皮で計測出来るか不安なのとキツめにしめるのもちょっとなので230Jと手持ち心拍ベルトでも良いかなと思っています。

青学の一色選手のように時計無しでは走れないです。

水陸両用シューズ

ポケモンgoの記事を日経トレンディで見ていたら、他の記事で水陸両用シューズと言うタイトルがありました。

日経トレンディの記事

水が入っても直ぐに排出されるようになっているそうで、サロモンのクロスフィビィアンは軽量でグリップ力も高いとの事。

ロードレースではどれだけ有用か分かりませんけど、ぬかるみのあるようなトレランなどだと良いかも。ジャブンと水に突っ込むようなシーンで活躍しそうですね。

リンクに街履きシューズも紹介されていて、こちらは結構、格好良いです。
シューズは履きつぶさないと買えないので買いませんけどね。

街履きシューズ

見ていると欲しくなります。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村楽しいブログが一杯

脚攣りの決定版か

スポーツ新聞を読んでいて、ヒット商品を紹介する記事が有りました。
アスリートネット湘南が開発、販売している「マグネシウムスポーツローション」と言うもので、効くと評判となっているとの事。

ブログ村の記事で見た事が無かったのでご存知かも知れないですが、紹介しておきます。
制作に当たり、実際に足を200回以上も攣らせて試したそうです。偉い!

攣る原因はいくつか有るとも真の原因は判っていないとも言われていますが、発汗によるミネラル分の欠乏は大きな一つでしょうね。

値段はそれなりにお高いですが、フルマラソンで攣りに悩むランナーさんなら、安い物かも知れませんね。

アロマのローションらしいので、走る前に塗っておいて、小瓶に1回分ぐらいを入れて持って走れば、攣っても安心かも。

商品名 : マグネシウムスポーツローション
価格  : 3,780円(税込)
原材料 : 塩化マグネシウム、水、エタノール、水添ヒマシ油、 レモングラス葉油、ローズマリー油、セイヨウハッカ油、ラベンダー油、マヨラナ花油、アルギニン
内容量 : 100cc
販売場所: 当社代理店及びネットショップ
URL   : http://p-d.shop-pro.jp/?pid=96323097

商品リンク

また、しばらく、ブログ更新はサボります(笑)。
良い週末をお過ごし下さい。

Team50T届く

申し込み最終日の6月17日に駆込みで申し込んでいたチーム50Tが本日到着。

サイズはレディースのM。
メンズSSとほぼ同サイズと思われ、メンズSSでもまだ少し大きいので多分着れるかなと注文。

レディースなので、肩がきついかも知れませんけどね。
着れないようなら一度だけ無理に着てから、かみさんにプレゼントしても良いし着れてもプレゼントでも良いかなと思っています。

写真無し←御免

テーマ : ランニング
ジャンル : スポーツ

プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新記事
最新コメント
訪問者数