たのくる、座禅会に行く

今朝は、休暇の予定通りに1時間ほどのジョグ。
踵がいつもより痛みが強い気がして、閾値走などのポイント練習の日にしなくて良かったです。

公園内はEペース走でも良かったのですが、陸上競技会と卓球の試合が有るようで混んでいたため、緩ジョグを継続。
合計11kmほど、ジョグしました。

午後からは、初の座禅。
実は今回のリフレッシュ休暇に当り、永平寺で座禅をしようと思っていました。
2ヶ月前に永平寺へ電話すると予定が有るかも知れないので調べて折返し電話をくれると言う事になリました。

電話を入れたのが早過ぎたのか、そのまま連絡は来ず、こちらもまた電話するのもと言う事でそのままになっていました。

永平寺は遠いので埼玉県で座禅出来るところはないかと探して、大宮駅からほど近いお寺で毎週土曜日に無料の座禅会を行っている事を知り出掛けた次第です。

おおみや 東光寺

案内を見ると座禅会は15時から1時間。
予約不要で、初回の人は説明があるため、14時半には来て下さいとの事。

大宮駅から徒歩6分ほどで、繁華な街中に大きなお寺が有りました。
受付で名前を書いて控室へ。
かなりの人が座禅会へ参加していました。
初めてなのが私だけだとどうしましょと思っていたら、初参加の人も多くて安心でした。
お年寄りだけかと思ったら、若い人も居て土曜日の午後だから来やすいのでしょうね。

座禅の基本を丁寧に教えて貰ってから、座禅開始。
開始と共に部屋の照明が落とされ、時々、人が咳をするとか、お腹の音(おならじゃ無くて)とか、唾液を飲む音とか、人間の音以外は静かな時。

お坊さんが警策で肩を打って周って下さいました。
肩を打つ音が想像以上に大きくて、ちょっとビビる(笑)。

警策を軽く肩に当ててから、合掌しお辞儀して首を曲げる。その後に打つ。
と聞いていましたが、軽く当たったらすぐに打たれました。
耳に当たらなければ良いみたいです。

連続して座禅していたのは、30分間。
脚も痺れるので、歩き座禅、要はゆっくりと歩くで一周してからまた、座禅。
今度は、座禅の仕方や心構えのお経を皆で唱え、歌を歌って(仏教)、修行僧の講話を聞いてお開きでした。

特に押し付けがましいところも無く、座禅も無理しなくても良いですよと優しい座禅会でした。

座禅中は頭に浮かぶ事をあれこれ考えてはいけないそうで、それはマラソンも同じだなと思いました。
ちょっと日常とは違う一時が過ごせて良かったです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

リフレッシュ休暇中の練習

1番故障リスクの高い通勤を2週間しないで良いため、リフレッシュ休暇中に足首周りの回復を目指す事にしました。

練習メニューは単純。
週1回のジムトレでの閾値走。
2日に1回の1時間程度のジョグ。
うん、凄くシンプルだ(笑)。

一応、基本メニューなので事情により変えると思います。

ブログは休むかどうか決めていませんが、更新が止まっていたら、ブログもリフレッシュ休暇だと考えて下さい。
休暇開けで、ブログ内容は、リフレッシュされませんけどね(笑)。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


休養と言えば休暇が近づいて来ました

故障によるランニングの休養をどうするかなと考えていましたが、それよりもリフレッシュ休養が来週からと近づいていました(笑)

10年勤務毎に10日間の有給休暇が与えられる制度で、今回は30年勤務のリフレッシュ休暇。
もっとも取得権利が発生したのは、3年前で今年度が取得最終年度です。

フルマラソンのシーズン中とかに、どかっと取ろうかとも思ったのですが仕事の時期としては忙しいので取れず。
期初の仕事が一段落した今の時期に仕方無く取得する事に。
しかも、もうすぐ梅雨入りじゃないですか。

お金が有ればハワイとか南の島や外国へ行ってのんびりなんて素敵なのですが、KGNなので国内旅行も予定して居らず、下手すると寝正月ならぬ、寝リフレッシュに。
2週間ダラダラと寝て過ごしたら、それなりにリフレッシュになる気もしますけどね。
働く気が無くなるかもね。

色々と忙しいかったので、リフレッシュ休暇をどう過ごすのかとか考えていませんでした。
少し考えていたプランも有ったのですが何れも没に。
来週から丸2週間、どう過ごすかな。

この際、ブログも少し休もうかな。
更新が止まってもリフレッシュ中だと思って下さい。
おっさん一人旅とか、走り捲くるとかは多分、やれないです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

速く走るために進化したサラブレッド

木曜日の毎日新聞朝刊になぜサラブレッドは速く走れるのかと言う科学的な記事が載っていました。

マラソン選手との比較も有り、最大酸素摂取能では、一般人40ml/分、(トップ)マラソン選手80ml/分、鍛えたサラブレッド190ml/分との事。
サラブレッドも鍛えないとそこまで行かないのでしょうか?
そうでしょうね。
サラブレッドは凄いけど、トップマラソン選手も一般人の2倍と凄いです。

特筆すべきは脚の長さでストライドは平均のダービー馬で6.8m、名前は忘れましたがあるレースで優勝した馬は7.6mで走ったそうです(笑)。

サラブレッドは脚が進化しており、人間の脛に見える所は中指との事。その他の指は退化し、中指が長く指先でつま先立ちして走っている状態。蹄は中指の爪。

馬の脚の膝に見える所は、踵だそうで、そこから先は第3中足骨(中指の骨)。
脚の付け根に筋肉が集中して広い歩幅で回転良く走れる。

ピッチ数は2.2回/秒辺りとの事なので140から150とこれはランナーの方が多そう。

また心臓が大きく重さは4kgから5kgで体重の1%。
一般馬は0.6%との事。人は0.4%。
普段の心拍数は30~40回だが、疾走時は220~240と約7倍。
また脾臓に蓄えた赤血球を放出して血中数の赤血球濃度は1.5倍以上になるとの事。

サラブレッド、凄過ぎ。
脚の短い私もつま先立ちで走れば足の長さ分、長くなってストライドが伸びるかも知れませんね。←ムリムリ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

今年のマラソンランキングはどうだったか

ランナーズが発表している全日本マラソンランキング。
記録志向のランナーだと気になりますよね。
私も毎年買っています。既に13回との事ですが買い始めたのは、2012年度版から。

それで今年のランキングはどうだったか?

昨年度より1つ順位を下げて57歳の部で6位でした。
自分自身の記録向上を目指しているため、順位自体はあまり興味が無いので昨年度は記事にしなかったのですけどね。

全日本マラソンランキングは年齢別ですから、毎年同じ人たちとランキングしているわけで、走ったレースの時期とランナーの誕生日でランクインの年齢が1つ下になったり上になったりします。

順位は気にならないものの(少しはあるけど)、近い走力か走力が高いランナーさんの記録推移は気になります。

もっとも、どの年齢でも同じだと思いますが、故障や怪我、病気、家庭、仕事の事情などによる走力低下と結果としてその年度のレース記録が不本意に終わる事は起こり得えるわけです。

昨年度に登場していなかった方も故障が治って本来の走力に戻り復帰したと言う事も有りますね。逆に大きな故障じゃないけど故障で本来の記録が出なかったり、出たレースの天候が荒れていて厳しかったり。
レースの当たり外れも大きいと思います。

2年間の推移を見ても、そう言った事情は判りませんので参考程度ですが拾って見ました。

左から、2016年度順位、2016年度タイム、2015年度タイム、(2015年度順位)、年度間タイム差(2016-2015)

01 2:37:32 2:33:49(55-01) +3'43
02 2:48:37 見つけられず
03 2:48:42 2:49:00(04) -0'18
04 2:49:15 2:48:56(03) +0'19
05 2:49:48 2:42:55(02) +6'53
06 2:50:16 2:51:36(05) -1:20 ←たのくる
07 2:53:08 3:15:41(57-81) -22'33
08 2:53:33 2:57:56(20) -4'23
09 2:53:56 2:53:29(08) +0'27
10 2:54:51 3:01:54(35) -7'03
11 2:55:21 2:52:03(06) +3'18
12 2:55:25 2:54:28(09) +0'57
13 2:56:03 2:42:29(01) +13'32

記録されたレースも嵐のような大会や真夏の北海道マラソンなど様々、一概には言えません。
1位の方も今年度は厳しかった板橋。昨年はかすみがうらの記録が適用され55歳の部で1位とどこでも1位で走力が突出していますね。
ランナーズの記事でも登場された有名な市民ランナーさん。

KJさんも書いておられましたが、私と同学年でサブ3は29名。昨年も人が入替りながらも29名。
ライバルと言うより出来るだけ長くサブ3を続ける同級生ランナーが大勢いた方がまだ頑張ろうと言う気になって良いと思っています。
今日はコメント閉じます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

追記。
加齢による身体的な衰えは確かにあるでしょう。
ランニングフォーミュラ3版にも1600m走のパーフォーマンスで40歳以降、毎年平均0.85VDOTづつ低下している対比表が載っています。
ただフルマラソンの場合、1600m走と違いレース展開などで、加齢による身体的な能力低下をカバー出来る要素もあると思います。
また走力も50代の後半のある時点から急に衰える事は無いと思います。
年齢を重ねて行くと、回復力も衰えて来て今まで出来ていた強度のトレーニングが出来なくなって走力を維持出来なくなる事は起こり得るかなと思います。
その場合も急に衰えたりはしないと思います。
急に低下するのは、やはり故障や怪我がきっかけかなと思います。歳を取ると故障や怪我からの回復も若い頃より遅いので低下する期間も長くなる。もう良いかなと気力的な精神的な低下も起こり得る。

加齢による衰えを受け入れつつ、適切なトレーニングを継続する事で歳を取っても記録志向のランナーで有り続ける事は出来るかなと思います。
記録向上だけがランニングの楽しみでは無いですけどね。

追記の追記。
おやじランナーさんの記事
私のと違って手抜き無し。
50代のランナー分布がまとめられています。サブ3人数、確かに2歳毎に変化が見られますね。感心しました。
同じ年齢でも何年か前の53歳なら53歳では、もう少しサブ3の人数が少なかった気がします。
年々、走力は上がっているように思います。
プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
訪問者数