FC2ブログ

大坂マラソンの道路

昨年、大坂マラソンを走っての印象。
道路が荒い←個人の感想です

大都会の幹線道路で交通量も多く、補修する時間も中々取れないでしょうから仕方無いかなと思いました。

私の足が軟で鍛え方が足りないのが主なところですが、走っていて序盤で足裏痛えなと思いました←痛い時は関西弁が出ない(笑)

いつもの練習ではトレッドミルか上尾運動公園陸上競技場の外周コース。
多少へたっていてもウレタン塗装のコースで脚に優しい。
これだと鍛えられないかも知れませんけど、序盤で足裏痛いと思ったのは初めて。

足裏の痛いのは気のせいだと思い込む事にしましたが痛いものは痛い。
こんなのでキロ4を維持出来るのか?

仕方無いので車線を分けている白線上を遠回りになら無い限り走るようにしました。

白線上は流石に車がビュンビュン通る事は無い←有ったら危ない(笑)

滑らかに塗装されているので道路よりは足裏に優しい←と思う

それで何とか保たせました。
今だと足裏がボロボロなので白線上でも保つ気がしませんけどね。
治して臨まないとやばいな(笑)

話題の厚底シューズで走れば良いかも知れませんね。
練習用とレース用で2足、5万円の投資か←無理
レース用は道路が荒れていたら1レースか2レースで終わり?
大坂マラソンと東京マラソンを走って終りかな。
ターサーで走るしか無いね。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

後半のレースに賭ける訳には行かない

月曜日は台風一過で首都圏の鉄道は大混乱。
結局、高崎線もまともに動いていなかったので昨日は急遽、自宅でテレワーク。
今日は正常に戻ったかと思ったら、いつも乗る15両の電車は、今日だけ特別に10両。

混み具合が1.5倍。メタボのおっさんに押されて痛めている左足首に重量が掛り更に痛める←台風め
まあ仕方無いですが、満員電車でもよろけないだけの筋力は鍛えようよ。

さて、
今シーズンのフルマラソンレースは、11月の大坂マラソン、3月の東京マラソンを走る予定で入金も済んでいます。

今まで7シーズン、フルマラソンを走って来ましたが、シーズン中に自己ベストを2度以上更新した事は無くて、シーズンのどこかで自己ベストが出ると他のレースはそのタイムには及びませんでした。

辛うじてグロスタイムが同タイム。ネットタイムはやや遅かったのが1回。
厳密には4月だったので別シーズンでした。

ああ、そう言う意味では、初フル、2回目、3回目は流石に伸び盛りで毎回自己ベストでしたね。←遠い目

それ以降は、伸びが止まり自己ベストが出せてもシーズンで1回限り。
最近は1シーズン、2レースがエントリーパターンになっていてどちらかで自己ベストを更新出来るかどうか。

シーズン初戦で出る時も有るし、後半のレースで出る時も有りました。

お茶を濁して過去3年と書き始めましたがついでなので、初シーズンは除いた2年目から。
初マラソンはどんなタイムでも自己ベストですからね。

シーズンベスト=○、4月は除く

2011年度 勝田PB←初フルマラソン
2012年度 つくばPB 勝田☓ 板橋DNS
2013年度 大田原○ 別大☓ ←故障明け
2014年度 つくばPB 京都☓ 板橋☓
2015年度 神戸☓ 古河PB
2016年度 神戸☓ 古河PB
2017年度 大坂PB 古河☓

6シーズンで初戦にPBかシーズンベストが4回、後半にPBが2回。
 
初戦で失敗したシーズンは後半に賭けるしか無いのですけど、1月、2月でどれだけ30km走を目標ペースで走れたか。
それで決まっていました。

昨年度は大坂マラソン前に上尾運動公園の30km走 自己ベスト、2時間切りを達成し大坂マラソンに臨んでPB。

更に更新を狙って古河に向けた練習を行うも通勤で足首故障←弱っ(笑)

シーズンの初戦でPBやシーズンベストを決める方が多い4対2(つまり、2対1)

そう言う比率も有るのですが、歳が歳なので後半レースになればなるほど、歳を取ります。←当たり前と言うか皆さんも同じだけど

今度初めて走る東京マラソンは、60歳の1ヶ月前。
仕上がりが遅くて早くてもシーズン初めのレースの方が少し若いわけです←誤差の範囲(笑)

と言う訳で後半レースに勝負を賭ける訳には行かないのですけど、初戦で失敗すると勝負を賭けますけどね。←結局、全部頑張れと言う事(笑)

皆さんはシーズンのどのレースでPBが出る事が多いでしょうか。

福岡国際や別大にピークを持って来てPB更新が多いでしょうか。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

東京マラソン当選通知メール到着時刻

東京マラソンへは何度か応募していて、今回初めて当選したわけなんですが、当選通知に関して都市伝説(噂)が有りますよね←えぇ、無い。知らん

落選メールは早い内に来て、遅く来れば来るほど当選通知とか、そんな噂、無いですか。

今回、何時にメールが来たかを見ると、1:00PM 。
何か1時ジャストが如何にも当選通知っぽいですよね←そんな訳無いか(笑)
当選者にはお昼休みが終わって1時に一斉に送付とか。
人を介してメールを送付している訳では無いでしょうから、送付時間を設定して自動送付でしょうね。

もっとも当選メールと落選メールを分ける必要も無いので、メール通知の時刻は関係無いですかね。

過去の落選メールは嫌な記憶は早々に抹消と言う事で消してしまって確認出来ません(笑)。
記憶では早々に来ていた気がするのですが、当落について到着時刻は関係無いでしょうか。

来年、落選したら記録しておくことにします。

ところで話が変わりますが、ブログエントリー(記事)をアップロードしても、最近何故か直ぐにブログ村の新着記事に反映されません。

特に何か設定を変えた訳では無いの、理由が分かっていません。
記事がアップされていないと思われるかも知れませんので、お知らせです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

今1番気になっている事

釣るようなタイトルで済みません。
今1番気になっているのは、明日の午前中の天気。
何だよなんですが、今週末は30km走の日なので、明日が雨なのか気になるのが正直なところです。←他に心配事は無いのかい

心配ネタはもちろん有ります。
取り敢えず、明日を生きる者としては明日の天気が気になります←小さい(笑)

明日は最初から、ふて寝して日曜日に30km走を持ち越し、月曜日にガッツリ休む←ガッツリ休むの休み方は知りませんけど

そのパターンも有りなんですけど、日曜日に走ると水曜日ジムトレがきつい。

この辺りの疲労の抜け方が歳寄りは綱渡りなんです←個人の感想です

今週末は土日とも少し暑くなると言う天気予報でしたが、早朝はそれほどでも無くて、上尾市は20℃行くか行かないかで問題無し←本当か

問題無しは撃沈した時に言い訳出来ないから、撤回しておきます(笑)。

悩ましいですが、一応明日も早起きはしてみようかな。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

驚異の87歳

2日間緩ジョグで走ったら、太腿前面が筋肉痛になりました←腰が落ちていたか
気付かない間に足首を庇い膝を曲げて着地していたかも知れません。
痛みが有る時は走るもんじゃ無いですね。

昨日は敬老の日でニュースステーションを見ていたら、青森県に在住の世界マスターズ陸上に出られている87歳のランナーさんが特集されていました。

短距離走の選手ですが、85歳から89歳のマスターズの記録が凄い。
100mなんか16秒ですから、私の土の上での流しより速い←お前が遅いだけだ←それだけでも無いでしょ
100mも凄いけど、200mや400mにも出場されています。
87歳で400mなんて普通は走れません。

87歳で今の土の上での流しのスピードでは走るなんて想像も出来ません。
私もいつの間にか、あと半年もすると60歳になります。
今から28年先にゆっくりでも良いから100mを走れるのか?

かなりお元気なお年寄りでも85歳を超えたら走ったりは出来ませんよね。
いや~、凄い方が居られますね。

陸上競技の経験は無く、60歳になって独学で創意工夫しながら今に至るとの事。

感心したのは、インタビューしていた松岡修造さんが世界記録を持っているのだから、プロの指導者にコーチして貰ったらどうですか?と尋ねた答えがそこまでは望んでいないし、自分自身であれこれ工夫するのが楽しいのだそうです。

また早く歳を取って90歳以上のマスターズ枠で新記録を打ち立てたいそうです。
歳を取るのが楽しみと言うのも凄いな。

日々の練習で身体に違和感を覚えたらその日の練習は控えめにするなど体調の管理も確りされていて見習わなければと思いました。

私もこの歳でフルマラソンを走る事が出来ますけど、20年後にまだ走っている姿は想像出来ません。

もっとも20年前にフルマラソンを走っている事も想像していませんでした(笑)。
何事もチャレンジかな。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。50代後半、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
訪問者数