FC2ブログ

先輩のスパイクシューズ

今日は土曜日なのに、ふくらはぎ肉離れで走れず。

昔ばなしシリーズ。
中学生の時は陸上部長距離で今の心肺機能とか毛細血管とかの下地はこの頃に出来たのかも知れません。

もっとも高校生の時は帰宅部だったし、社会人になってからは49歳から隔週のジョギング(2km笑)を始めるまではろくに運動していなかったから、元の木阿弥だったのでしょうけどね。

そんな中学生1年の秋。
部活の先輩からスパイクシューズを貰いました。
2年上の先輩で部活を引退するからもう使わないからと。

女の先輩で今から思うとと言うか、当時もかなり綺麗な人で、すらりと手脚の長い、短距離の選手でした。
走り高跳びもやっていました。

先輩は学校でも人気が有ると聞いたことがあります。
美人の先輩と言って、中学生1年生からすると2年年上はかなりお姉さんで恋愛感情は無かったと思います。

その割に良く覚えているのは関心は有ったのかも知れません←綺麗な人に惹かれるのは今も昔も変わらない(笑)

何でそんな美人の先輩が当時のたのくる少年(と名乗っては居ないけど)にスパイクシューズをくれたかと言うと、サイズが合いそうな後輩は、多分、たのくる少年しか居なかったためと思われます(笑)

先輩は高跳び選手でほっそりしていて華奢な感じだったから、足のサイズも小さかったみたいです。

おっさんになった私も裸足のサイズは未だに23.0cmで当時も同じかそれよりも小さかったはずです。

貰ったのは、おそらくアシックス、当時はまだオニツカタイガー←知ってますか?
のスパイクシューズ。
臙脂色で男女どちらが履いてもおかしく無いシューズでまだ傷みも出ていない状態の良い物でした。

私に取っては最初で最後のランニング用スパイクシューズ。
格好良かったので喜んで履きました。
レースでしか使いませんでした。
結局、自分が3年生で引退するまで履きました。←足のサイズが変わらなかった(笑)

先輩は短距離選手だったのでスパイク針は10mm以上の短距離用。
私は長距離だったので、6mm程度の短いスパイクに差し替えて使いました。

先輩が長距離用の針も付けてくれたか、自分で後から買ったかは覚えていません。

当時の陸上競技場のトラックは、今のような全天候型タータントラックでは無くて、赤土を踏み固めたもの。
それでもスパイクシューズを履いて走ると良くグリップが効きました。

中学生は長距離と言ってもトラック競技は3000mまでですけどね。

先輩の名前も覚えていますけど、どう過ごされているかな。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



板橋シティマラソンも中止に

今日、板橋シティマラソンの中止も発表になりました。

板橋シティマラソン公式サイト

参加料の返還も検討中とのこと。
規約なら返さなくても良いはずだと思います。
東京マラソンが中止になった時に参加料を返さないのかと言う意見が出て、板橋シティマラソンはその影響で検討中なのかも知れません。

止む終えない理由なので参加料は諦めていますけど、返ってくるならそれは嬉しいですけどね。

板橋シティマラソンの中止で、2019年度にエントリーしていた大会はすべて終了。
結局、つくばマラソンと故障明けの赤羽ハーフマラソンの2レースだけとなりました。

まともに走れたのは、つくばマラソンだけでした←転けて紐が解けたけど(笑)

今シーズンは、つくばマラソンでサブ50を達成できなかったため、今度発売されるナイキのアルファフライの購入資格を満たさず(18年2月27日から20年2月27日までの記録で男子は2時間50分以内)

まだネクストを1回履いただけなので買いませんけどね。
来シーズンのサブ50達成が目標になりました(笑)

特別先行販売なので今年の秋に達成してもその頃は誰でも買えるようになっている気がしますけどね。

シーズンは変わりますが4月5日の行田鉄剣マラソンにもエントリーしています。
公式サイトによると3月上旬にどうするか公表するとのこと。

今の情勢だとまだ3月上旬なら落ち着いておらず、中止になる方向なのかも。

ボストンマラソンはアメリカの判断になりどうなるでしょうか。
KJさんやB-MoMoさん、NB-TAKESHIさんがエントリーしているので、開催される方向になれば良いなと思います。

日本では現在、感染者が散発的に見つかっています。
感染経路が不明な方が増えて来たので、警戒と自粛は必要なんでしょうね。

北海道では小学生と10代の少年も感染者となり、イベントなどでわりと感染りやすいようにも思えます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
関連記事

またやってしまった肉離れ

昨年12月に肉離れしたばかりでしたが、またやってしまいました。
今度は左足のふくらはぎ←前回は右足

トレッドミルをいつものように走っていただけなので、土曜日に走った30km走の疲労でしょうね。←それほど疲労感は無かった

レースが中止になっても真面目に練習を続けるつもりでしたが、どこかで気が抜けていたのか?

12月に経験したように中途半端に治ったと思って練習を再開すると再び痛めてしまい、故障のスパイラルに落ちいるので今回は再開を慎重に(笑)

今日は都合良くたまたまテレワークにしていたので通勤せずに軽い散歩のみでした。←ふくらはぎの肉離れにも良かった

今、ニュースで名古屋ウィメンズマラソンも一般参加は中止の放送がされていました。 
名古屋ウィメンズマラソンと同じ日の静岡マラソンも中止。

板橋シティマラソンと同じ日の古河はなももマラソンも中止。
板橋シティマラソンはまだ検討中のようですがやはり同じかな。

中止は仕方無いですね。
大会の開催は運営の方とボランティアの協力なしに成り立ちません。

運営側も新型コロナウイルスの感染リスクがある中、ランナーもしかりですが、ボランティアの方をリスクに晒すわけには行かないでしょうから。

オリンピックも控えているのでできるだけ早い終息に持っていかないと行けませんね。

しかし弱すぎて故障し過ぎ(笑)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
関連記事

まさかのふくらはぎ痛

何となく今シーズンのレースは中止になりそうで、私の今シーズンは終わってしまった感もあるのですが、練習だけは真面目にやっておこうといつものジムトレ。

ジムトレの閾値走を再開して6回目。
今週も、ペースを03:35/kmとしました。

閾値走、ダニエルズさん曰く「終わるのが待ち遠しい練習」←ちょっと違うか
そんな楽苦しい練習を続けて4kmほど経過(時間で15分過ぎ)、左ふくらはぎに張り。
少し続けると痛みが増して来たので、このままでは肉離れになると停止。

まさかのふくらはぎ痛が発生。
給水後、少しだけ歩いて上がりました。
ふかやハーフマラソンが開催されていても走れ無かったかも。

12月に痛めた時は整骨院で湿布よりアイシングが必要だと指導を受けたので、寒いけど自宅に戻ったらアイシングします←寒そう(笑)

当面、走ら無い方が良さそうなので緩ジョグも早くて1週間後か←前回の経験を活かそう(笑)

練習前にジムの体組成計で計測。
体重は45.0kg。
自宅の体組成計では44kg台前半を記録していたので少し減って来たかと思っていました。
こちらも減って居らずがっかり。

2020年02月19日(水)
ドゥスポーツプラザ、17:05
2.0km 12:00(06:00/km) 109 113
4.3km 15:25(03:35/km) 153 158 
日6.3km 月196km

ランニングダイナミクス
4.2km:03:35/km 144kcal
平均心拍数 153 HRmax 88.4%
最高心拍数 158 HRmax 91.3%
平均ピッチ 196
最高ピッチ
平均上下動 7.8cm
平均上下動比 %
平均接地時間 182ms
平均ストライド m
平均接地時間バランス 50.4%左 49.6%右
トレーニング効果 2.8

きつい残り1.5kmで中断なので心拍数も低めでした。

体組成計 右は前回比(02/12 )
体重 45.0kg -0.1kg
体脂肪率 12.9% -1.3%
体脂肪量 5.8kg -0.6kg
除く脂肪量 39.2kg +0.5kg
筋肉量 37.1kg
体水分量 27.4kg

右足 体脂肪 8.6%
脂肪 0.7kg
除脂肪 7.6kg
筋肉量 7.2kg

左足 体脂肪 10.1%
脂肪 0.8kg
除脂肪 7.3kg
筋肉量 6.9kg

体脂肪 16.0%
脂肪  3.9kg
除脂肪 20.5kg
筋肉量 19.4kg

体脂肪が減ったことになっていますが毎回変動するので参考程度。
ただ家の体組成計での計測や腹周りから少し絞れて来た感じはありますけどね。
ジムの体組成計には反映されていないです←ジムの体組成計の方が高級品

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
関連記事

普段どおりに生活できる有難さ

タイトル、何のことだなんですが←いつもか
記事としては、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため東京マラソンの一般参加が中止なったことを書くのですけど。

タイトルにも書くと当ブログを見るつもりも無かった方が誘導されたら申し訳ないのでありきたりのタイトルにしておきました。←えぇ誰も来ない(笑)

新型コロナウイルスの影響が色々なところに出ていて不安が広がっています。
改めて平和の有難さと普段どおりに生活できる有難さを感じます。

新型コロナウイルスは終息する気配も無く、東京マラソンはランナー以外にも多数のボランティア、沿道の応援者が多く、感染拡大を防ぐには中止は止む終えないかと思います。

今年は台風の影響で足立フレンドリーマラソンも中止になりました。
天候や何らかの安全に大会を開けない状態だと大会運営側が判断すれば中止とできる。
エントリー費も返らないのは規約のとおりでしょう。

東京マラソンは1人当たり6万円の経費が掛かっていると聞いたことがあります。
1万6千円のエントリー費を返さなくても準備費だけで赤字でしょうね。

前日受付や当日の警備などは要らなくなるでしょうけど、フィニッシャータオルやメダルは作成済みでしょう。
これらは今回の参加予定者に郵送されるかも知れませんね。

タオルは良質なので難民キャンプなどに寄付しても良いかも知れません。

東京マラソンでは来年の出走権が付与されるそうですが、難関を突破して今年当選した人には良いでしょうね。

来年新たに出場したいランナーにはさらに高倍率になるのでしょうけど。←枠あるのかな
準エリートはどうなるのか、今年の出場予定者に出走権なら、来年は準エリート選考レースは無いのか。

準エリート選考には箸にも棒にも掛からないので私には関係ありませんけどね。

それよりも今シーズンの他の大会はどうなるのか。
東京マラソンほど人は集まらないとしても、都市型マラソンもまだありますからね。
名古屋ウィメンズマラソンとか静岡マラソンとか。
板橋シティマラソンもどうなるか。

今週末、深谷ハーフマラソンにエントリーしているのですが、大会が中止になっても仕方無いかなと思っています。
大会ホームページを時々見ないと。

と思って書き終えて見たら中止でした。
ふかやハーフが中止になるなら軒並み中止かも


皆さんも新型コロナウイルスには気を付けて下さい。
平凡な日常生活って良いですね←代わり映えしないけど

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

たのくる

Author:たのくる
埼玉県在住の市民ランナー。60歳、男性。
Author名の由来:ランニングで楽苦しいのが好き?
2012年11月、つくばで初サブ3を達成。

ブログ村リンク
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
訪問者数